マンションジャーナル

マンションジャーナル

【立川】商業施設の開業が相次ぎ進化を遂げる立川は、益々魅力を増す街!

マンションジャーナル最新記事

More
【立川】商業施設の開業が相次ぎ進化を遂げる立川は、益々魅力を増す街!

立川市は、多くの商業施設やオフィスが集積する東京三多摩地区の中核都市。

中央線特別快速電車で新宿まで25分、中央線の他にも青梅線・南武線、多摩都市モノレールが利用でき都心や神奈川方面へのアクセスラインが整っています。

ショッピングやグルメを楽しむのはもちろん、自然環境にも恵まれ至れり尽くせりで住居地としても人気の街です。

>>>立川駅周辺のマンション情報はこちら!

駅周辺には様々な商業施設が充実

南口の商業施設

南口の駅ナカにある「エキュート立川」には、おしゃれなカフェやファッション関連のショップ、23時まで営業している「紀伊國屋アントレ」などの店舗の他に、クリニックや保育園まであります。

そして駅直結の百貨店、「グランデュオ立川」と、グルメやショッピングには事欠きません。

また、駅からペデストリアンデッキで直結 している「 アレアレア2 」には「東急ストア」の他、「TUTAYA」やパチンコ店「ZIATH」、ラーメン店の集合施設「ラーメンスクエア」などが入っています。

ラーメン好きには、「ラーメンスクエア」の他に、駅から東へ2分ほど歩いたところに「立川らーめんたま館」があるので色んな味が楽しめます。意外と、立川はラーメン激戦区なのですね。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

北口の商業施設

北口は「ルミネ」と直結しており、グルメやショッピングは充実しています。

駅の外には「伊勢丹立川店」、「高島屋立川店」、といった百貨店、「ビッグカメラ」そして「IKEA」などの商業施設が満載。

また映画を楽しむなら「シネマチティ」、ギャンブルなら「立川競輪場」と何でも揃っています。まさに、無いものは無いといった感じですね。

自然豊かな環境

東京ドーム約40個分の広大な敷地の「国営昭和記念公園」は、季節ごとに様相を変える自然を堪能でき、年間を通じて様々なイベントが楽しめます。

秋には池の水面に映える美しい紅葉、アーケード状に整えられた銀杏並木には黄色いじゅうたんが敷き詰められます。冬になるとイルミネーションで飾られ、冬の澄んだ空気に美しい光を放ち、クリスマスのデートスポットとしても人気があります。

春にはソメイヨシノをはじめ30種類1500本の桜が見頃を迎え、夏には園内にある首都圏最大のレインボープールで遊べて、盛大な花火大会も開催されます。

その他にも季節ごとに様々なイベントが催され、家族やカップルで一年中楽しめますよ。

南西に足を伸ばせば、「諏訪の森公園」と、その隣に「諏訪神社」の杜。「国営昭和記念公園」ほど広大ではありませんが結婚式場も備えた立派なお社の神社があり、緑豊かなエリアです。

更に南へ進めば、多摩川の河川敷。これでもかと言わんばかりに、立川は豊かな自然に囲まれた街なのです。

立川のマンション事情

駅の北と南に、大手デベロッパーのブランドマンションが建ち並んでいます。その中でも、特に野村不動産の「プラウド」が目立ちますね。

プラウド立川

310014066_640x426築年月2008年4月と、立川にある「プラウド」の中では一番古いみたいです。立川駅南口から徒歩5分、多摩都市モノレール立川南駅からだと徒歩3分。

6階建で、総戸数42戸の中規模マンション。専有面積は54.37m2~97.55m2で、間取りが2LDK~4LDK。

南口は北口に比べて駅近でも落ち着きのある住居系エリアなので、買物などの便が良い割には静かな住環境ですね。

>>>プラウド立川の詳細データはこちら!

プラウド立川マークス

85766930_0003立川駅北口から徒歩4分。築年月は2015年4月まだ新しいのですが、既に売り物件があります。14階建て6階部分の物件で、74.47m²の2LDKが6,488万円。

坪単価は約287万円と、さすが「プラウド」というお値段ですね。

ちなみに分譲時の坪単価は253万円だったそうですから、分譲時価格より高くなっているということですね。

>>>プラウド立川マークスの詳細データはこちら!

プラウド立川トレサージュ

40d69e768ee3ec350747f86f1a7a0c9b「国営昭和記念公園」の立川口にほど近く、立川駅北口から徒歩10分とちょっと遠いですね。入居時期は2016年2月下旬の予定ということですが、今のところ完売はしていないみたいですね。

ちなみに販売価格は、80㎡台の3LDKで5,698万円~6,318万円といったところのようです。

プラウド立川トレサージュ

c7e0c33a入居は2016年7月頃の予定のようですが、こちらの物件は販売対象の292戸が既に完売。立川駅からベデストリアンデッキで直結しており、徒歩2分。この駅に直結というのがポイント高いらしいですね。野村不動産も強気のようで、坪単価が何と340万円を超えているそうです。それにも関わらず、完売というのは凄いですね。

もちろん、立川には「プラウド」ブランド以外にもマンションはあるのですが、その中でも人気のあるのが、「ライオンズ立川グランフォート」。P0025960_0101_23グッドデザイン賞を受賞しており外観もモダンな感じと評価が高いのですが、長期優良住宅の認定も受けていてセキュリティーや環境面にも配慮されている上質なマンションです。

立川駅南口から徒歩8分と少し歩きますが、南武線の西国立駅へも徒歩圏内なので意外と便利。

築年月は2014年03月で、中心の間取りは3LDK、総戸数100戸の主にファミリー向けのマンション。今のところ売り物件は出ていませんね。

まとめ

距離的には都心から離れている感はありますが、アクセスは決して悪くありません。そして何より、豊かな自然に恵まれた環境と充実した商業施設が立川の大きな魅力です。

そのせいなのか、マンションの価格は都心とさほど変わらないくらいお高いですね。それでも売れてしまうのですから、立川のポテンシャルは高いと言えますね。

>>>立川駅周辺のマンション情報はこちら!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top