マンションジャーナル

マンションジャーナル

人生は住む「環境」によって決まる!?話題の「ヘヤカツ」とは?(実録編)

マンションジャーナル最新記事

More
人生は住む「環境」によって決まる!?話題の「ヘヤカツ」とは?(実録編)

前回の「人生は住む「環境」によって決まる!?話題の「ヘヤカツ」とは【理論編】」で、「ヘヤカツ」の概要は理解していただけたかと思います。

それでは実際に「ヘヤカツ」はどのようにして行うのか?

実録動画からさまざまな気づきがありましたので、「ヘヤカツ」実践のポイントを、気づいた点とともにご紹介していきます。

今回挑戦するのは「掃除の道」です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

「ヘヤカツ」実践録 都内大学生Mさんの場合

スクリーンショット 2016-06-02 16.20.09出典:https://www.youtube.com/watch?v=dl8dTZ5T_ko&spfreload=10

では実際に「ヘヤカツ」はどのようにして行われるのでしょうか? こちらの動画を参考に解説していきます。

今回「ヘヤカツ」を実践したのはMさん(女性)。都内の大学に通う一人暮らしの女性です。

岩崎さんと、女性アドバイザーさんが、一緒にMさんのお宅を訪問します。

スクリーンショット 2016-06-02 16.20.47

まずはお部屋拝見! あの、全然きれいにされてますけど・・・

まずはお部屋を拝見。女性アドバイザーさんに「片付いてますよね〜」と言われて「そうですか?ありがとうございます!」と嬉しそうに答えるMさん。

そんなやり取りがあったように、お部屋は確かにきちんと片付いていますし、お部屋のインテリアも、ホワイトを基調にベットカバーにピンク、ラグマットにラベンダーカラーなど配して女の子らしいルームコーディネートにまとめられています。綺麗にされているように見えますけど・・・。

このお部屋に一体どんな問題があって、どんな「ヘヤカツ」が展開されるのでしょうか?見ていきましょう。

  • 棚がないので、本や教科書を床に置いてしまう

スクリーンショット 2016-06-02 16.21.09

女性のアドバイザーさんが、Mさんに今のお部屋のお悩みなど聞いて行きます。

「今の部屋の悩みはなんですか?」と尋ねるアドバイザーさん。Mさんの答えは、

「部屋の片方(の角)が空いているが、棚を置いていないため本や教科書を床に置いている。

本を置くスペースや、教科書を置くスペースがないので、角の空いているスペースを(使って)どうにかできたら」とのこと。

  • 突然、掃除機の場所を尋ねられる。そして掃除機は・・・

スクリーンショット 2016-06-02 16.21.47

ここで、「今掃除機はどこにありますか?」と尋ねる女性アドバイザーさん。

そりゃ見えないところですよね、と思ったら、「ベッドの下にバッと突っ込んでいます。」とMさん。

ベッドの下を見てみると、確かにそこに掃除機が。人目につかないところではありますが、取り出すには、ベッドカバーをめくって、しゃがんで・・・と、出し入れがしにくく、ストレスになる状態です。

  • うまくいかない原因は、収納計画がされていないから

ここで女性アドバイザーさんから鋭い指摘。

収納計画が全くなされてないんです。」この言葉に「ああ〜」とうなずくMさん。

「最初に好きな家具を購入し、優先的に配置、空いたスペースにその他の家具を入れている。そのためうまくいかない部分が出てきてしまう。」

つまり収納計画か後回しになってしまっているのが原因であると指摘しました。

  • 掃除機を収納する棚を買いに

まずは、ベッド下に押し込まれた掃除機の出し入れをしやすくするため、掃除機を収納する棚を作ることに。

床の上のものも棚に収納して、「掃除機の通り道」も作るようです。

ここで、掃除機を収納する棚を買いに行きます。

まず寸法きちんと計って・・・やってきたのは、そう、無印良品。

図った寸法を元に、ジャストサイズの収納棚を購入します。どうやらスチール枠に、パイン材の棚板のユニットシェルフを選んだようです。

  • いよいよ棚を設置

スクリーンショット 2016-06-02 16.24.14

柱とベッドの間のスペースに、収納棚を設置。棚板の高さは.これまで床に置かれていたものたちがきちんと収納できるよう高さを調節します。

あれ、掃除機を収納するために買ったはずの棚に掃除機が見えませんが・・・掃除機は棚の一番下の棚の足の部分に収納されていました。

掃除機のような生活感あるアイテムは、やはり見えないほうがいいですよね。

そのほか棚に収納されたものは床に置かれていたトランク、スーツケース、そして紙袋など。本や教科書は紙袋に入れたのでしょうか?

収納棚の上には、これも無印良品の、蓋が閉まるタイプの布製の収納ケースを何段か重ね、収納棚から天井までの空間も収納スペースとして活用しました。

【考察】マンションにおける棚の高さと圧迫感の関係

一般的に高さのある棚を入れると、部屋に圧迫感が出てしまうと考えられています。筆者もそう考えていました。しかも建築士からそう聞いたものですから、ずっとそう思い込んでいました。

そして確かに高さのある家具を入れると圧迫感が出てしまうことも事実です。

しかし今回の「ヘヤカツ」では、高さのある棚を設置し、しかも天井まで収納を積み上げました。

しかし予想していたほど圧迫感は感じなかったのです。これが一つこの動画を見ていて意外だった点です。

マンションや鉄筋鉄骨のアパートの場合、お部屋の中に構造体の柱の出っ張りがあることが多いものです。

Mさんのお部屋にも、ベッドルームの中にもともとマンションの構造体である「柱の出っ張り」がありました。

マンションのお部屋の中にある構造体の柱の出っ張り、これが意外と侮れないもので、これがお部屋の中に存在している時点で、特にワンルームのお部屋、小さめのお部屋の場合には、逃れられない運命にあります。

(これを筆者は「柱の出っ張り問題」と呼んでいます。分譲マンションではアウトフレーム工法といって、出っ張りのないお部屋もありますが、建設費が高くなるので建設費を抑えたマンションでは、出っ張りがあるお部屋が多いのです。)

この部屋に高さのある棚を新たに設置したら、圧迫感がさらに増すのでは?と考えていました。

しかし実際に新しく棚を入れてみても、棚の圧迫感は、それほど気にならなかったのです。

むしろ圧迫感が軽減したようにも感じました。

これは大きな謎です。なぜなのか、理由を考えてみました。

Mさんの部屋の隅にもともとある構造体の出っ張り、これはどうすることもできません。今回は棚を出っ張りの手前のスペースに設置しましたが、収納したいものにぴったり合わせたサイズの棚を選んだ結果、棚のサイズは柱の出っ張りよりもやや小さめのものになりました。

その結果、部屋の隅の出っ張りが、存在感のある直方体の柱から、棚に続く階段状になりました。

また、棚の上に置いた収納ボックスに、壁紙の色や質感に近いものを選んでいました。たまたま壁紙の色がアイボリー系で、収納ボックスも無印良品で揃えたから、とも言えますが、結果、壁紙の色や質感に近いものになりました。

これによって、棚の上の空間もこれまでのお部屋に無理なくなじんだことも勝因ではないでしょうか。

マンションの「部屋の柱の出っ張り問題」は、手前のスペースに棚を置くなどして階段状にならすことができる。それによって柱の圧迫感が軽減することがある。

これは目からウロコでした。

【気になった】ベッドルームに掃除機を収納した理由とは?

こんな感じで、もともと片付いていたMさんの部屋は、「ヘヤカツ」によって収納棚を1つ入れただけで、床に置かれたものかすべて片付き、部屋に掃除機の通る「道」「流れ」ができました。

スクリーンショット 2016-06-02 16.23.10

ここで一つ気になることがありました。掃除機がベッドルームの中にあることです。

一般的に掃除機はベッドルームに置くものではないですよね。もっと人目につかない所に収納するのが普通です。

しかし、掃除機を配置した場所も、この場所でなければならない理由があったのです。

部屋の隅に棚を設置する、床に置かれたものを棚に収納する、そしてそこに掃除機も収納する。それによって、掃除機の通る「道」ができました。

そして、一人暮らしのMさんのお部屋の場合、そこから掃除機がけをスタートし、キッチンの方まで部屋全体を一周してまた掃除機をしまう棚まで戻って来る、という導線までできていたのです。

なるほどそこまで考えて、「あえてのベッドルームに掃除機」だったのです。

  • 「ヘヤカツ」が終わってのMさんの感想

さて、この「ヘヤカツ」が終わってのMさんの感想は「床が広くなって、友達を呼べる数が増えた」。

「ヘヤカツは続けることが大切」という岩崎さんのアドバイスにも深くうなずいていました。

>>人生は住む「環境」によって決まる!?話題の「ヘヤカツ」とは?(理論編)はこちら

まとめ

「ヘヤカツ」実録動画で「掃除の道」ができるまで、その過程での気づきを紹介しました。

すっきり片付いたことはわかりますが、人生が良くなるか?は、まだまだこれから。でも友達を呼べるようになれば、色々な展開が期待できますよね。

2分程度の動画なので、一度見てみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top