マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションでペットを飼うなら、絶対に押えておきたい注意点とは

マンションジャーナル最新記事

More
マンションでペットを飼うなら、絶対に押えておきたい注意点とは

よく「動物好きに悪い人間はいない」、そう言う人がいますよね。では、ペット禁止のマンションで、内緒でペットを飼う人はどうなのでしょう。自分の個人的な思いを優先させてルールを破る、そんな人間を良い人だと思う人はまずいないでしょう。

マンションという集合住宅で暮らす上で、人様に迷惑をかける行為は慎まなければなりません。仮にペット可であったとしても、動物を飼う以上は周りに対する気遣いは必要です。ということで、今回はマンションでペットを飼う際に、飼い主として押えておきたい心得をご案内しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション独自の「ペット飼育細則」を確認・順守

マンションでペットを飼う8

一口に「ペット可」と言っても、マンションによって個々に決まりがあります。それがマンション独自の“ペット飼育詳細”です。まずは、ここに定められたルールに則ってペットを飼うのが基本。そして、管理組合に所定の手続きを以って届け出し、飼育の許可を得なければなりません。

マンションの「ペット飼育細則」には、かなり細かく規則が定められています。飼育可能な種や大きさ、散歩の際のルールや出産時、死亡時における処理の仕方などなど。色々と細かい規定がありますが、一番大事なのはペットの所有者が責任を持って飼うこと。

犬の場合は狂犬病の予防注射は当然の義務なのですが、獣医師による健康診断を年1回以上受けさせなければならないという規定もあります。中には犬猫の場合は避妊、去勢をするよう努めるという条項が記されている場合もあります。

また、バルコニー等で給餌、排尿、排便、ブラッシング、抜け毛の処理をしないといった規定など。飼い主にとっては、けっこう厳しいものがあります。何れにしても、何かペットによるトラブルがあれば、飼い主は責任を追求されます。

マンションの場合は一戸建て住宅とは環境が違うので、子供の情操教育に良いとか可愛いからと、安易にペットを飼うことはやめておいた方が無難ですよ。無責任に飼育すると、自分の可愛いペットがトラブルメーカーになりかねませんからね。

動物が苦手な人の気持ちに配慮する

マンションでペットを飼う4

動物好きで一緒に暮らしていると気にならない臭いでも、ペットを飼っていない人や苦手な人にとって動物の臭いは気になるもの。特に糞尿の臭いに嫌悪感を示す人は少なくありません。なので、バルコニーなどでは糞尿禁止になっているわけです。

広い庭のある住宅でも、動物の糞尿の始末は大変です。それがマンションとなると、尚更のこと。周りの住戸に迷惑をかけないようにするには、その分だけ飼い主の負担が大きくなります。

散歩に連れて行くにしても、エレベーターや廊下などの共有部で注意しなければなりません。小型犬で愛らしい姿をしていても、苦手な人にとっては脅威に感じることがあるのです。大型犬なら尚更で、大人でもそうですが動物に触れた経験のない小さな子供の中には異常に怖がる子もいます。

小型犬なら大丈夫と思いがちですが、どちらかというと小型の犬種はよく吠えるのが難点。何れにしても、犬を買うなら普段の躾が大事です。

自分にとって可愛い存在だからといって、必ずしも万人が同じ思いで見ているとは限りません。遊んで欲しくて愛想よくシッポを振りながら自分に近づいてくる犬の姿を見て、わけが分からずに恐怖を感じる人がいるということを知っておいてください。

犬猫の他にマンションで飼いやすいペット

犬や猫と違って基本的にゲージの中で飼育できて散歩も不要、しかも鳴き声で他の住人に迷惑をかける心配のないペットをご紹介しましょう。

モルモット

マンションでペットを飼う3

ほぼ鳴き声がなく愛らしいのがモルモット。体長は30センチほどで、ハムスターに比べて大型なので抱っこしがいがあります。基本的に夜行性ですが、飼育環境次第で昼行性になります。

専用のゲージがあれば飼育でき、寂しがりやで人懐っこく甘えてきます。毎日ゲージを掃除してあげれば臭いは殆どなく、飼いやすいペットです。ただ暑さや湿気に弱いので、空調には気をつけてあげる必要があります。

フェレット

フェレットをマンションで買うphoto by  pepy

体長は40センチほどで人に良く懐き、一緒に遊ぶことができます。毛が抜けやすいので、小まめにブラッシングしてあげる必要があります。ただ、ちょっと臭いがキツイので、臭腺を取った証明書が付いている個体を選ぶのがポイント。

犬と同じくフェラリアに掛かるので、予防注射が必要です。それと、トイレのトレーニングをしないと糞まみれになってしまいます。

ウサギ

うさぎをマンションで飼う

最近は色んな種類のウサギがペットショップで売られていますが、ネザーランドドワーフは体長30センチくらいの小型で飼いやすい種です。ただし、雑種のネザーは大きくなるので念のため血統証付きを買った方が良いでしょう。

ウサギだけあって足の力が強く、フローリングで遊ばせていると下の階に迷惑をかける恐れがあります。なので、遊ばせる時はカーペットなど、何かクッションになる物の上が良いでしょう。糞の匂いは然程ではありませんが、オシッコは臭うので小まめにトイレの掃除をする必要があります。

鳴き声が殆どなく散歩の必要がないとはいえ、飼育する際はちゃんとルールに則って管理組合へ届けて許可を得てくださいね。

まとめ

マンションでペットを飼う2

どんな種であろうとペットは生き物であり、彼らにとっての命綱は飼い主であることを忘れないでください。なので、かかりつけの動物病院を決めておくと良いでしょう。

ペットとして飼育するということは、彼らの命を預かることでもあります。そして、ペットの行動の責任は飼い主にあることを自覚し、ただ可愛いと甘やかすのではなく、ちゃんと躾をし家族の一員として仲良く暮らしてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top