マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【あなたはすでに損をしているかも】バスルームのリフォーム費用って知ってる?

【あなたはすでに損をしているかも】バスルームのリフォーム費用って知ってる?

マンションのリフォームを考えるとき「部屋をこういう風にしたい」「キッチンをこんな感じにしたい」といろいろ夢を膨らませていきますが、それと合わせて考えなくてはいけない事があります。

それは、リフォームの予算です。

夢を実現するには当然お金が必要になってくるわけですが、しかしほとんどの方はリフォームの経験などがないため、その費用がどれくらいかかるのなのかよくわからないというのが実情ではないでしょうか。特に震災以降は建築関係の資材や工賃が高騰しているというニュースも聞きますし、費用面で不安を持つ方も多いと思います。

しかし、実際に工務店やリフォーム会社に問い合わせるにしても、ある程度リフォームの計画がまとまってからでないと問い合わせのしようもありません。そんな方のために、リフォームの相場と具体的な検討事項についてまとめてみたいと思います。

今回は、リフォームの中でも代表的なものの一つであるバスルームについてです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

バスルームのリフォーム相場

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s
マンションのバスルームをリフォームする場合、基本的には「ユニットバスを一式交換」する形になります。ごくまれに古いマンションや特別仕様のマンションでユニットバスを使用していないいわゆる在来工法のお風呂が設置されたマンションもありますがそれはごく一部です。

ほとんどのマンションのお風呂にはユニットバスが設置されていますので、それを一式新しいものに交換する形になります。

さて、一口にユニットバスと言っても車や電化製品と同じでグレードがあり、どのグレードのものを導入するかで費用は大幅に変わってきます。また浴室のサイズによっても費用は変わりますし、オプションに何をつけるかでも費用は大きく変わってきます。

そのため、相場にもかなりの幅が出てくるのですが、ざっくり「70万円~150万円」の範囲だと考えておけばまず問題ありません。
現在設置されている古いユニットバスを同じ大きさの普通グレードのユニットバスに交換する場合で100万円前後の費用がかかります。

その場合の内訳は、だいたいユニットバス本体の価格が60万円、工費が40万円程度になります。既存のお風呂が在来工法の場合、ユニットバスを設置するための配管などの工事が必要になる場合があり、その場合は費用がもう少しかかる事になります。また、浴室の位置を変更するなどの大きなリフォームの場合は、当然ですがさらに大きな費用がかかる事になります。

ユニットバスのグレードやオプションで何が変わってくるのか

9da274117beabae780539848529d1334_m

たとえば最近、寺田心君がテレビCMをしている事で話題のTOTOの「ほっカラリ床」ですが、この「ほっカラリ床」は上級グレードのユニットバスにしか採用されていません。中級モデル以下のユニットバスではただの「カラリ床」になります。心君のCMを見て「ほっカラリ床のバスルームにしたい」と考えた場合、必然的に上級グレードのユニットバスを導入する事になります。

また、たとえばユニットバスの壁材などにも複数の種類が用意されています。ユニットバスの壁は板状のパネルを組み合わせて構築するのですが、このパネルにもグレードがあるのです。メーカーにより違いがありますが、一般にはスタンダード、ハイグレード1、ハイグレード2、など3グレード程度の種類が用意されています。

このパネルにどれを選ぶかにより数万円づつ価格が変わってくるのですが、高級な壁材ほど質感がよくカラーが選べてさらに掃除もしやすい仕様になっています。ハイグレードの壁材は鏡面仕上げになっているため、結果的に汚れが付きにくく落としやすくなっています。

地味でつい見落としがちになりますが、お風呂の掃除は大変な作業のため、ここで掃除が楽な壁材にする事は長期的にみて大きなメリットがあります。

また浴槽についても決めるべきは大きさだけではありません。ここでもいろいろ検討すべきことがあります。

たとえば保温性を重視した浴槽にするか、通常の浴槽にするか。連続して家族が入浴する家や、一人暮らしの家であれば通常タイプの浴槽でも問題ないですが、家族が入浴する間隔が長い家では保温効果の高い浴槽の方が長期的にみて経済的ですし、地球にやさしいエコにもつながります。

また、浴槽の材質一つをとっても通常のFRP製の浴槽にするか大理石の浴槽にするかでお風呂の雰囲気はガラリと変わってきます。この他にも、ユニットバスの壁面に収納や棚、鏡を設置するかどうかや、シャワーヘッドをどのようなものにするか、ユニットバスのドアをどのタイプにするか、浴室乾燥機を設置するかどうか…等々、一口にユニットバスと言っても決めなくてはならない事は沢山あります。

そして大事な事が「配色」です。壁の色、床の色、浴槽の色、それぞれを選ぶ事ができますし、配色次第でお風呂の印象は大きく変わってきます。

この配色は一度悩みはじめると迷路のように難しく、そのためにメーカーでもおすすめの配色サンプルを複数用意しています。

メーカーのショールームを訪問してみよう

ユニットバスのモデルや細かいオプションについては、見積もり時にリフォーム会社の担当者と相談して決めていく事になります。概算見積もりではそこまでの検討はしませんが、本見積もりとして詳細な仕様を決定するときには実際に発注する品番レベルに落とし込むため具体的にモデルを一つ一つ決定していく必要があるからです。

その際に費用とニーズを考慮して細部の仕様を決定する事になりますが、本気でリフォームを検討するのであれば、メーカーのショールームを一度訪ねてみる事をお勧めします。

たとえば、ユニットバスの壁材の色や質感はカタログ上で印刷された写真だけでは本当のところはわからずショールームでなくては確認する事ができないものです。

実際に私の経験でもカタログでは「こんな柄はありえない」と思うような柄でも、実際ショールームで実物を確認するとシックでちょうどいい柄になっていてその印象の違いに驚いた事があります。

モデルルームには壁と床、浴槽の色を組み合わせたときにどのような配色になるのかを見せてくれるシミュレーションモデルなども用意されているため、実物に近い形で配色を検討する事も可能になります。

また浴槽の形も複数の形から選ぶ事になりますが、これも実際に浴槽に入ってみる事で自分の体に合うモデルを選ぶ事ができます。

ショールーム見学での注意点

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

さて、ショールームを見学する際には2つの注意点があります。一つはリフォーム会社に見学に行く事を伝える事、二つ目はショールームに事前に見学の予約をしておくことです。

事前の予約がなくてももちろん見学は可能ですが、ショールーム担当者の案内がつかない状態での見学になってしまいます。

上にも書いた通り、バスルームひとつとっても検討すべき項目は沢山あり、ショールームで見学すると確認したい事や質問したい事が沢山出てきます。案内の方がつかない状態では、それを確認する事ができず満足な見学を行う事はできないため、必ず事前にショールームに見学予約をするようにしておいてください。

またリフォーム会社に見学する旨を伝えておくことで、担当者から見学のアドバイスをもらえたり、当日アテンドしてもらえたりする事が可能になります。リフォームを行う場合は、ぜひショールームで実物を確認することをおすすめいたします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top