マンションジャーナル

マンションジャーナル

さぁ、冒険にでかけよう!!秘境アマゾンをクルーズする豪華船ホテル

マンションジャーナル最新記事

More
さぁ、冒険にでかけよう!!秘境アマゾンをクルーズする豪華船ホテル

南米アマゾン川は、ブラジルやその周辺国の熱帯雨林の中を流れてやがて大西洋に注ぐ世界最大の川です。沢山の支流があり、それらを含めてアマゾン川と呼び、熱帯雨林とアマゾン川には様々な動植物が息づいています。このアマゾン川を船で旅すると聞くと、スリルあふれる探検隊のイメージがありますよね?スリルがあり面白そうだけれど、危険も沢山あるし、何より衛生面が心配・・・。

ところが、5星ホテル並みの設備と、ホスピタリティー溢れるサービスを受けられる豪華客船に乗って、優雅にクルーズするアマゾンリバークルーズがあることをご存じでしょうか?ペルーのアマゾン川を航行するこのデルフィン・アマゾン・リバー・クルーズ(Delfin Amazon River Cruise)は、豪華客船で行く安心快適のクルーズなのです。素晴らしい料理や最近人気の南米ワインに舌鼓を打ちながら、アマゾン川の暮れゆく夕焼けを眺める・・・そんな優雅な船旅にご案内しましょう。

人気のアクア・エクスペディションズの船旅

slidePic03

アクア・エクスペディションズ(Aqua Expeditions)は2007年に設立されたリバークルーズ会社です。オーナーのガリ・ズガロ氏は最高級のスモールシップクルーズの世界で名を馳せていた人物で、2008年には1隻目のアクアアマゾン号を、2011年には全室スイートのアリアアマゾン号をペルーのアマゾン川より就航させました。アクア及びアリア号はアマゾン川上流マラニョン川に面したペルー北東部イキトスを出発地として、アマゾン川の源流近くのパカヤ・サミリア国立保護区を中心に運航しています。

ネイチャーガイドのガイド付でピンクドルフィン等のアマゾンに生息する動植物に出会えるエクスカーションが人気で、ホテルに滞在するような快適さと、これまで経験したことのないような冒険を同時に楽しむことができると大変人気です。

最高級ホテルにひけをとらない2隻のクルーズシップ

<アクアアマゾン号>aqua_facility_img122008年建造、全長約40m、幅約7.5m。12室のスイートは全室大パノラマウィンドウが付いています。乗客は24名+各部屋に子ども1名の追加が可能で、この24名の乗客に対して乗組員は21名。緊急介護士も乗船しており、何かの時に安心です。パブリックスペースとしては、メインダイニングルームの他、屋内バーラウンジと屋外ラウンジ、展望デッキなどが用意されており、エクスカーション用の3隻のスピードボートもあります。

<アリアアマゾン号>aria_facility_img162011年建造で、アクア号より少し大きくなり全長約45m、幅も約9mあります。スイートは16室で全室大パノラマウィンドウ付です。乗客は32名+各部屋に1名の子どもの乗船が可能で、この乗客に対して乗組員は24名。4名のネイチャーガイドも乗船しています。パブリックエリアはアリア号と同じ設備に加えて、フィットネスルームや屋外ジャグジーも完備。ジャグジーに浸かりながらアマゾンの景色を眺めるなんて、贅沢すぎですね。

ツアーは3泊から7泊まで選べます

aqua_facility_img13アクア号、アリア号共にクルーズツアーは3泊4日、4泊5日、7泊8日の3コースが用意されています。ネイチャーガイドの案内で、イグアナの島の見学、アマゾンに住むピンク色をしたアマゾンカワイルカ(ピンクイルカ)を探したり、ピラニア釣りを体験したり、珍しい野鳥や昆虫などにも出会えます。また、現地の村を訪問して交流したり、スイミングやカヌー体験もできます。

ツアー料金は3泊でひとり3300ドルから。全ての飲食、エクスカーション、パカヤ・サミリア保護区の入場料が含まれ、指定フライトを利用すれば空港と港の送迎もしてもらえます。

まとめ

いかがでしたか?国土の狭い日本では川を何泊もかけて周遊するという楽しみ方は無縁ですが、このアマゾン川をはじめ東南アジアのメコン川、そしてヨーロッパのライン川などでは、優雅で快適なリバークルーズが人気のようです。動くホテルとも言うべきこの豪華船ホテルでのクルーズの旅、ぜひ参加してみたいですね。

画像参照:アクアエクスペディションズ公式HP

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top