マンションジャーナル

マンションジャーナル

間取り変更が自由自在の不可思議マンションに迫る!

間取り変更が自由自在の不可思議マンションに迫る!

マンションで悩ましいものが「間取り」です。一般的なマンションでは、間取りは最初から決められていて、正直変わりばえのしないものが多く、マンションは便利だけれど間取りに関しては不満、という人は多いのではないでしょうか。リフォームをしようと思っても、費用がそれなりにかかり、工事中は仮住まいしなくてはならないことなどから、マンションの間取りは買ったときのまま、不満を持ちながら生活を続けるという人も多いと思います。

マンションの間取りを自由に変えられたら、そんな望みを叶えてくれるマンションが登場しました。三井不動産レジデンシャルの「Imagie」(イマジエ)というプランです。
「Imagie」(イマジエ)ではどこまで間取りを変えられるのでしょうか。コスト面はどうなるのでしょうか。その魅力を解剖します。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションの間取り変更の難しさ

これまでも一部のオーダーメイドマンションなどで、スケルトン・インフィルと呼ばれる、居住者で間取りを変えられるマンションはありました。

スケルトン・インフィルとは、スケルトンと呼ばれる柱・梁・床などの構造体に対して、住戸内部の壁・ドアなどの間仕切りや設備部分(インフィル)を買い手(借り手)が自由に設置・変更が可能な物件のことです。

しかしこのような物件は、一般ファミリー向けマンションに比べると販売価格も高額で、最初の設備の設置やリフォーム費用も数百万円単位で必要なことから、特別な限られた人のためのものでした。

一般のマンションでも、扉が間仕切りとなっていて、取り外して居室とリビングを一続きにできる間取りは増えていますが、間取りの変更としては限定的なものです。

また、リフォームで壁の位置はある程度変えることはできますが、間仕切り変更を含むリフォームとなれば、それなりに費用もかかりますし、水回りの位置は決められたものから基本的には動かせません。

そんな現状の中、一般のファミリー向けマンションで、大規模なリフォーム工事なしに、キッチンを含めた間取りの変更ができ、一般のマンション居室と同等の価格で販売されるプランが登場しました。それが三井不動産レジデンシャルの「Imagie」(イマジエ)です。

「Imagie」(イマジエ)とは

「Imagie」(イマジエ)ではまず、アウトフレーム工法という、柱を居室の外に出す建て方でマンションを建設します。
これにより、壁に出っ張りを作らず、床面も完全にフラットで、「天井下がり」もない、完全に直方体の部屋を作ることが可能になります。

イマジエ1 のコピー

そしてバス・トイレの水回りを壁面に固定して設置します。こうすることで、住戸に一つの大きな空間を作ります。

居住者は、このスケルトン状態の住居スペースを、専用の各種ユニットを使って自由に間仕切りすることができるのです。

イマジエ4 のコピー

スケルトン・インフィルとの違いは、「Imagie」(イマジエ)には専用のユニットが予め用意されていて、それらを移動することで間取りを変更できる点です。

ユニットの設置や移動にかかるコストも10万円未満で収まるので、「模様替え」感覚で間取り変更ができ、工期も半日で済むので、リフォーム工事中に別な場所に仮住まいする、といった必要もありません。

マンションでありながら、ライフススタイルの変化に合わせて、低コストでフレキシブルに間取りを変えることができるのが、「Imagie」(イマジエ)の魅力です。

「Imagie」(イマジエ)を構成するユニット

「Imagie」(イマジエ)では、上記のような完全に直方体の部屋の中で、ユニットをブロックのように組み合わせることで、部屋のレイアウトを組み立てることができます。
どんなユニットがあるのでしょうか。「Imagie」(イマジエ)を構成するユニットを紹介します。

「Kanau Shelf」(カナウシェルフ)

イマジエ5 のコピー

キャスター付きの動かせる収納が「Kanau Shelf」(カナウシェルフ)です。クローゼット、シューズボックス、棚の両側から収納ができるダブルシェルフ、デスク、キッチンのバックカウンター、居室ドア付きなど9種類のユニットが「Imagie」(イマジエ)の基本セットになっています。

本が多いから本棚を増やしたい、洋服が多いからクローゼットを増やしたいなど、ユニットの追加も可能。ドア付きユニットを追加することで、個室の数を増やすこともできます。

「imagie kitchen」(イマジエキッチン)

イマジエ3 のコピー

「imagie kitchen」(イマジエキッチン)とは、レンジフードが一体になった、オリジナルのキッチンユニットです。
こちらもキャスターが付いていて動かすことができ、位置を固定した後で、給水管・排水管と電源の集約された、床の「キッチン接続ポート」に接続することで使用できるようになります。「キッチン接続ポート」は、初期設定で3ヵ所設置されていますが、増設することもできます。
給水や排水が必要なキッチンが簡単に移動できるというのはかなり画期的ですね。

キッチンユニットは2ユニットあるので、組み合わせてストレート型、アイランド型、どちらにもできます。ただし、構造上、IHクッキングヒーターのみの対応です。

「ウェルカムポーチ」

ウェルカムポーチ

玄関側の窓が、腰窓ではなく掃き出し窓になっています。
玄関前の廊下スペースがポーチのような作りになっているので、玄関前(アルコーブ)をバルコニーのように使うことも可能です。

照明

壁の一面に、スポット照明を設置できるライティングレールが設置されています。

このレールの上であれば、照明器具を移動させることができ、間取りに合わせて照明の位置を変えることも、数を増やすことも、取り外して減らすこともできます。また、照明設備スイッチが一カ所に配置されていて、パターンを記憶させることが可能です。

まとめ

間取り

第1弾として、「パークホームズ赤羽西」で、北西に面した6室に「Imagie」(イマジエ)が導入されました。売りにくいと言われている北西の部屋ですが、反応は上々ということです。
横浜の「傾きマンション」が問題になった三井不動産レジデンシャルというのが気になりますが、ファミリータイプで間取りが自由に動かせるマンションが登場したというのは画期的です。この動きが広まってくれると良いですね。

出典:三井不動産

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top