マンションジャーナル

マンションジャーナル

低層マンションが人気?その魅力と5つのメリット!

マンションジャーナル最新記事

More
低層マンションが人気?その魅力と5つのメリット!

大規模なタワーマンションとは様々な点で対象的な低層マンション。タワーマンションのような派手さはありませんが、低層ならではの魅力に惹かれる人も少なくありません。

今回はこのところ注目を浴びつつある低層マンションの魅力と、6つのメリットをご紹介しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

低層マンションの特徴と魅力

そもそも何故、低層なのか。デベロッパーからすれば、なるべく住戸数を多くしたいのが本音。にもかかわらず低層マンションを建設する理由は、低層住居専用地域で高さ制限という法的、物理的制約があるからです。

細かく言うと第一種・第二種低層住居専用地域で、大概の場合は高級住宅街。なので、通常なら一戸建てを建てるエリアということです。高級住宅街の一戸建ては高額ですが、低層とはいえ集合住宅なら分譲価格は割安になります。

比較的割安なコストで、高級住宅街に戸建感覚の住空間が確保できるわけです。高級住宅街の一戸建ては高嶺の花でも、低層マンションなら手が届く。それが、低層マンションにおける最大の魅力と言えるでしょう。

メリット1.戸建に比べて税金が安い

スクリーンショット 2016-02-29 10.19.11

一戸建ては無理でも、低層マンションなら高級住宅地の住宅に手が届く。それは魅力でありメリットなのですが、それとは別にお得なのが固定資産税。

なにしろ土地価格が高い地域ですから、購入価格はもとより土地にかかる固定資産税が高額になります。しかし集合住宅ですから土地の持分は少ないので、土地に課せられる固定資産税を大幅に削減できるというわけです。

建物の固定資産税は経過年数に応じて減価されていきますが、土地は別。土地の場合は路線価を基準にして「課税標準額」が決まるので、路線価が下落しない限り税額が減価されることはありません。

固定資産税は、不動産を所有している間は払い続けなければなりません。高級住宅地に住みながら、土地にかかる固定資産税の心配をしなくて済むというのは大きなメリットといえますね。それに相続税も土地の持分が少ないので、一戸建てに比してかなりお安くなります。

メリット2.災害時に安心

いくら低層といえ、今時エレベーターのないマンションなんてありません。でも、停電や機械の故障でエレベーターが止まってしまっても、低層マンションなら階段を使ったところで然程の苦にはならないでしょう。しかし、タワーマンションのエレベーターが止まったら、高層階の住戸は大変なことになりますね。大地震や火災の際に高層階から避難するのは、さぞかし大変でしょうね。

低層マンションなら大地震が起きても比較的避難は容易ですし、火災が起きても建物の周りにゆとりがあるので延焼のリスクが低い。それに住宅地ですから、避難場所の公園や緑地も近場にあります。その意味では、地震などの災害に強いと言えますね。

メリット3.閑静な住環境

スクリーンショット 2016-02-29 10.17.16

低層住居専用地域では、建てられる建物に制限があります。基本的に商業施設はNGですから、パチンコ店や風俗店が入るような雑居ビル、工場などが建てられることはありません。なので、不特定多数の人が入り込むことが少なく、閑静な住環境が保証されるわけですね。それによって、セキュリティ面も比較的安心ということになります。

空き地に隣接していたとしても、高い建物や賑やかな商業施設ができて環境が一変するという心配はありません。周辺環境が大きく変化することなく快適な住環境が保たれるということは、同時に資産価値も保たれるわけです。

メリット4.良好なコミニティを形成しやすい

スクリーンショット 2016-02-29 10.15.14

タワーマンションや商業地域にある大規模マンションの場合、間取りが様々で住人の属性や価値観が違うケースが多くコミュニケーションが取りづらいという側面があります。しかし低層マンションの場合は比較的小規模なケースが多く、住人の数が少ないうえに似たような価値観の人が集まる傾向があります。

ですので、住人同士が顔見知りになり良好なコミュニティが形成される環境が自然に生まれることになります。その結果、住人同士のトラブル発生のリスクが少なくなり、快適に暮らせるわけですね。それが不審者の侵入を妨げることにもなり、セキュリティの強化にもつながります。

メリット5.間取りが使いやすい

スクリーンショット 2016-02-29 10.14.07

多くの場合、低層マンションでは壁式構造を採用しています。この構造は梁や柱が出っ張らないので、室内はすっきりして家具などのレイアウトがしやすくなります。高層マンションのような免震や制振は採用せず、一般的な耐震制なので壁式構造が適しているということもあります。

壁式構造の欠点は壁で建物の強度を担保しているため、間取り変更に制約があること。そのためか、低層マンションは永住型のプランで設計されることが多いようです。なので、低層マンションを選択する人は、長く住み続けることを想定して購入する傾向が強くなります。

まとめ

一戸建てに比べれば割安ですが、マンションという観点では低層マンションは割高になります。そして、住戸数が少ないので管理費も割高。それを承知で購入するわけですから、投資物件として考える人はまずいません。ということは、余程の事情がない限り賃貸することはないので、住人の流動性が低くなります。

住人の入れ替わりが殆どないということは、良好なコミュニティが保たれている環境といえます。静かな環境でゆったりと暮らすことに価値を見出す人にとって、良好なコミュニティは大きな魅力でしょう。

何に価値を見出すかは、人それぞれ。高級住宅地の一戸建てと比べれば割安でも、一般的な大規模マンションと比べたら物件価格や管理費は割高になります。何と比べるかで、価格的な評価も変わってきます。

価値観によって低層マンションのメリットは、そのままデメリットになるかもしれません。しかし、高級住宅街の暮らしに価値を見出す人にとって、低層マンションは魅力的な存在であることは間違いないでしょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top