マンションジャーナル

マンションジャーナル

30代シングル!マンションに住むなら気楽に賃貸、それとも購入?

30代シングル!マンションに住むなら気楽に賃貸、それとも購入?

30代独身でマンション暮らし。さて、賃貸か分譲、どちらがお得でしょうか。しかし、単に目先の損得で考えてしまっていいものでしょうか。目先の得は、後々の損につながることがあります。どいうせ損得で考えるなら、目先じゃなくて今後の人生設計を考慮してじっくり考えましょう。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

気楽で自由なのは断然賃貸

先々の事を考えずに選択するなら、気楽で自由な賃貸の方が良いでしょう。仕事やライフスタイルの変化に応じて、簡単に引越しできますからね。それにローンを組むための面倒な手続きや、固定資産税を払う必要もありません。今の収入に見合った家賃のマンションで、気楽に暮らせば良いのですから。

でも、もう20代ではないのですから、そうそう気楽に考えてばかりもいられません。結婚する予定の有無は別として、そろそろ将来の人生設計を真剣に考えなければならない年代です。10年後、20年後の自分を想像してみてください。

結婚して子供がいるのか、それとも独身のままなのか。いずれにしても、今と同じ気持ちではないでしょうし、環境も変わっているはず。その時はその時、ではなくて今から人生の設計図を描いておく必要があります。もちろん、その上で賃貸という選択肢もありですが。

家賃や住宅ローンの数字では計れない要素がある

よく賃貸か購入かを検討するのに、家賃やローンの支払額で計算して比較しますよね。もちろんそれも大事なのですが、それだけでは計れない要素もあります。ひとつは自分自身の気持ち、そしてもう一つが社会的な信用です。

人は生きていく上で、何かしらの「荷物」を背負っているものです。また、その「荷物」は、生きる上で「糧」にもなります。結婚して家庭を持つというのも、ある意味人生の「荷物」であり同時に生きる「糧」でもあります。自分の家を持つというのもまた、生きる上での「荷物」であり「糧」なのです。

そして社会的信用というのは、責任を持って「荷物」を背負っていることで得られる信用なのです。よく「借金も財産のうち」と言いますが、不動産という担保を持った借金は信用に値するのです。その証拠に、不動産という担保があれば銀行が千万単位のお金を貸してくれるでしょう。

何も担保を持っていない人間に、銀行はそんな大金は貸してくれません。もちろん、支払い能力があるという前提ではありますが。しかし、ローンの審査が通るということは、今のあなたを銀行が信用したという証です。つまり、社会的な信用を得たということです。そしてそれが、様々なシーンで影響を及ぼすのです。

自分が住んでも、人に貸しても魅力的な物件

例えば立地や周辺環境、建物のグレードなどが良好で、快適に暮らせる賃貸マンションがあったとしましょう。そして家賃も自分が払える範囲内なら、そのマンションに住みたいと思うでしょう。あなたが魅力を感じて住みたいと思うなら、他の多くの人も同じように考える可能性がありますよね。

もしそのマンションが投資用に購入された物件だとしたら、所有者はあなたが支払う家賃で収益を得ていることになります。つまり、あなたが支払う家賃でローンや諸経費が賄えているということです。ということは、頭金などの初期費用さえあれば、あなたはそのマンションのオーナーになれるという理屈になります。

あなたが魅力を感じて住みたいと思う物件ならそのまま住んでも良いし、賃貸に出しても借りてはいるでしょう。つまりそういうマンションなら、住居として購入し、後に何かの事情で賃貸に出すことになっても、しっかり家賃収入が得られるわけです。

さて、同じ支出で家賃を払う賃貸人でいるか、それとも不動産という資産を持つ立場になるか。あなたは、どちらを選択しますか。

まとめ

何も背負う「荷物」がなければ、確かに気楽で自由です。しかしそれでは、浮き草のようではありませんか。若い時はそれも良いかもしれませんが、何時迄もそのままでいるわけにはいきませんよね。やはり、大地にしっかり根を張って生きなければなりません。マンションを購入するのは、その一つの過程でもあるのです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top