マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションのお部屋は○○を重要視すべき!

マンションジャーナル最新記事

More
マンションのお部屋は○○を重要視すべき!

一戸建て住宅に住んでいた人がマンションに引っ越した場合、マンション生活ならではの快適さや利便性を感じることは多いと思います。しかしその反面、不満に感じることがあるとしたら、その1つは「明るさ」に関してではないでしょうか。

例えば3LDKのマンションの場合、たとえ南向きの住戸を選んだとしても、お部屋の1つには自然光が十分に入っていても、その他の居室では思ったように光が入らない・・・といったことが起こります。

今回はなぜこのようなことがおこるのか、対策もふまえて考えてみました。

目次

  • マンションのお部屋と戸建て住宅では日照条件が大きく異なる
  • 日光が入りにくいことでのメリットも
  • マンションで好みの明かりを手に入れるならリフォームを
  • まとめ

マンションのお部屋と戸建て住宅では日照条件が大きく異なる

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s

マンションのお部屋と戸建て住宅とでは、日照の条件がかなり変わります。

戸建て住宅の場合は、窓の数も多く、日中は自然光による十分な採光が望めることが多いのですが、一般的なマンションの場合は、ほとんどの場合、間取りによって窓のついている方角・場所・種類などはほぼパターンが決まってしまっています。

そのため、戸建て住宅に比べて、「自然光を取り入れる」という点では大幅な制約を受けることになってしまいます。

例えば、マンションのお部屋は一戸建てに比べると、窓の数や面積は大幅に少なくなる場合が多いのです。

また、その設計上、お部屋の造りそのものが奥まった構造になることも多く、窓から遠くなってしまうお部屋の奥は、日光が届きにくく、昼間でも暗くなってしまいがちです。

北向きで窓が小さいお部屋など、お部屋の作りによっては、日中の自然光がほとんど入らない、ということもマンションでは稀ではなく、日中でも照明が必要になることもあります。

また、近隣の建物との位置関係によっては、日陰になってしまったり、また、特に建物が密集したエリアでは、プライバシーを守るという観点から、昼夜問わずカーテンを開けていることが難しかったりする場合もあります。

どの部屋のすみずみまで自然光を十分に取り入れたい、という希望を叶えることは難しいのが、自然の光が好きな人にとっては、マンション暮らしにあたって悩ましいところですね。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

日光が入りにくいことでのメリットも

75d1bd23567b84dedd64741545184975_s

その反対に、外からの光の影響が少ないということを、メリットであると考えることもできます。

外からの光がほとんど入らないお部屋は、人が住む上での快適性を考えた場合、デメリットの方が多くなりますが、その反面、紫外線による日焼けなどの影響を受けることが少なくなります。

そのため、書籍やコレクションの保管などに適しているお部屋であるといえます。住戸の中にそういったお部屋がある場合、コレクションルームやシアタールーム、収納部屋として使用するといった方法もあります。

また、住戸の中に窓はあっても極端に居住性の悪い一室がある場合、あえて部屋は居室としては使用しないと割り切ることによって、住戸全体がかえって広く快適に使えるようになる場合もあります。

また、マンションでは外からの光の影響を受けにくいので、照明を工夫することによって、お部屋の中の「光」を自在に演出することも可能になります。

ただし、マンションでは、照明器具の取り付け位置や、設置できる照明器具の種類が限定されてしまうことも多くあります。

そんな時は、リフォームによって、照明器具の取り付け位置を変更したり、配線を増やしたりすることで好みの照明を使用することが可能になります。

マンションで好みの明かりを手に入れるならリフォームを

cdd37ee89530b2230569b269f5bfc784_s

特に中古マンションを購入する際は、リフォームを検討されることも多いでしょう。

中古マンションのリフォームを検討する時は、実際の物件をよく見て、「照明プラン」について、戸建て住宅以上にしっかりと計画を立てておくことで、必要かつ効果的な明かりを得ることができ、また、水回りなどその他の住宅リフォームと同時に行うことで、一度で効率的に部屋の印象を変えたり、使いやすく快適なお部屋にしたりすることもできるようになります。

また、自然光が入りにくく、居住性の低い居室がある場合、間取りを変更することによって、自然光が入りやすい他の部屋を広くするというリフォームも、自然光をより多く取り入れるために有効です。

まとめ

2016y07m07d_132947899出典:https://kinarino.jp

自然光を取り入れにくいマンションのお部屋で暮らすにあたっては、戸建て住宅で暮らす以上に照明がとても重要な役割を果たすと言えます。

これから中古マンションをリフォームする予定がある方だけでなく、今お住まいのマンションのお部屋で、光や照明に関してなんとなく不都合を感じているようなことがある場合には、現在どんな不都合を感じているのか、またどういうお部屋で、どんな作業をし、どの程度の明るさが必要なのか、など、一度照明プランについても見直してみてはいかがでしょうか。

お部屋の明るさに不満がある場合、照明プランを見直すことで、今のお部屋がより快適に過ごせるお部屋に変えることができるかもしれません。

アイキャッチ画像 by http://www.web-nile.com/

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top