マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

間取り変更で耐震性が変わる?リフォームをする時気をつけるべき事とは?

間取り変更で耐震性が変わる?リフォームをする時気をつけるべき事とは?

今住んでいる住宅が古くなってきたり、中古マンションの購入を検討したりしているのなら、住宅リフォームについて考えることもあるのではないでしょうか。

住宅リフォームでは、壁紙や水回りなどの交換をするだけでなく、間取りの変更を行うことも可能です。今回は、住宅リフォームで間取り変更をする場合、つい見落としてしまいがちなポイントについて紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

目次

  • 中古住宅に不可欠なリフォーム
  • 住宅リフォーム業者には構造の専門家がいないことが多い
  • 住宅リフォームで間取り変更をする場合には、耐震性もチェック
  • マンションにおいて、構造上重要な壁・柱であるかどうかの見分け方

中古住宅に不可欠なリフォーム

マンションリフォーム3

中古住宅や中古マンションのお部屋を美しく、使い勝手よくよみがえらせてくれるのが住宅リフォームです。

築年数の経った中古住宅が売り出される時には、見栄えをよくするために、壁紙や水回りなどの交換などのリフォームをほどこされてから販売されることが多いです。

また、インテリアにこだわりがあり、間取りなども含めて、好みに作り替えたいのなら、リフォーム前の物件を購入することでコストを抑えることが可能です。

建物のライフサイクルに合わせて内装を張り替えたり、水回りなど設備の取り替えを行っていったりすることが、建物の寿命を延ばすことにもつながります。

その点でも住宅リフォームはやっておいた方が良いことの1つです。

しかし住宅リフォームをするにあたって、つい見落とされがちな面もあります。それは、内装や外装・設備のリフォーム業者は、建物の耐震性などに関わる構造の専門家がいないことが多く、建物の構造を無視したリフォーム行ってしまうこともある、ということです。

住宅リフォーム業者には構造の専門家がいないことが多い

マンションリフォーム2

内装や外装・設備のリフォーム業者には、建物の耐震性などに関わる構造の専門家がいないことが多いです。

そのため、中古住宅・中古マンションをリフォームする場合、気をつけなければならないことの一つに「構造」が見落とされがちという点があります。

トイレやユニットバスなど水回りの取り替えや、壁紙の張り替えなど、建物の構造部分に関わらないリフォームであれば、構造の専門家のチェックが入らないことはそれほど問題ではないかもしれません。

しかし、壁や柱を取り払って間取りを変更するような、大胆な住宅リフォームを行うような場合、発注者から壁や柱などを取り払ってほしいという要望があれば、住宅リフォーム業者は発注者の要望通りにそれを行ってしまうということがあります。

しかし壁や柱などが構造上重要な役割を果たしている場合もあり、発注した住宅リフォーム業者に建物の構造についての知識が不足していると、結果として発注者の希望通りにリフォームを行ったことによって住宅の耐震性が落ちてしまう、といったことにもなりかねないのです。

住宅リフォームで間取り変更をする場合には、耐震性も考慮に入れる

マンションリフォーム1

そんなことにならないためには、間取りを変更するような大胆な住宅リフォームを行いたい場合には、耐震性についても同時に考える必要があります。

間取り変更にあたって取り払いたい壁や柱などがある場合は、その壁や柱が構造上重要な役割を果たしているものではないのかを確認することが必要です。

その上で、希望のインテリアを叶えるためには、どうしてもその壁や柱を取り払う必要がある、ということなのであれば、不足した強度をそれ以外の場所で補うことなどによって、耐震性を落とさないようにする工夫なども必要になってきます。

マンションにおいて、構造上重要な壁・柱であるかどうかの見分け方

一戸建ての住宅の場合、壁や柱が構造体としてその建物の耐震性を保つためにどのような役割を持ち、また取り払うことでどのような影響を及ぼすのかについてはケース・バイ・ケースです。

幸いにマンションの場合には、それぞれの住戸の中に限って言えば、一般的には石膏ボードなど柔らかいものでできている壁は、取り払ってしまっても建物や住戸の耐震性に影響を与えることは、ほぼないと言っても良いでしょう。

しかし住戸内にコンクリートの壁や柱がある場合には、それは建物の構造において重要な役割を果たしているものになります。それらを取り払ってしまうようなリフォームはできない、または避けるべき、と考えておきましょう。

また、柱について言えば、マンションのお部屋には、必ずどこかに中に配管を通している柱があります。

そのような柱に関してもリフォームで取り払うことは難しくなってしまいますので、それらを残した上で間取りプランを考える必要があるのです。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top