マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【勝どき】開発が進む都心最前線エリアの魅力とは

【勝どき】開発が進む都心最前線エリアの魅力とは

勝どきの特徴は、何と言っても海辺に囲まれ、スカイツリーやレインボーブリッジ、東京タワーを望むこともできる、贅沢な立地条件。再開発により建てられた高くそびえるタワーマンションや、商業施設などが充実しています。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

今回は、そんな新しく生まれ変わる街、勝どきの魅力に迫ります。

勝どきの歴史

勝どきは明治〜大正期に埋立地として形成され、1913年に完成しました。

勝どきという地名の由来は、日露戦争に勝利した時の歓声(勝ち鬨)によるもので、旅順を陥落した際には、これを祝して月島と築地の間を結ぶ渡船場を『勝どきの渡し』と名付けました。これが、現在の勝鬨橋となり、地名も勝どきと呼ばれるようになります。

2000年に都営大江戸線が開通したことをきっかけに再開発が進められました。

交通の便

都営大江戸線が通っているため汐留、六本木、新宿、上野御徒町など乗り換えなしで主要エリアに行くことができます。

さらに、勝どき駅からたった1kmしか離れていない、隣の月島駅は東京メトロ有楽町線が通っており、池袋へもアクセスしやすい立地です。

バスも運行本数が多く、東京駅行のバスだと、日中は5分ほどで来てくれます。

勝どき周辺の見どころ

1.隅田川テラス

隅田川テラスphoto by itot

隅田川の両岸に位置する遊歩道。佃大橋や中央大橋などを見渡しながらゆったりとお散歩したり、ジョギングを楽しむなど、リラックスした時間を過ごすことができます。

2.月島第二児童公園

月島第二児童公園

勝どき1丁目にある公園。2011年に開園したばかりで遊具も新しく、ベンチもきれいです。

毎月第2土曜日には太陽のマルシェと呼ばれる野菜市が開かれ、おいしい農作物を購入することができます。

3.桜の散歩道

桜の散歩道

晴海トリトンスクエアの運河沿いにある散歩道。桜が立ち並び、春には美しい彩りを見せてくれます。

商業施設

2015-07-10 13.48.33

勝どき駅から徒歩4分ほどの距離にある、晴海トリトンスクエア。2001年に開業した複合型施設で、オフィス、ショッピング施設、マンションが一体となっています。

サンマルクカフェや、マルエツ、成城石井などのスーパー、クリニック、銀行などが入り、多様なニーズを充たしてくれます。

大規模マンション群

勝どきエリアは再開発により、タワーマンションが立ち並んでいます。

1.THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョータワーズ)

ザトーキョータワーズ0

2008年築の地上58階建てタワーマンション。建物は北側のミッドタワーと、南側のシータワーとの2棟で構成されています。やはり海に囲まれた立地もあり、見晴らしは抜群です。

また、共用施設も充実していて、コンシェルジュ、図書館、パーティルーム、シアタールーム、ゲストルームが用意されており、1〜2階にはスーパー、病院、駐車場、保育園も。すぐ近くの低層棟・シーサイドアネックスには居住者専用のプールもあります。

THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)の魅力に迫る!

カウルライブラリーでTHE TOKYO TOWERSをチェック

2. 勝どきビュータワー

勝どきビュータワー0

地上52階建ての勝どき駅直結タワーマンション。

地下1〜4階に様々な店舗が入っており、5〜52階が居住スペースです。コンビニ、スーパー、飲食店、保育園、児童館などが入っており、ファミリーにも嬉しい造りになっています。

また、共用部にはシアタールーム、コミュニティ広場、パーティールームやゲストルームなどもあります。

カウルライブラリーで勝どきビュー・タワーをチェック

3.勝どき ザ・タワー

勝どき ザ・タワー

平成28年12月竣工予定の、地上53階建てタワーマンションです。勝どき5丁目の再開発エリアに建てられる予定で、THE TOKYO TOWESと向かい合う形になります。

築地・汐留に直結する予定になっていて、保育所や児童福祉施設も近隣に完成される計画になっています。勝どき駅徒歩6分という立地も便利ですね。

資産価値

マンションの資産価値が、新築分譲時の何倍になっているかを示すマンションPBRでは、勝どきは1.16という数値でした。これは首都圏で10位と、なかなかの順位です。

今後、晴海に選手村が建設されることもあり、さらに順位を伸ばしていくのではないでしょうか。

勝どきの将来性

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の完成予想図↑東地区完成予想図(photo by 建設通信新聞)

東地区では、晴海通りに面する勝どき2丁目から月島倉庫がある4丁目までが事業計画地になっており、住宅やオフィス、公共施設などが建てられる予定です。なんと、最終的にはおよそ3020戸もの住戸が完成するそうです。

南地区は、今年、勉強会が発足したばかりで、どう再開発されていくかは今後話し合われるようですが、勝どき駅前という一等地になるので、おそらくタワーマンションが建てられるのではないでしょうか。

さらに、来年には環状第2号線や、築地方面へ直通となる橋が完成予定。アクセスがさらに便利になると見込まれます。まさに今後が楽しみなエリアですね。

実際に勝どきに住んでいる方に聞いてみたりすると、本当の面が見えてくるかもしれません。

勝どきのマンションはこちらからチェック!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top