マンションジャーナル

マンションジャーナル

広告でよく見かける「月額◯◯円でマイホームを購入!」って本当なの?

マンションジャーナル最新記事

More
広告でよく見かける「月額◯◯円でマイホームを購入!」って本当なの?

マイホーム購入を検討されている方には「月額〜円で購入可能」の広告は、とても魅力的に映ります。今住んでいる賃貸物件の家賃よりも安いケースも少なくありません。そこで今回は、これらの広告の信憑性と注意点に迫ります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

月々たったの8万円でマンション購入!?

広告で見かけた「月額8万円で新築マンション購入!」の文字。魅力的ではあるものの、何か裏があるのでは?と不安になります。そこで実際のシミュレーションを通して、検証してみます。実際に見かけたとある物件を事例に挙げてみます。

新築マンションA
  • 価格…2950万円
  • 頭金0円、ボーナス返済0円
  • 金利…0.775%(変動)
  • 返済期間…35年
  • 月額返済…8万216円

マイホーム購入が8万円で出来るというのは事実でした。夫婦でそれなりの賃貸マンションで生活している方には、現在の家賃よりも安いケースすらでてきます。つまりは、「月額〜円で購入可能」の広告はすべて真実だということです。

落とし穴はないのか?

消費者からすると、なぜこのような物件が怪しく見えるのか?それは、魅力的過ぎるため、何か裏がないのかと心配になるのです。しかし、これらの物件は、欠陥があるわけでもなく、一般的な住宅と何ら変わりはありません。

強いていうならば、「変動金利」を選択したくない方には、お勧めができないという点です。低金利だからこそ月額返済額を抑えることが出来ています。少し無理をして契約してしまえば、金利が上がってしまい、返済額が跳ね上がってしまうという最悪のシナリオも考えられます。

住宅ローンが月額8万円なだけ!?

マンション購入で気を付けるべき点は、諸費用をシミュレーションに含んでおくことです。月額8万円の出費であれば…と食いついた方も、実はここに落とし穴があります。購入に際して発生する仲介手数料や保証料、保険料などはもちろん、頭金が必要になることもあります。607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_sそして何より毎月発生する管理費、修繕積立金、駐車場使用料で月額、数万円が必要です。また毎年発生する、十数万円という固定資産税も忘れてはいけません。賃貸物件と同等金額の負担だと勘違いしてはいけません。住宅ローンの月額負担が、賃貸物件の家賃と同等であることは間違いありませんが、プラスαの費用が発生してしまいます。

まとめ

広告の数字は嘘をついていません。しかし、その裏には諸費用は別途発生するのだという暗黙の了解があります。住宅ローンの返済額だけに気を取られてしまうのではなく、マイホーム購入には、「月額いくらの出費がかかるのか」「初期費用や年額発生の費用は何か」を把握しておかなければいけません。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ 

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top