マンションジャーナル

マンションジャーナル

【中古マンション購入術】買うなら管理が行き届いたマンションを買え!

マンションジャーナル最新記事

More
【中古マンション購入術】買うなら管理が行き届いたマンションを買え!

管理が行き届いていないマンション。購入前にチェックをして、できれば購入は避けたいものです。たとえ、環境や間取り、物件価格などが満足行く物件だとしても、暮らしていくうちにトラブルを抱えることになりかねません。トラブルが起きそうな、管理不能のマンションを見極めるチェックポイントをご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

管理がきちんとされているマンションかをチェック!

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s購入を検討している分譲マンションを見学する際、共用施設についてもしっかり確認しましょう。共用施設については、以下のような気になる部分がないかも確認することが必要です。

エントランスの掲示板がきちんと使われているか

エントランスにある、住民への掲示板には管理組合からのお知らせや、地域情報が掲示されています。それらがきちんと貼られているか、期限が過ぎたものがはずされず残っていないかなどで、管理体制の良し悪しを感じ取ることができます。何も貼られてなかったら・・・それはそれで不安です。

共用施設の清掃がきちんとできていない

エントランスや外廊下、マンションの周囲など、清掃がきちんと行われているかを確認します。ごみが散らかっていたり、ポストからちらしがこぼれて散乱したままでは心配です。

階段など共有施設の照明の電球が切れたまま

外階段の照明は時間で一斉につくところが多いです。電球が切れていたり、点滅しているのは、大規模マンションほど目立ちます。すぐに気付いて管理人さんが替えてくれるところは良いのですが、いつまで経ってもそのままなマンションは管理体制がいまいちと言えます。

自転車の駐輪場側の鍵が施錠されていない

表のエントランスはオートロックでも、裏の駐輪場の出入り口の鍵は住民が面倒がって解除されたままというマンションがあります。不審者が入り込むことを許してしまいますので、そういうゆるいマンションは心配です。

ごみ回収後の清掃がきちんとできてない

ごみ置き場のごみが回収された後、管理人さんがきれいに掃除をしているか。きちんと掃除をしていないと、臭いが残ってしまって近隣にも迷惑をかけ、近隣とのトラブルになりかねません。

粗大ごみがいつまでも放置されたまま

粗大ごみの出し方のルールを守らず、添付シールを購入せずにそのままごみステーションに出しているマナー違反の住民と、それについて対処せずに放っておく管理組合。先が思いやられます・・・

防犯ビデオが必要か所に設置されているか

不審者の侵入に対処するため、きちんと防犯ビデオが設置され、管理人室でチェックされているかを確認しましょう。

都内のマンションにお住まいの方の例ですが、自転車置き場で盗難に遭い、防犯ビデオを見せて欲しいと管理人さんに頼んだら、「自転車置き場のカメラはダミー」と言われたと憤慨していました。管理組合で、費用面で全てに防犯カメラを設置するのを躊躇し、一部を防犯カメラのダミーにしたのだそうです。ダミーでも抑止力にはなるかもしれませんが、できれば全箇所に設置できる財政力のある管理組合がいいですね。

管理組合がきちんと機能しているか

d3a31646188586c8b13d7f3331097fb3_s管理組合がしっかりしているかを確認するためには、管理組合の総会資料を見せてもらうといいでしょう。きちんと総会が開催されているか、議事としてどんな話し合いがされているかなどを確認しましょう。また、分譲時に計画されている「長期修繕計画」を確認し、それに見合った「修繕積立金」が計画的に蓄えられているかを確認するといいでしょう。

管理会社がしっかりしているか

bsPAK93_kamikoppudekiku20140322マンションの管理業務は、一部または全部を管理会社に委託しているところが多いです。どのような管理会社に頼んでいるかも確認しておきましょう。普通はマンション分譲会社の関連会社が請け負っている場合が多いですが、管理不十分であれば管理組合で話し合って管理会社を変更することも可能です。

管理員は24時間常駐か、日勤、巡回か、また大規模マンションではお掃除をするスタッフや警備スタッフが他に何人いるかなども確認が必要です。

管理員(管理人さん)は管理会社から派遣されますが、その人の能力によってもマンションの状態は違ってきます。たとえば元警察官の管理人さんで、住民間のトラブルをうまく話し合いで解決させたとか、元小学校の先生で住民の子ども達に人気があり、子どもの異変にもすぐ気づいてくれるなど、管理員は社会経験が豊かな高齢の方がつく場合も多くので、良い管理人さんに当たるとマンションがより住み良くなります。

管理組合の理事はしっかり管理会社や管理人さんとコミュニケーションを図り、今日録体制を築く必要があります。中古マンションの見学の際には、管理人さんとも言葉を交わしてみることをおすすめします。

まとめ

新築のマンションでも管理体制がよくなければ、不具合箇所が目立ってきて値段はすぐ下がってしまいます。きちんと管理された中古マンションの方が値下がり率は断然低く、資産価値においても住みやすさにおいても優れていたりします。どう管理されるのかわからない新築マンションを買うより、管理体制の良さを自分の目で確認して、中古マンションを買う方が安心と考える方もいるほどです。

中古マンション購入の際は、ぜひ管理体制についてもしっかりチェックしてみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top