マンションジャーナル

マンションジャーナル

【中古マンション】値引き交渉を成功させる3つのポイント

マンションジャーナル最新記事

More
【中古マンション】値引き交渉を成功させる3つのポイント

こんにちは。マンションコンサルタントの針山です。

前回の記事では、マンション購入の値引きを成功させる大前提として住宅ローンの事前審査が大事だというお話をさせて頂きました。今回は具体的なマンション値引きのテクニックをお伝え致します。

前回記事はこちらです。

中古マンションの値引きを引き出す最重要ポイントとは

 

それでは早速見ていきましょう。

秘訣1.売主から信頼感を勝ち取る

不動産は必ず所有者がいます。居住用マンションの場合、その所有者は個人のことがほとんど。

人間とは面白いもので、物事を「損得」だけではなく、「好き嫌い」でも選びます。直感的に「この人のことは好きだな」と思うと、その人と取引したいと思うものです。売主さんに自分を好きになってもらうことで、交渉が上手く行きやすくなるのです。

デール・カーネギーの名著「人を動かす」では、人に好かれる6原則を下記のように書いています。

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔で接する
  3. 名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない
  4. 聞き手にまわる
  5. 相手の関心を見抜いて話題にする
  6. 誠意をこめて重要感を与える

マンション内覧の際には、売主さんが立ち会うケースが多くあります。なるべく6つのポイントを意識して、売主さんから信頼感を勝ち取ってください。

秘訣2.売主の状況をチェックする

内覧の際や、営業担当からそれとなく売主さんの状況をヒアリングして見てください。主にチェックしたいのは以下の項目です。

  1. いつから売りに出しているのか
  2. 買い替えかどうか
  3. 買い替えの場合、もう既に新居を買っているか

「1.いつから売りに出しているのか」をチェックすることで、売主さんの焦り具合を推測することが出来ます。売りに出てから1~2ヶ月しか経ってないような物件は値引きが難しいケースが多いです。

「2.買い替えかどうか」「3.もう既に新居を買っているか」をチェックすることで、売主さんの懐具合を推測することが出来ます。ちょっといやらしい話ですが、既に新しい家を購入している場合はダブルで住宅ローンを支払うことになり、余程余裕がある人でないと居住費の支払いが厳しくなります。

この場合、少し安くしても早めに売却を終わらせてたいというモチベーションが高まる傾向があります。

秘訣3.ライバルがいないことをチェックする

いくらこちらが色々考えても、他からもっと値段の高い購入申し込みが入ってきてしまったら元も子もありません。

「先にこっちが購入申し込みをしたんだ」と言っても、どの購入申し込みを受けるかは売主さん次第。値引きに固執するあまり、欲しい物件を買い逃してしまうのは本末転倒です。

値引き交渉をする際は、担当営業を通じて、常に競合状況をチェックするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。中古マンションにも値上がりの波が押し寄せる昨今。少しでもお得にマンション購入をして頂ければと思います。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top