マンションジャーナル

マンションジャーナル

「こんなはずでは!」マンション購入の失敗談まとめ

マンションジャーナル最新記事

More
「こんなはずでは!」マンション購入の失敗談まとめ

人生で一番大きな買い物であるマンションの購入ですが、中には「買うべきじゃなかった」「住んでみたらかなり不便」という「こんなはずじゃなかった!」と後悔している方も多いようです。

今回は実際にあったマンションを購入の失敗談をまとめました。

マンションの「防音」に関する失敗談

「防音」の問題は実際に住んでから気づく事が多く、後悔するケースが非常に多いです。

3a5bfc9ea47a9494e1972371494c5253_m

新築マンションを購入したが、異常に共有部から音が響き安眠できず、奥さんが精神的に参ってしまったという防音に関する問題。

この女性の方は、洋室の隣にお隣の浴室があり、その入浴に伴う音が異常に響き、安眠できないという悩みがありました。

旦那さんと部屋を変え、やっと浴室の音から解放されたかと思いきや、今度はエントランス、エレベーターの音が異常に響くそうで、また安眠できない生活は続きました。

管理会社とも相談を重ね、音が実際にどの程度響くのか調べてもらうが、「近隣の人に協力してください」と言われ一向に解決されないまま、5年もの間そんな暮らしは続きました。

さすがに我慢できず、マンションの売却をせざるを得ない状況になりました。

さらに新築マンションだったので、買った時より格段に低い値段でしか売却できず、引っ越しするかどうかで、旦那さんとケンカし、夫婦間にも亀裂が入ったそうです。

マンションの「隣人トラブル」問題。

この問題もよく耳にする問題です。

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_m

今回のケースは隣人が「騒音がうるさい!」と度々苦情を言ってこられるというケースです。

その家庭ではお子さんが生まれ、立って歩くようになってからはさらにクレームは過激になり、「あんたんとこの子供のせいで、一睡も出来なかった!」などと言われる始末です。

気を使って、防音のマットを使うものの、クレームはやまず、出来るだけ物音をたてないように気を張る日々を余儀なくされました。

管理人にも相談するが「あの人は神経質だから、引っ越すしかない」と言われ、

安らぎの場となるはずのマイホームが、むしろ居心地の悪い場となってしまい、結局引っ越しをする事になりました。

このように「坊音」に関する問題や、「隣人トラブル」は目で見て分かる問題ではないので、「実際に暮らしてから気づく」と言う事が多いようです。

>>騒音に悩まされない!マンションの購入チェックポイント!

マンション購入の「お金」問題

マンションを購入すると、賃貸の生活では気にしなかった、光熱費の基本料金、引っ越し費用、固定資産税や、修繕積立金など、思いがけない所で費用はかかります

マンションを購入してから、後々になって生活が苦しくなり、「こんなに高い家買わなければ良かった」なんて思う事もあるみたいです。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

実際にあった例が次のケースです。

夫婦とも働きで、お金にも少し余裕があり、20代という若さでしたが、早めにマイホームが欲しいという思いもあり、思い切って新築マンションを購入しました。

子供も生まれ、奥さんは仕事を辞め、主婦行に専念し、順風満帆の日々でした。

しかし、しばらくして旦那さんの働いている会社が上手く行かず、減給される事になりました。また修繕積立金・管理費の増額や車のローンなどが重なり、お子さんが小さかったが、奥さんもパートをしました。

しかし、このまま無理した生活を続けるのは厳しく、持ち家を手放す事となりました。

「ただ計画性がないだけでしょ」と思われる方もいるかもしれませんが、この「後先考えず勢いで買ってしまった」というケースはけっこう多いです。

22553b9a00ac91fd7e7787d526379752_s

マンションを購入する事を検討している方、特にお子さんがまだ小さい方はしっかりとした返済計画は必須です。

>>住宅ローンの注意点、ベストな返済金額とは? 

>>仲介手数料が無料になるサービスとは?

まとめ

今回はマンション購入にまつわる、実際にあった失敗談をまとめました。

夢のマイホーム、人生で一番高い買い物であるからこそ、勢いなどではなく、しっかりチェックするべきポイントを抑えておきましょう。

>>マンション購入、必ず抑えておきたい、6つの基本ポイント。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top