マンションジャーナル

マンションジャーナル

【知らないと損!】マンションの駐車場形式一覧

【知らないと損!】マンションの駐車場形式一覧

都心部のマンション暮らしに車は無用、そう思っている方も多いでしょう。しかし好立地のマンション暮らしでも、必要があって車を所有している方も少なくありません。それに小さなお子さんのいるファミリーが郊外のマンションで暮らす場合は、必然的に車の必要性は高まります。

一口に駐車場といっても、マンションの場合は色々な型式があります。ということで、今回はマンションの駐車場について、知っておくべき“あるコト”をご案内しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

種類とそれぞれのメリット、デメリット

まず、マンションの駐車場にはどんな種類があるかですが、大きく別けて平置き、立体自走式、機械式の三種類があります。

■平置き

平置きは敷地の平面に車を置くタイプで、殆どの場合は青空駐車になります。一部だけ屋根付きがあるケースもありますが、大概は抽選で料金は若干高くなります。建物の地下に平置きの駐車場がある場合は厳密には自走式なのですが、パンフレットや物件案内には「平置き」と表示されることもあるようです。ただし、地下に駐車場を造るのはコストがかかるので、その分だけ物件価格に上乗せされます。

・メリット

平置きのメリットは、何といっても駐車スペースへのアプローチが簡単で楽なこと。それと、機械式のように車の幅や高さを制限されることが少ない点ですね。

・デメリット

基本的に青空駐車になりますので、風雨に晒されて車の傷みが進みやすいですね。雨の日は、荷物を持って乗り降りするのに苦労しなければなりません。エリアやマンションの戸数にもよりますが、全戸分の駐車場を確保するのは難しいのが現実です。

なので、マンションの戸数より少ない数の駐車場しかないか、立体自走式や機械式と組み合わせて戸数分の駐車場を確保しているケースが多いですね。

■立体自走式

よく郊外のショッピングセンターで見かける、鉄骨で組まれた2階以上の複層になった駐車施設。ある程度の敷地面積は必要ですが、複層階なので平置きよりは台数を多く駐車できます。

・メリット

同じ敷地スペースでも、階数分だけ平置きより多くの駐車台数が確保できます。それと、機械式のような操作は必要ありません。

・デメリット

上の階であれば、駐車するのにスロープを上下する手間がかかります。当然、人間も上下する手間と時間がかかるわけですね。それと、鉄骨で造るわけですから建設コストがかかり、メンテナンス費用も必要になります。

■機械式

機械式は上下2段もしくは3段にパレットを移動させるだけの小規模なものと、タワー式で上下左右のパレットに車を収納し多くの台数を確保できるタイプがあります。

・メリット

狭いスペースでも、多くの駐車台数を確保できる点。タワー式の場合は建物内なので、盗難やいたずらをされるリスクが減るという利点もあります。それと、平置きや自走式に比べて限られたスペースに多くの車を収容できるので、比較的駐車料金が安く設定されているケースが多いようです。

・デメリット

機械式ですから操作が必要なので、煩わしさがあります。特に朝夕には利用者が集中することが多く、入出庫時に待ち時間が発生しストレスになることも。それに、もし停電や故障という事態になれば利用できないという弱点があります。

何より建設コストが高く付き、維持管理費、メンテナンス費が必要になります。老朽化して交換となると、かなりのコストがかかるのが一番のデメリットでしょうね。

好立地の古いマンションは意外と狙い目

東京23区内で、平置きの駐車場があるマンションを探すのは至難の業。好立地の新築や築浅であれば、余程の高級マンションでない限り平置きの駐車場は確保できないでしょう。しかし都内で好立地のマンションでも、築年の古いマンションだと駐車場が平置きというケースは少なくありません。

そして、平置きの駐車場があるということは敷地面積が広いので、マンションが老朽化した際に建て替えしやすいというメリットがあります。それに好立地で建て替えとなれば、高級マンションに大バケする可能性もあります。

駐車場使用権付きの物件

時々、駐車場の権利付きという物件があります。この場合、住戸と駐車場がセットになっているので、基本的に車を所有していなからいらないというわけにはいきません。しかし、こういったケースでは大概は第三者に賃貸することができるので、使用しないなら貸し出せば副収入が得られます。マンションの立地やグレードによっては高い駐車料金が得られるので、かなりの額をローン返済に充てることができます。

マンションによっては利用者が減っている

近年、都市部では車離れが進んでおり、駐車場の借り手が減って空きが出ているケースもあります。その要因は色々ですが、住人が高齢化して車を手放すケースが多いようです。

駐車場の借り手が減った場合、平置きなら然程問題はありませんが、機械式の場合は維持費や修繕費が足りなくなるという現象が起きます。その対策として、住人以外に駐車場を貸し出すマンションもありますが、セキュリティや管理面で問題がないわけではありません。そのため、住人の同意が得られず苦慮している管理組合もあるようです。

まとめ

アクセスや生活の利便性の高い立地にあるマンションほど、一般的に車の必要性は低くなります。とはいえ、車好きや仕事で必要な方にとっては別な次元の問題。車を所有する以上、駐車場は必須です。もしマンション暮らしで車を所有するなら、どんな駐車場なのか事前に調べておきましょう。使い勝手や費用などを良く確認しておかないと、入居してから後悔することになりますからね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top