マンションジャーナル

マンションジャーナル

【重要】購入前に知っておきたいマンションセキュリティのこと

マンションジャーナル最新記事

More
【重要】購入前に知っておきたいマンションセキュリティのこと

マンション購入を検討する際は、人それぞれに様々な視点での選択肢があるでしょう。しかし物騒な事件が起きている昨今、セキュリティの充実度は気になるところですよね。

そこで今回は、マンション選びの際、知っておくべきセキュリティの実情についてご案内しましょう。

オートロックの効用と落とし穴

最近は、殆どのマンションの玄関はオートロックになっています。

基本的には住人、もしくは住人が許可した人間以外はマンションに入れないのがオートロック。なので、マンション内に入る人間は原則として限定されることになります。

しかし、本当にそうなのでしょうか。オートロックのあるマンションに住んだ方はお分かりでしょうが、ロックを解除した人のすぐ後ろから付いて入ることは意外と簡単なのです。

マンションの住人でも、実際にそうして入る人は少なくありません。住人の誰もがそういう経験がありますから、自分の後ろから付いて入る人間を必ずしも不審者とは思わないのです。

そしてオートロックがある故に、マンション内にいる人間に対する警戒心はどうしても薄れがちになります。

ここに、オートロックの落とし穴があるわけですね。というわけで、オートロックはそれなりの効果はあるものの決して完璧な防犯システムではないということです。

最近はこの欠点を補うために様々な工夫を凝らした防犯システムが導入されたマンションがありますが、それらのコストは物件価格や管理費に反映されます。

ですので、高度なセキュリティシステムが完備されているマンションは、どうしても高額になる傾向があります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

防犯カメラの効果

名称は防犯カメラですが、実質的には監視カメラ、もしくは記録カメラという方が正しいのかもしれません。

もちろん、カメラが設置してあることが犯罪の抑止に繋がることは間違いありません。なので、中にはダミーでカメラを設置しているケースもあるくらいです。

しかし、実質的に防犯という観点で効果を上げるには、人間が24時間監視し異変があれば直ぐに対応できる体制が必須になります。

つまり、警備会社と連携したセキュリティシステムを導入する必要があるということです。

防犯カメラを設置してあるだけだと、映像として一定期間の記録を残すことしかできません。なので、実質的には記録カメラということですね。

とはいえ、先程述べたように防犯カメラの有無は犯罪者心理に影響を与えることは確かです。

防犯カメラが設置してあるマンションとそうでないマンション、どちらが侵入しやすいかといえば、当然のことながら防犯カメラが設置されていない方でしょう。

防犯カメラがあれば、自分の行動が記録されているので捕まる確率が高くなるわけですからね。

最大の防犯は良好なコミュニティの形成

オートロックや防犯カメラ、そして24時間のセキュリティシステムなどは、確かに防犯に一定の効果があります。しかし先程から述べているように、それらは決して完璧ではありません。

そもそも「不審者」をどう見分けるのか、それが一番の問題。マンションの規模が大きくなればそれだけ住民の数が多くなるわけですから、知らない顔ばかりというのが実情ではないでしょうか。

たとえ20戸前後の小規模マンションであっても、普段の付き合いなければ住人同士でも見知らぬ人ということになってしまいます。

そこで重要になるのが、良好なコミュニティの形成。平たく言えば、日常的な住人同士のコミュニケーションです。

とはいえ、住人すべてと顔見知りになって普段からお付き合いするというのは物理的、精神的に無理があるでしょう。

ここでいう良好なコミュニティとは、昔の下町における近所付き合いのような濃厚な人間関係ではありません。

もちろん、そういった密度の高い人間関係が構築できれば、それに越したことないのですけどね。しかし、今の時代の潮流には合わないでしょう。

防犯という意味でも、時代に合ったコミュニティの形成は必要不可欠です。近年は管理会社と管理組合が協力しあって、様々な形でコミュニティ形成に尽力しているマンションが増えています。

良好なコミュニティの形成には、根底に住民の意識が同じ方向に向いている必要があります。でもそれは特に難しい理屈ではなく、住人同士の気配りや気遣いといった人として当たり前の意識。

そしてその基本は、普段の挨拶であり声がけなのです。

そういった何でもないようなコミュニケーションが、常日頃から当たり前になっている空気感が大切なのです。そしてそういう空気感は、犯罪者にとっては最も嫌な環境になります。

何故なら、ごく自然な形で不審者が浮き彫りになり目立ってしまうからです。

※マンションコミュニティについての詳細は次回ご案内します!

まとめ

日本は世界の中で最も治安の良い国と言われていますし、現実にそうでしょう。

しかし、だからといって犯罪がないわけではない。なので、防犯を強化する技術は進歩していますが、その一方でコストも高くなります。

ですので、セキュリティが充実しているマンションに住むなら、それなりに高いコストを覚悟しなければならないということですね。

もちろん、セキュリティが充実していることは大事ですし安心感があります。コストを惜しまなければ、高いセキュリティ効果を得られるでしょう。

しかし最終的には、コミュニティを含めた個々の意識が最後の砦になるのではないでしょうか。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top