マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【クローゼット収納】これだけ読めばバッチリ!クローゼット収納術&使い方の実例集

【クローゼット収納】これだけ読めばバッチリ!クローゼット収納術&使い方の実例集

みなさんはクローゼット収納を有効活用できていますか?クローゼットは洋服を選ぶために毎日利用しますし、快適に使用したいですよね。

筆者も服が増え過ぎて一時期はクローゼットがめちゃくちゃなことになってしまっていましたが、基本的な収納術を学んだだけで驚くほど服選びが快適になりました。

この記事ではクローゼット収納を有効活用する収納の基本と収納アイデアの実例集をご紹介します。「クローゼット収納がうまく活用できない…」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

クローゼット収納の基本的な活用術

クローゼット収納 出典:https://www.iris-interior.com/mainichi/64.html

以上の図がわかりやすいかと思いますが、さらに言葉でも簡単にまず説明していきます。

まず、フックにかける形の洋服は左右どちらかから長さ順にかけてあげましょう。これは、見栄えをよくするだけでなくて、丈の短い衣類をかけた時にまとまったスペースを下に作ることができることにもメリットがあります。

まとまったスペースがあると、そこに新たに収納ボックスなどをおくことができます。

また、二つ並べて入ると思ったのにまさかの採寸ミスで入らない!なんてこともあるかもしれません。そんな時は、引き出しと外枠を別々に使うといいかもしれません。単純に収納できる量も二倍に増えるので、もしもの時はやってみてください。

クローゼット収納基本術①自分に合うレイアウトを考える

クローゼット収納を考える上で大切なのが「自分にはどのようなレイアウトが合っているか」を考えるところからはじめましょう。

例えばビジネス用とプライベート用の服装が別れているのであればクローゼットの中でそれらを分けるのもいいでしょうし、「色に合わせて分けた方がわかりやすい」という方もいるでしょう。自分にとって快適な収納方法を見極めましょう。

洋服管理のしやすさ、出し入れのしやすさから考えると、すべての洋服をハンガーに吊るせるのが理想。でも、スペース的にそうもいきませんよね。空間を有効に使うなら「かける収納」と「吊るす収納」を組み合わせましょう。

クローゼット収納基本術②自分が持っている衣類を知る

次は持っている服の大きさがだいたいどれくらいのものがあるか知りましょう。クローゼットの中は奥行きはもちろんクローゼットの高さを上手に利用することもとても大事です。
また、服はついつい捨てられなくて、多くなっていってしまうものですよね。そんな時は衣替えの時に毎回自分の心と相談して断捨離をしていきましょう。

クローゼットの下にボックスを置いて利用される方も多いと思いますが、ボックスが高くなりすぎてコートの裾が溜まってしまうと本末転倒。あらかじめハンガーで吊るしたいものの丈を確認した上でその余白をいかにいかすかを考えるようにしましょう。

クローゼット収納基本術③基本的な収納方法を知る

意外と知られていないのですが、衣類の基本的な収納方法は

  1. 吊るす
  2. 立てる
  3. 箱に入れる

の3つ。これらの方法を組み合わせて収納することで視認性が高く、全体を見回しやすいクローゼットに仕上がります。

①Tシャツや靴下などたたみじわを気にする必要がない衣類と、②重みのあるニットなどのハンガーにかけると伸びてしまう衣類は収納ボックスに入れるのがおすすめです。その収納ボックスに入れる時も基本的には立てて収納していきましょう

クローゼット収納アイデア実例集!

ここまででクローゼット収納の基本的なアイデアをご紹介しました。お次はご自宅で実践できるクローゼット収納の実例集をご紹介していきます。

ユニットシェルフをクローゼットに設置して収納力を上げる!

クローゼットに無印良品のユニットシェルフを設置。ユニットシェルフにワードローブバーを追加すれば、 洋服収納として利用が可能に。

無印良品のユニットシェルフはオプションパーツがて充実しているので様々なシーンに応じたクローゼット収納が展開可能です。

>>無印良品のユニットシェルフを徹底紹介した記事はコチラ!

ダボレールを利用して、高さを調節できる棚を壁に設置

 

ダボレールと呼ばれる棚柱を使うと何もなかった壁が収納スペースの早変わりします。棚受けと組み合わせて使用します。ホームセンターにご用意があります。

ダボレール

こちらがダボレール用の棚受け。ダボレールの穴にひっかけ、その上に棚を載せて使います。

ただし、壁面が石膏ボードの場合、設置に注意が必要です。

>>石膏ボード壁の設置法と種類についてはコチラ!

IKEA の衣類収納システムを使う!

IKEAのクローゼット収納システム出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/hallway/11466/

パーツを自由に選べるので組み合わせは無限。ご自宅のクローゼット収納に合わせて使えます。

クローゼットにカラーボックスを組み込む!

クローゼットの中に背の高いカラーボックスを組み込こんで収納力をアップ。なにがどこにあるかひと目でぱっと見渡せますね。背の高いカラーボックスを奥に揃えて設置するだけで、格段に収納スペースがひろくなるのです。

クローゼット上段の使い方を工夫して収納力をあげる!

クローゼット収納のカギを握るのが上段部分。高さがあり、出し入れしにくい部分なので、日頃使わないものを収納するのがオススメです。

ポイントは軽い収納グッズを使うことと、取っ手などのつかむ部分が届くところにある収納グッズを選ぶこと。 収納グッズが重いと出し入れのとき、取り扱いにくいので危険です。また、重すぎるものを収納するのもおすすめしません。

収納ボックスの規格をそろえてスッキリみせる

セリアの『Plenty Box』を設置した様子です。規格がそろっていると美しく見えますよね。
収納をするときに大事なのは、使いやすい環境でもいかに綺麗に収納できるかです。

収納する大枠のボックスなどの種類や色、大きさを揃えるだけですっきりとした印象になります。

布素材のボックス

無印良品の『ポリエステル綿麻混・ソフトボックス』を利用した上段収納です。取り出しにくい上段にものを収納するときには、1つ1つにとってのついているボックスを使うと楽チンです。

無印良品収納ボックス出典:http://www.muji.net/store/cmdty/section/S00817

布素材の収納アイテムは軽く、もし落としても衝撃もないので上段収納に適しています。

クローゼット上段にはシーズンオフの靴を入れるのもオススメ

クローゼットの上段は高さがある上に奥行きも比較的広いので、どうしても使いにくいですよね?女性の身長であれば特に使いにくい範囲だと思います。
また、下駄箱に靴がおさまりきらなくて玄関に出しっぱなしにというのも、ありがちな悩みですよね。

この2つの悩みを一気に解決してくれるのは、クローゼット上段に冠婚葬祭用やシーズンオフの靴を収納する方法です。
靴は想像しているよりもかさばったり奥行きがあったり収納が大変です。でもこのスペースの使い方なら上手くいきそうではありませんか?

IKEAシューズボックス出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/90193382/#/80186396

IKEA のシューズボックス。フロント部分がメッシュなので中身が一目でわかります。靴箱におさめたときの「あれどこいった?」をする手間が省けます。

100円タッパーを利用

ダイソーの食品用タッパーを並べて。ホワイトで揃えると統一感があり、とてもタッパーに見えません。最近また流行り始めているラベルライターを使い、中身の表示をしてわかりやすくするとさらにいいですね。

テープライターは持っていないけど、中身がわからないと大変!と思う方は、タッパーは透明のものでもいいのですがどうしても中身のいろいろな色が見えたり、文字が見えたりすると、綺麗に収納されていないように見えてしまいがちです。

マスキングテープに手書きで書くのでも十分可愛く綺麗にできるので、テープライターを持っていない方でも透けないタッパーに入れて、ラベルを貼ることをおすすめします。

プラカゴでざっくり収納

大きめのプラスチックのカゴを利用して収納。あまり細かく中身を分別したくない人向け。

クローゼットに上段がない場合はつっぱり棒を棚にする!

お住まいの住居に上段付きのクローゼットがなければ、つっぱり棒とワ イヤーネットを組み合わせましょう。簡易的な棚になるので、軽いものの収納ならこれで十分です。

クローゼット内で引き出し収納を使う

たたむ収納には欠かせない引き出し収納ケース。クローゼットの収納力アップには欠かせない存在ですので、上手に使いたいですね。

ラべリングで中身を明示する

ポールに吊るすよりたくさんの量がしまえる収納ケース。しかし、中身が見えないので、どこになにがあるかわからないのが欠点です。ラベルを表示して、家族にも自分にもわかりやすくしましょう。

ステンシルを利用する

ステンシルでおしゃれに中身を表示するのもグッドです。

引き出しにストールを収納

筒状の自作ラベルにストールを通した美しいストール収納。T シャツなども丸めて立てて並 べると、引き出しをあければ何がどこにあるか一目瞭然。引き出しを開けるのが楽しみに なりそうですね。

小物収納もクローゼットにまとめる

意外とおろそかになりがちなのが小物の収納。小物があふれることでクローゼットが混乱に陥るということもよくあること。臨機応変に対応したいですね。

バッグを吊るして収納

バッグを吊るす出典:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/shuunou/easycloak.html

側面にパイプを取り付け、S 字フックでひっかけてバッグを収納する方法です。

S字フックは100均で簡単に手に入れることができます。また、パイプを取り付けるのが面倒な方は、ツッパリ棒をかけられる場所などに同じように収納してみましょう。

どちらも面倒くさい!という方には、シール式のフックなどを取り付けたりすれば壁を傷つけずに簡単にバッグなどをかけられます。100均でも、2キロほどの重さまでなら対応しているものが売っていますので、空のバッグ程度ならそれでも十分です。

また、壁に穴を開けるタイプのフックもあり、そのようが制限重量が重かったりすることも多いので、ご自身のお家と相談してどちらが適しているのがを選んでみてください。

靴の収納

靴は収納しづらい代表的なアイテムではないでしょうか。たたんだり形を変えることができないだけではなく、玄関はジメジメとしてしまいがちだったりと問題は山積みでどうしたらいいのかわからないと思う方も多いのではないでしょうか?

靴の賢い収納方法として、書類ホルダーを活用する、100均の専用箱を利用するなどの工夫があります。また、靴もいつの間にかキャパオーバーしてしまいがちですが、捨てる前に季節に合わない靴が出ていないかどうかチェックしてみましょう。

収納をする上でも、余裕のある収納は大事ですが、季節に合わない靴をしまうだけでスペースが空くご家庭もたくさんあります。
おしゃれが苦手な人の中には、季節感のない格好をしてしまっている場合が多いです。靴を季節ごとにクローゼットなどに収納してしまえば、合わない靴を選ぶことのないので、季節にあったコーディネートができるようにもなります。

つっぱり棒と、無印の『ステンレスひっかけるワイヤークリップ』の組み合わせ

ワイヤークリップ出典:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315002474?searchno

クローゼット扉にフック式のラックをかける

この無印良品の引っ掛けるワイヤークリップはとても有能な商品です。無印良品自体とてもいい商品が多いのはみなさんご存知かと思いますが、この商品もチェックすべきです!

今回はクローゼットの扉にラックを設置してベルトを収納してみる方法を紹介します。省スペースで便利です。

帽子も吊るして収納

これもワイヤークリップを使った収納例です。帽子はかさばるので、重ねてしまうのもいいですが、吊るすとおしゃれに見えますね。また、型崩れを防ぐことができるので、帽子を長持ちさせることができます。クリップの部分にあとがつくのがきになる方は、間にコットンなどの緩衝材を挟むをいいでしょう。

余談ですが、私自身もこの商品を家で使っています。私の家の場合は、お風呂場でチューブタイプの洗顔フォームを吊り下げたり、洗顔ネットを吊り下げたり、掃除用のスポンジを挟んでかけておいたりしています。

洗顔フォームは常に吊り下げていて、下を向いている状態なので、内容が少なくなってもすぐに押すと出てきてくれたり、濡れたままのスポンジを普通に置いておくとカビが生えたりしがちなのに、きちんと乾くところなど、有能ですよね。

このようにクローゼット以外にもたくさん使いどころがあるので、たくさんあって損はないです!
>>無印良品のオススメグッズをネットで見てみる

クローゼットではない部分をクローゼットみたいに使うことも?

住居の事情でクローゼットがない、というお宅もあることでしょう。タンスを買う前に市 販のクローゼットロッカーを検討してみてはいかがでしょうか。

クローゼットロッカー

出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/S09127410/

こちらはIKEA のカスタマイズワードローブシリーズです。壁面に設置すれば、クローゼットのない家にクローゼットが出現したかのようになります。

無印良品のユニットシェルフも同様に利用することができます。

私の収納術

収納術ちなみに、私のお気に入りの収納術も紹介していきます!私の家のクローゼットはだいぶ縦長のクローゼットだったので、デッドスペースに困っていたのですが、これで解決しました。

もともとうちには、服を吊り下げるようのラックが1本取り付けてあったので、そこに左右の端にS字フックを取り付けてその下側に100均で売っているプラスチックのチェーンを下げて、ちょうどいい長さのところにもう一つS字フックを取り付けて、その上にツッパリ棒を掛けます。

そのツッパリ棒にもS字フックを掛けて、そこにはバッグをかけています。
デッドスペースを有効に活用できるし、潰れてしまったりすることもないので、おすすめです。

また、S字フックの距離を変えたり、チェーンの長さを変えたりすることで、二重に作れたりするのでぜひやってみてください!

ウォークインクローゼットは適度に間を空けた収納を

ウォークインクローゼット(WIC)は、通常のクローゼットと比べてデッドスペースが生まれやすいです。

デッドスペースを減らすコツとしては、ウォークインクローゼット内にはなるべく開け閉めが必要な家具は置かないことです。

ですが、デッドスペースを全く無くしてしまうと、通気性が悪くなりカビが生えやすくなります。衣類を長持ちさせるには適度なデッドスペースも大切です!

まとめ

洋服選びの際に何がどこにあるのか見渡しやすいことも、クローゼット収納では大切ですよね。洋服が目の届くところ以外にあると、全く着る機会がなく死蔵品になる確率が高まってしまいます。

クローゼット収納という、限られた空間を有効活用するとともに、わかりやすい収納をめざしたいものですね。

また、クローゼットに限ることではありませんが、ご自身の管理できるものの量というのはある程度決まっています。
それは、ご自身のお家の収納場所という意味でも、ご自身の認識できる物の量というどちらとしての意味も

最近ではミニマリストという言葉もあるほど、持たない暮らしが流行っています。

マンションジャーナルではミニマリストが送る片付けが上手くなるための本をご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top