マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

スカイズタワー&ガーデン(SKYZ TOWER&GARDEN)の魅力を徹底解説!

スカイズタワー&ガーデン(SKYZ TOWER&GARDEN)の魅力を徹底解説!

東京オリンピック開催まであと4年余りとなり、東京のウォーターフロントが益々注目されるようになってきました。特に豊洲は人気絶頂のエリアですね。

その豊洲に建つ、ひと際個性的なフォルムの人気タワーマンション、スカイズタワー&ガーデンを特集します。

>>>スカイズタワー&ガーデンを仲介手数料無料で買う法法はコチラ

スカイズタワー&ガーデンの概要

スカイズ タワー&ガーデン (SKYZ TOWER & GARDEN)8

スカイズタワー&ガーデンは、三井不動産レジデンシャル、東京建物、三菱地所レジデンス、東急不動産、住友不動産、野村不動産の大手ディベロッパー6社による初の大規模共同プロジェクトの第1弾として多くの注目を集め、2014年8月竣工されました。

地上44階、地下2階、トライスター型のタワーマンションで総戸数は1,110戸という超大型マンションでありながら、販売開始から10ヶ月で完売という記録的な販売スピードも人気を物語っています。

構造は「免震」と「制震」の両方の特徴を兼ね備えた清水建設の「シミズ・トライスター型ハイブリッド免制震システム」が日本で初めて採用されました。またトライスター型マンションのデメリットとされている「お見合い」も窓の造り方を工夫することで解消されています。

地熱や太陽光を利用したエコシステムも採用され、まさに最新技術を集結したタワーマンションと言えます。

約72時間使用可能な非常用発電機や、太陽光発電設備によって蓄えられた電力を防災用コンセントに活用するなどの防災面に配慮。

また地中熱の利用は外を地下のパイプに通すことで、夏は冷やされ、冬は暖かくされた空気を1階のガーデンラウンジに送られる仕組みや、雨水もタンクで貯水し植栽の散水に利用するなど、省エネにも配慮され、国土交通省の厳しい9つの認定基準をクリアし、「長期優良住宅」にも認定されています。

開発面積3.2haの46%を緑地空間とし、「海風の丘」「万緑の杜」と名付けられた緑地空間には約2200本もの中高樹が植えられ、自然豊かなくつろぎの空間が広がっているのも魅力のひとつです。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

注目の設備

特筆すべきはこのマンションの共用施設の充実度です。まずは1階からご案内しましょう。

スカイズ タワー&ガーデン1↑コンシェルジュのいるエントランス

スカイズ タワー&ガーデン3↑玄関ホール

コンシェルジュのいるエントランスを抜けると、大理石がふんだんに使われた玄関ホールになります。このマンションのキャッチフレーズである「別世界が日常になる東京」という言葉が相応しい、本当に豪華な佇まいです。

スカイズ タワー&ガーデン5スカイズ タワー&ガーデン2↑エントランスホールも広く、一流のホテルのような佇まい

1階にはキッズルーム、ガーデンラウンジ、ジムとプール、パーティールーム、スタディールーム、コンシェルジュサービスなど。屋外にはバーベキューテラスもあります。ジムの使用は一回100円、プールの使用は一回500円です。

gardenrounge↑マンションの庭に面して広く空間が取られたラウンジ

studyroom↑スタディールーム

kidsroom↑キッズルーム

43階にはそれぞれに内装を凝らしたゲストルームが4室あり、最も広いオリエンタルスイート(75㎡)は使用料が8000円。まるでホテルのスイートルームの雰囲気です。

44階にはラウンジが二か所あり、一か所は東京ディズニーランドとレインボーブリッジが望め、もう一か所は富士山方面を望めるようになっています。解放感のあるワイドな窓から眺める大パノラマは想像を超える素晴らしさですよ。

スカイズ タワー&ガーデン (SKYZ TOWER & GARDEN)3 スカイズ タワー&ガーデン (SKYZ TOWER & GARDEN)4↑眺望が最高なラウンジ

タワーの屋上には約800㎡のスカイラウンジと天体望遠鏡のある天体観測ドームまで設置されています。これは子供や天体ファンには嬉しい設備ですね。

好立地で暮らしやすい環境

東京駅から5km圏内という好立地、新豊洲駅までは徒歩5分、都心部へのアクセスに便利な上に、近隣には大型商業施設ららぽーと、スーパービバホーム、豊洲ショッピングセンターなどがあり、暮らしやすい環境も魅力です。

またお隣の市場前駅では、いよいよ2016年11月に築地市場がオープンします。新市場の外に作られる施設が温浴施設運営の万葉倶楽部に決定し、2019年8月に温泉施設付きのホテルが開業することも発表されました。2018年8月には飲食店や物販店が集まる商業ゾーンもオープンする予定です。

豊洲西小学校や昭和大学江東豊洲病院もオープンしたばかりと街全体が新しく、これから住む人にとっても馴染みやすい環境ではないでしょうか。

また今後も目覚ましく変容していく東京のウォーターフロントを、間近に見届けることができるのも楽しみのひとつですね。

>>>スカイズタワー&ガーデンについての詳細はこちら

>>>豊洲駅周辺のマンション情報はこちら!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top