マンションジャーナル

マンションジャーナル

【マンション購入】角部屋か中部屋、実際どっちがいいの?

マンションジャーナル最新記事

More
【マンション購入】角部屋か中部屋、実際どっちがいいの?

マンションを購入する際、最上階と同様に人気が高いのが角部屋。しかし角部屋を選択することで、どのようなメリット・デメリットが発生するのか、正確に把握している方は多くはないと思います。そこで今回は、角部屋と他の部屋の相違点をご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

角部屋を選ぶメリット・デメリット

左右からの騒音に悩まされる可能性が高い中部屋。角部屋は、騒音や採光面からのメリットが大きい反面、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 2面採光で陽当たりが良好
  • 窓が多く通気性に優れる
  • 中部屋に比べて生活音が少ない
  • 側面にベランダがある間取りが多い
  • 角部屋のため玄関の前を滅多に人が通らない

デメリット

  • 外部に面しており、夏は暑く、冬は寒い
  • 冷暖房費が高くつく
  • 外壁側が結露してしまう
  • 窓が多いため、家具配置や掃除で苦労する
  • 中部屋よりも価格帯が跳ね上がる

中部屋を選ぶメリット・デメリット

では、反対に中部屋を選択すると、メリット・デメリットはどのように変化するのでしょうか?

メリット

  • 左右に部屋があるので、冷暖房効率が良い
  • シンプルに家具の配置を楽しめる
  • 角部屋よりも価格帯が下がる

デメリット

  • ベランダ1面では採光に限界がある・
  • 開放感に欠けてしまう
  • 窓が少ない
  • 玄関前を頻繁に人が通る

絶大な人気を誇る最上階&角部屋

最上階や角部屋は、中部屋と比較をすると人気が高いため、価格が高く設定されています。その理由には、最上階や角部屋は、戸数が限られており、希少価値が付いていることも影響しています。しかし、メリットがある反面で、デメリットも多いため、何を優先させるかにより、住人が快適だと感じるポイントは異なります。

不動産投資の観点からいえば、中部屋に注目が集まります。それは出来る限りコストを抑えたいという心理が働くからです。最上階や角部屋という要素は、確かに快適です。しかしそのような特殊な住戸でなければ借り手がつかないという訳ではありません。

現在は、住み替えをされる方が増えています。そのため、いつ自分たちが賃貸や売却という選択をすることになるかわかりません。そこで全体的なバランスを考えた上で、マンション購入に臨むことがベストといえます。角部屋などの条件に固執することなく、広い視野から購入を検討することが大切です。

まとめ

角部屋と中部屋のメリット・デメリットは表裏一体です。そのため、購入する住戸を間違えてしまえば、逆の部屋を選んでおけば良かったという後悔だけが残ります。両者の特徴を把握し、自分たちの希望に沿う方を選びましょう。そしていつ賃貸や売却を迎えても良いように、バランスの良い住宅を選択することが賢明です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top