マンションジャーナル

マンションジャーナル

【部屋を片付けられない!】片付けを邪魔する心理の秘密とは

マンションジャーナル最新記事

More
【部屋を片付けられない!】片付けを邪魔する心理の秘密とは

散らかり放題な部屋。片付けるか片付けないのか!?…片付けた方がいいのはわかってる。でも、片付けに時間をさけるはずなのに、なぜか片付けられない!

部屋は心を映す鏡、とも言われます。部屋が片付けられないのはどういう心理状態なのでしょう。片付けられない心理に迫ってみましょう。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

完璧主義者は片付けられない!?

person-woman-apple-hotel

「テスト勉強をやらなきゃ」と思いつつ、ぐずぐずと先延ばしをした経験はありませんか?

もちろん勉強が嫌い、ということもあるでしょう。ですが、テスト範囲が膨大過ぎて完全にやりきることができないから、最初からあきらめてしまったということは、考えられませんか。

全部を実現できない苦痛を味わうくらいならゼロを選択する。それが完璧主義者です。床にはチリひとつ落ちておらず、物はピシっと順序良く並ぶ、整然とした美しい部屋。そんな片付けを実現できないと予想がつく場合、完璧主義者は片付け自体をあきらめる可能性があります。

暇なら完璧を目指してもいいですが。片付けに関しては、ほどほどの目標にした方がよいですよね。

片付けのできない自分を責めている。

black-and-white-person-woman-girl

  • 自分は片付けられない人間だ、という思い込み
  • 片付けができない人間はダメだという評価基準

この考えを両方持つ人は、片付けられない心理状況にはまりこみやすくなります。このタイプの人が陥りがちな心理メカニズムをあげてみます。

  1. 片付けられない自分はダメだ。片づけられるようにならなくてはならない。なのに、自分は片付けられない人間だ。
  2. 自分をダメな人間だと評価するのは苦痛だ。
  3. 片付けに着手しなければ、ダメな自分に向き合わず苦痛を感じないで済む。
  4. 片付けないでおこう。
  5. (上に戻る)

これは悪循環です。自分を責めるのが苦痛で、片付け行為に向き合わず、片付かない部屋をなかったことにする。片付け作業は当然やらない→片付けられない、という現実が到来する…。

片付けられるようになる方法は、循環の輪から出ることです。

  • 自分は片付けられない人間だ、という思い込みを手放す。
  • 片付けができない人間はダメだという評価基準を手放す。
  • すぐに片付けに着手する。

思い込みを手放すのも大切ですが、単純な方法はすぐ片付け作業に入ることです。手を動かせば、なにかしらは片づきます。

このタイプは、親戚の家の片づけを手伝う、友だちの洋服整理を手伝う、など自分に責任のない状態での片付けはスムーズにできるはず。

つまり、片付けの作業自体が苦痛、といよりは、片付けがらみで自分が評価されることが苦痛なのではないでしょうか。または、周りはダメだという評価をしていないのに、「自分はダメだ」と自分で評価して苦しんでいるのかもしれません。

散らかった部屋にいながら、散らかった部屋から現実逃避している。

pexels-photo

片付けをする時間は充分確保できるのに片付けられない、という人がいるとします。その人は、片付けようとして部屋中ひっくり返して失敗する、わけではありません。

では、片付けのために確保した時間、何をしているのでしょうか。

スマホをいじったり、テレビを見たり、別のことをしている。はたまた、散らかった部屋にいるのがイヤで外出してしまう、なんてこともあるかもしれませんね。

ネットやテレビ、ゲームなど、部屋にいながらにして、散らかった部屋から現実逃避できるアイテムはたくさんあります。現実逃避によって片付けができない人は「今散らかっているこの部屋」を感じることができれば、片付けに移行が可能です。

物が捨てられないのはなぜだろう?

b720c4c41cb9bc2cd64a95d692331521

机の上のボールペン一本を引き出しにしまうのはすぐにできます。でも、書類や文房具などが山積みになった机の上を片付けるとしたら、ちょっと身構えてしまいますよね。

物が多いから片づかない。物が少なければ片付けば楽。片付けは物を処分することで、かなり解決します。片付けができない人は、物を捨てることが苦手なのです。

捨てられない理由1:物に期待をしすぎている。

wood-light-fashion-people

「コレを買えば、素敵な自分になれる」

「コレを買えば、自分はランクアップできる」

物に都合のよい期待を抱いている人は、結局物を買っても現実は変わらないのですよね。

ですが、このタイプの人は、選んだ物が悪かったんだとばかりに、また別の新たな物を手に入れたくなります。かといって増えた物を処分する行動はともなわない。これでは片付くものも片付きませんよね。

また、物に寂しさを埋めてもらう心理がはたらいているのかもしれません。孤独を受け入れるのは苦痛なものです。人の代わりとして、心の隙間を埋めてくれる「物」が存在する。「物」はすぐに手に入るし、去っていくこともなく、ずっとよりそってくれます。

捨てられない理由2:見捨てられる自分の姿を物に重ねている!?

nature-sunset-person-woman

物を捨てようとするときに、わけもなく不安になる…。もしかしたら捨てようとしている物に、無意識に自分の姿を重ねているからかもしれません。

「自分は見捨てられるのではないかという不安」。小さなころから漠然とした不安を抱え続けている人は、いつのまにか物に自分自身の姿を重ねてしまっている可能性があります。

自分が捨てられる姿を見るのはつらいですよね。だから物を捨てられないのかもしれません。下記の記事が、そんな心理を理解するのに役立ちます。

友情や恋愛で感じる「見捨てられ不安」とは?|AllAboout

1人でいられない…分離不安障害とは?|AllAboout

捨てられない理由3:物を捨てることに罪悪感がある。

fashion-person-hands-woman

たいていの人は「物を大切にしよう」と、子供のころに教えてもらいます。物を捨てることに罪悪感はありませんか。

  • まだ使える。
  • 高かった。
  • もらいものだからその人に悪い。
  • いつか使うかもしれない。

これらをまとめると「もったいない」ということになるでしょう。私たちは、物を捨てるときに「もったいない」と嘆き、捨てるのをやめます。

もったいないとは、「価値のあるものをそのままにしておいたり、無駄にしてしまって惜しがる、悲しむ」という意味。なぜ「もったいない」と嘆くことになるか。物の価値を活かしきれなかったからです。

それは、「価値を活かせる物を選べばいいのに、活かせない物を選んだ」という選択ミスの問題です。

当然、自分で手に入れたものではないこともあるでしょう。ですが、持ち続けるかどうか、という選択をしているのも自分です。

片付けができない人は、選択、決断への恐れを抱えています。「何を選び、何を捨てるのか。自分は何が好きで、何が必要で、どうなっていきたいのか。自分とは何者か」。

これらが定まれば、物の処分ができるようになるはずです。

捨てられない理由4:未来への不安がある

lake-nyon-eva

物を捨てようとするとき、下のどちらをイメージしますか。

  1. 捨てたらいいことがあるかもしれないワクワクや部屋が片づいて爽快だという気持ち
  2. 捨てたら困るかもしれないという不安

起こるかどうかわからない未来を怖れるのが不安です。ワクワクする未来がくるのか、痛い目に合う未来がくるのか、どちらに転ぶかは今の時点ではわかりません。

何年も着ていなくて存在を忘れていたジャケット一枚捨てることにも「よくない出来事が起こるに違いない」とイメージするクセに気付きましょう。

何年も着ていなくて存在を忘れていたジャケットを捨てて到来する未来は、ジャケットを持っていたことすら忘れている未来です。

まとめ

nature-sunset-person-woman (1)

「片付けたいのにできないのは、なんでなの?」不思議に思ったことはありませんか。片付けができない心理状態のキーワードは「今の自分を否定している」ということになるかもしれません。

今の自分を否定しているので完璧さを求め、自分を責め、現実逃避する。今の自分を否定するから物に期待をし、見捨てられると考える。今の自分を否定するから自分の選択に自信を持てず、未来を不安だと感じる。

発達障害やADHDなどの問題もありますが、そうでない人にとっては、片付けはテクニック的に解決できるものです。もし、片付けられないのは心理的なストッパーがあるのかも、と感じるのなら、今回挙げた要素にあてはまるものがないかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top