マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションの収納は大きさや数だけ見ないで!本当にチェックするべきポイントとは?

マンションの収納は大きさや数だけ見ないで!本当にチェックするべきポイントとは?

マンションを購入する際に、収納やクローゼットの数、大きさが気になりますよね。最近はマンションの物件案内で、ウォーク・イン・クローゼットやシューズ・イン・クローゼットという言葉を良く見かける様になりました。大概の間取り図には、W.I.C、S.I.Cと記載されていますね。

これらは非常に便利な収納スペースなので、新築物件では標準装備されているケースも多くあります。また、リノベーションする際に設置することも多くなりました。

とはいえ、単純に収納が沢山あれば良いというものでもありません。大切なのは、その使い勝手。ということで、今回は空間ごとの収納について、チェックポイントをご案内しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

玄関の収納

シューズインクローゼット↑シューズインクローゼットがあれば生活の利便性は格段に上がる

玄関に靴箱はつきものですが、最近流行りのS.I.Cと何が違うのか。シューズ.インというくらいですから、靴を履いたまま入れるクローゼットということ。この点が単なる靴箱と決定的に違います。

そしてもう一つ、靴以外の荷物も収納できるというスグレモノなのです。マンションによって大きさは様々ですが、ゴルフバックやトランクなども収納できるスペースです。特に子育てファミリーには、ベビーカーを収納できると重宝がられているようです。

このようにあると非常に便利なシューズインクローゼットなのですが、最低でも照明があって換気できることはポイントになります。換気窓が付いているのがベストですが、湿気や臭い対策に換気扇は必須です。

更に欲を言えば、2WAYクローゼットが最高です。つまり、2方向に出入り口があること。これがあると通気させて換気することもできますし、靴を脱いでそのまま中に入ることができます。1WAYの場合は通気ができないことに加えて、入口の位置によっては裸足で土間から上がるかスリッパに履き替える必要があります。

廊下の収納

廊下の収納↑廊下の収納は普段あまり使わないものをしまうのに便利

廊下に収納は必要?そう思われるかもしれませんが、実はこれが意外と重宝するのです。マンションの廊下はあまり幅が取れないので奥行きの深い収納は難しいのですが、40センチ程度の奥行きがあれば掃除機くらいは収納できます。

S.I.Cに入りきらない物を入れることもできますし、万一の震災が起きた時の保存食や水などの備蓄品や災害グッズを収納しておくにはベターな位置です。それに奥行きがない分、いざという時に取り出しやすいという利点もあります。

洗面所・トイレの収納

洗面台の収納↑洗面台の収納もしっかりと確保しておきたいところ

通常は浴室に隣接しているので、洗面用品の他にバス用品の収納場所が必要になります。歯ブラシや歯磨き粉だけでなく、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの買い置きをしまっておくスペースは不可欠。できれば、かさばるタオル類を収納できるリネン庫があると便利ですね。

トレイの収納

トイレでかさばるのは、何といってもトイレットペーパー。切らしたくないので、なるべく多く収納できるスペースが欲しいところ。それに、掃除道具やトイレ用洗剤をしまっておく場所があれば、狭い空間がスッキリして清潔な感じがします。

キッチンの収納

9

一般的に、マンションのキッチンスペースはそれほど広くはありません。大概の場合、冷蔵庫を置くと食器棚などの収納家具を置くと動線が確保できなくなります。ですので、造り付けの収納が充実していることがポイントになります。

戸建ての場合は床下収納を設置することが多いのですが、マンションでは二重床でないと設置できません。二重床で設置できたとしても、戸建のような大きな収納力は望めないでしょう。

対面型キッチンは後ろに通路が必要になるので、壁付きキッチンに比べて広いスペースが必要になります。なので、その分だけ食器棚や作業台を置くスペースが狭くなるわけですね。特にオープンキッチンだと吊り戸棚がないので、その分をカバーできる収納が別途必要になります。理想的なのは、キッチンにパントリー(食品収納庫)が付属していること。パントリーがあると、使用頻度の低い調理器具や保存食品を収納できるので重宝します。

居室の収納

ウォークインクローゼット↑ウォークインクローゼットは人気だが・・・

最近よく見かける、主寝室などに設置されているW.I.C。ウォーク・インと銘打つくらいですから、歩いて入れるほど広い収納です。洋服などの衣類だけなら通常のクローゼットで充分かもしれませんが、それ以外の大物を収納できることがポイントです。

ただし、W.I.Cと表示されていても、実際は大きめのクローゼット程度ということもあります。中途半端な広さだと、かえって使い勝手が悪くなるので要確認です。でも、布団まで収納できるW.I.Cは滅多にありません。

その点、大概の和室には押し入れがあるので、布団だけでなく衣類などを収納できるので意外と重宝します。最近は和室のあるマンションが少なくなりましたが、普段は居間として来客時には寝室として使えるので、決して侮れない便利な存在です。

まとめ

収納で諦めた夫婦↑収納と生活の利便性は一体不可分です

マンション選びの際は、どうしても住戸の広さや間取りに目が向きがち。そして実際に住み始めてから、収納の重要性を痛感する人も少なくありません。同じ3LDKでも、収納の広さや位置によって生活の利便性が違ってきます。快適なマンションライフを過ごすために、購入前に収納機能のチェックを怠らないようにしてください。

ただし、今回ご案内した収納に関するすべての要件満たす物件は、たとえ億ションであってもまず期待できないでしょう。ですので、自分のニーズにフォーカスして収納の充実度を検証してみるのがオススメです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top