マンションジャーナル

マンションジャーナル

本当に住みやすいマンションとは何なのか?

マンションジャーナル最新記事

More
本当に住みやすいマンションとは何なのか?

結論から言うと、暮らしやすさは個々の好みや都合次第で千差万別。同じ家族であっても、年令や性別で暮らしやすさの基準は違いますよね。とはいえ、ある程度の共通項がないわけではない。ということで、今回は暮らしやすさのポイントをちょっとだけ深掘りして考察してみましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

やっぱり交通の便は重要

f3e87b8597bef1dc1eadfac0c361caf9_s

通勤や通学のことを考えると、やはり駅近が便利。でも、ただ駅が近いだけで良いかというと、そうでもない。問題は、如何に目的地までのアクセスが良いかでしょう。なので、個々に目的地が違えば、利便性も異なりますよね。

利便性の高い駅周辺は人気があってハードルが高い

142eeb07e8876ac7d2f5c91acc9fb595_s

多様なニーズを満たすなら、複数の路線が使える駅が理想。それを突き詰めると、複数路線のJRや私鉄、地下鉄が利用できる都心部のビッグターミナルということになりますね。でも、ビッグターミナルへ徒歩圏内にある住宅は高額でかなりハードルが高い。

ということで、急行や快速の停車駅で他路線が乗り入れている駅が現実的ということでしょうか。例えば、東急東横線なら、中目黒や自由が丘、そして武蔵小杉などですね。でもしかしながら、そういった駅の徒歩圏は人気エリアですから、やはり物件価格は割高になってしまいますね。

穴場的な駅

7471208a26609018e16908153d9b9a61_s

そこで狙い目は、ひと駅かふた駅隣りで各駅停車しか停まらない駅。そういう駅であれば、駅から徒歩5分圏内でも物件価格は比較的お安めですからね。それに乗降客も少ないので、比較的静かな環境が確保できます。

ここでチェックすべき点は、朝夕のラッシュ時における各駅停車の本数。路線によっては、ラッシュ時の急行や快速の本数が多く各駅停車が少ないというケースがありますから。その場合、意外と待ち時間が多くて不便を感じることになりかねませんので、この点は要チェックです。

商業施設の充実度と位置関係

c64150742beaa86642d0c62c526b00e5_s

商業施設といっても、規模や業種の種類や数は多種多様。でも日々の生活では、コンビニやスーパー、ドラッグストアといった商業施設は必須ですよね。近くに、スーパーや各種専門店が揃ったショッピングセンターがあると尚便利。

ある程度大きな駅になると、駅構内にショッピングモールが併設されていることがあります。仮に駅構内にそういった施設がなくても、大きな駅の周辺は概ね商業施設が充実しているのが常。それと、駅周辺に商店街があるケースも多いですね。

元気な商店街は便利なだけじゃなく楽しい

f5df0d12983c4db63743e9c81ee120f8_s

一口に商店街といっても色々で、最近はチェーン系の店舗が立ち並ぶケースが多く、昔からある個人商店が活況を呈している商店街は少なくなりました。やはり、元気な個人商店が軒を連ねる活気のある商店街は便利なだけではなく、歩いているだけでも何となく楽しいですよね。

商店街の元気度の下調べは、ネットでもある程度は可能です。まず、HPやブログが頻繁に更新されているかをチェック。簡単な地図とお店の紹介だけで、長い間更新されていないようなら元気のある商店街である可能性は低いですね。

9113f9ef32fb9db7c77d68109c0f3448_s

単にお店の紹介だけでなく、季節ごとに色んなイベントの企画が紹介されているHPやブログであれば期待できます。そういう商店街は活気があって、買物以外でも家族で楽しめたりしますからね。

駅の出入り口のチェック

10ab83aaab982f391627b109ad52b478_s

大概の場合、駅の出入り口は線路を挟んで2方向あります。大きな駅になると、東西南北に4方向というケースも。各出入り口に連絡通路があれば良いのですが、中には一旦駅構内に入らないと行き来できないケースがあるので、この点は要チェックです。

同じ駅から徒歩5分であっても、出口によって商店街の有無や商業施設の充実度が異なるケースがあります。その場合、出口の違いで生活の利便性に差が生じて、暮らしやすさに大きな影響を及ぼしますからね。

距離だけでなく方向が大事

2f447be61c07e8754cfa3143306f262c_s

単に駅から自宅までの距離ではなく、その道中にそんな商業施設があるかが重要なポイントです。例えば、スーパーが自宅から徒歩5分だとしても、駅と自宅の途中なのか、駅と反対方向かによって利便性が異なります。

駅と自宅の通り道でひと通りの買い物を済ませられれば、何かと便利ですよね。自宅から徒歩5分圏内であっても、スーパーやドラッグストアなどがそれぞれ違う方向にあると、行ったり来たりで意外と不便だったりします。

少々歩いても、同じ道筋にあるとか、色んなお店が一箇所に集中している方が便利ということもあります。なので、商業施設の位置関係は重要なチェックポイントになります。

大きな総合病院より主治医のいる近くのクリニック

c2207037a011e694663395652d71b653_s

やはり生活する上で、医療機関は必要不可欠。設備の整った総合病院が徒歩圏内にあるのは理想ですが、それより近所にかかりつけのクリニックがある方が心強い。通常、利用頻度が高いのは、やはり内科のクリニックでしょう。

でも実際には、どこの街にも多いのが歯科クリニック。確かに歯医者さんにお世話になることは多いのですが、日々の健康管理には主治医のいる総合内科のクリニックは必要不可欠な存在。ですので、近隣にあるクリニックが何科なのかは要チェックです。

若い年齢層のファミリーであれば、小児科や産婦人科が重要になります。もしペットがいるなら、動物病院が近くにあると便利。

健康という観点では、暮らしやすさに最も大切なのは近くに信頼できる主治医のいるクリニックがあることでしょうね。

子育て環境

852490048e193304534ef452b17b1e5b_s

子育て環境というと、真っ先に頭に浮かぶのは保育園や幼稚園、そして小中学校への距離ですよね。それに、子供を遊ばせる公園が近くにあることもポイントになるでしょう。

保育所や幼稚園の位置と数

fb3bbaa70bc805cd19570d510c48a34c_s

待機児童が社会問題になっていますが、保育所や幼稚園が近くにあっても空きがあるかが重要なポイント。それに送り迎えのことを考えると、駅の近隣か駅と自宅の途中にあるのが理想ですね。

もし近隣に1箇所しかないようなら、空きがある可能性は極端に低くなります。入所、入園のタイミングにもよるでしょうが、できれば、徒歩圏内に複数の保育所や幼稚園があるに越したことはありませんよね。

通学路は要チェック

3153aa7c0f5b81134e0f8e63808e4212_s

小中学校、特に小学校は距離もさることながら、どういう通学路なのかチェックしておく必要があります。たとえ徒歩3分と近くても、交通量の多い道路や、信号のない横断歩道を渡る必要がある場合は心配ですよね。中学生になると部活などがあり、特に女の子の場合は人通りが少なく街灯もない通学路というのは心配でしょう。

それと公園が近隣にあるのは魅力ではありますが、人気が少なく街灯がない場合は治安面で不安があります。人によっては、子どもたちの元気な甲高い声が鬱陶しいということもあります。なので、すぐ近くに公園があるというのは必ずしも良いとは言い切れませんね。

まとめ

大概の場合、住宅の物件案内の表示は○○へ何メートルとか、徒歩何分といった表現になっています。分数の目安は、一般的に大人の足で歩いて80メートル1分というもの。なので、小学校まで徒歩5分といっても、実際は子供の足ではもっとかかります。

同じ距離でもまっすぐの一本道なのか坂道なのか、交差点の有無や数によっても違いが生じます。それに、信号や歩道の有無などの情報は殆ど記載されていません。本気で暮らしやすさをチェックするには、やはり自分の足と目で確かめるしかないみたいですね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top