マンションジャーナル

マンションジャーナル

高層マンションの地震対策って大丈夫なの?耐震、免震、制振はどう違う?

高層マンションの地震対策って大丈夫なの?耐震、免震、制振はどう違う?

高層マンションでは、地震対策も気になります。よく、耐震、免震、制振という言葉を聞きますが、これらは地震対策としてどのような意味があるのでしょうか。中古マンションでも地震対策は大丈夫なのでしょうか。今回は高層マンションでの地震対策について解説します。

高層マンションの地震対策って?何がどう違うの?

東日本大震災以降、マンションの耐震性を重視する人が増えました。マンションの広告などにも、制振タワーマンションや、免震マンション、免震構造、制振構造などという言葉が良く出てきます。どれも似たような言葉なので、何がどう違うのか混乱してきてしまいますよね。一度これらの言葉を整理してみましょう。

まず、高層マンションでは、3つの構造が地震対策としてとられています。

  • 耐震構造
  • 制振構造(制震構造)
  • 免震構造

以上です。どれも似たような言葉ですが、表す意味はそれぞれ違います。次から詳しく紹介します。

耐震構造 揺れますが、倒れません

耐震構造とは、建物を支える柱や梁などの構造物を、太く頑丈なものすることで、建物を支え、大きな地震の揺れにも耐える構造にしたものです。

地震が大きくなると揺れも大きくなり、壁や家具などへのダメージは避けられませんが、比較的新しいマンションでは、震度6強でも倒壊はしないように設計されています。

制振構造 高層マンションでも揺れにくい

制振構造とは、建物内の骨組みの部分に、地震のエネルギーを吸収する、ばねやゴムなどのダンパー(ショックアブソーバー)等の構造を組み込むことによって、建物が受ける地震の揺れや衝撃を緩和する方式です。制振構造を導入すると、建物の揺れを和らげることができるため、安全性が高まるだけでなく、地震によって壁にヒビが入ったり、タイルがはがれ落ちたりといった、外壁の損傷も少なくなります。また、室内でも家具が移動して衝突する、背の高い家具が倒れるなどの被害も少なくなります。

また、高層マンションになると、地震だけでなく、高層ビル並みに風の影響を強く受けるようになります。そこで制振構造を取り入れることで、地震だけでなく、強風による揺れに対しても強くなります。そのため、制振構造は、高層ビルだけでなく、タワーマンションなどで多く採用されている構造です。

マンションは高層階になるほど地震の揺れの影響を強く受けてしまいますが、逆に超高層マンションになると、地震の揺れを受けにくくするための特別な対策も施されるようになるわけですね。

免震構造 横揺れは逃がすが、縦揺れには弱い

地震対策にはもう一つ、免震構造というものがあります。

免震構造とは、建物と地盤との間に、ゴム等でできた免震装置を設置し、地震の揺れを装置に吸収させることで、建物に揺れが伝わりにくくなるようにした構造のことです。

免震構造が上記2点の地震対策と違うのは、建物が地面から切り離されているところです。

そのため、大地震でも建物が激しく揺れることがなく、建物へのダメージも少なくなります。しかしその分、建設コストは高くなり、ゴムでできた免震装置にはメンテナンスも必要になるため、維持管理費も高めになります。

また、免震構造の建物は、地盤と切り離されていて、地中と杭などで繋がっていません。言って見れば、地面の上にゴムをはさんで積み木を積んだような状態です。地震の揺れの影響を受けにくい反面、一般の建物に比べて安定性が悪い面があります。例えば、強風にあおられると高層階は大きく揺れることがありますし、長周期振動の地震が起こった場合には、「共振」と呼ばれる現象を引き起こして、揺れが増幅してしまうことがあります。

また、免震構造では、地震のタイプによって揺れに全く対応できないことがあります。というのも、免震構造では、水平方向への「横揺れ」は、逃がすことができるのですが、直下から大きく突き上げる「縦揺れ」を吸収することはできません。もし縦揺れの地震を受けた場合には、揺れは建物にダイレクトに伝わることになり、大きな縦揺れの地震が起きた場合には、免震構造はあまり意味がないということになってしまいます。

耐震構造、制震構造、免震構造の違いは?

耐震構造、制震構造、免震構造の違いを簡単にまとめると、

  • 耐震構造は、建物の設計や骨組みを地震の揺れに耐えうるようにした構造
  • 制震構造は、地震の揺れを吸収して和らげる構造
  • 免震構造は、建物と地盤を切り離すことで地震の影響を受けないようにする構造

ということになります。

高層マンションに対する地震対策として、耐震構造、制震構造、免震構造の3種類があると書きましたが、この3つの構造は、並列に語ることのできるものではありません。

というのも、耐震構造には、国の定める基準があり、これを守って設計・施工することが義務づけられています。

制震構造と免震構造に関しては、何階建以上の高層の建物には必ず設置すべし、といった定めは特にありません。つまりオプションプランになります。

つまり高層マンションでは、基本的な耐震構造を満たして作られる必要があり、プラスアルファの地震対策として、制震構造、免震構造というオプションがある、ということです。

耐震構造では命を守ることができ、制震構造や免震構造ではさらに建物や家具などの財産を守ることができる、とイメージすればわかりやすいでしょうか。

高層マンションには、高層マンションなりの地震対策がされているのが大前提になりますので、高層だからといって、地震に対してそれほど不安になる必要はなさそうです。

新しいマンションと古いマンションではどうなの?

新しいマンションと古いマンションでは、大きな地震に対する対策に、何か違いはあるのでしょうか。

建物の地震に対する対策として、国が定める建築基準法は、大地震が起こるたびに、時代に沿って改正されてきました。そのため新しいマンションほど、厳しい耐震基準をクリアして建てられている建物であると言えます。

そう言われると、現在築年数の経ったマンションに住んでいたり、制震構造や免震構造でない中古マンションを買おうとしたりする時などには、そのマンションが大きな地震に耐えられる構造なのかどうかが気になる点だと思います。

その点は、中古マンションで、大地震に対して十分に堪えられる構造のものは多くあります。その見分け方をご紹介します。

1981年の建築基準法改正が鍵

建築基準法における、耐震基準改正の歴史には、一つの大きな区切りがあります。それは、1981年の「新耐震設計法」の制定です。1981年の新耐震基準では、以下のような耐震性が定義されました。

  • 比較的よく起きる中程度の地震に対し、軽度なひび割れ程度
  • まれに起きる大地震に対し、崩壊・倒壊しない程度

この建築基準法に沿って建てられた建物の安全性は、その後、計らずしも立証されることになります。

それは、1995年に起こった、マグニチュード7.3の阪神淡路大震災の時です。この震災で倒壊した建物は、多くは旧耐震基準で建てられた木造住宅で、新耐震基準で建てられた建物の多くは、大きな被害を免れたことがわかっています。

つまり、新耐震基準で建てられた建物は、震度6程度で倒壊しない、ということが期せずして証明された形になります。1981年に定められた新耐震基準は、その後大きく変わっておらず、2000年に多少の手直しを加えられた後、現在も引き継がれています。

つまり、中古マンションを購入する時に、建物が大きな地震に耐えうる設計かどうかを見分ける基準として、「マンションが建てられた時期が、1981年の新耐震基準の制定以降に建てられたか、それ以前に建てられたか」これが一つの大きな判断材料になると言えます。

ただし、古い建物であっても、新耐震基準と同等以上の強度を持つものもあり、1981年以前に建てられたマンションのすべてが耐震性に劣る建物であるというわけではありません。むしろ昔の方が今より良い材料を使って時間をかけて建てられていたという側面もあります。

ただ、そういったことは、外見からは、素人にはなかなか見分けがつきにくいのも確かです。そこで建物の耐震性を簡易的に見分ける方法として、「1981年の建築基準法改正以前に建てられたか、以降に建てられたか」という点がポイントになるのです。

まとめ

物件を購入する時は、やはり耐震性は気になるところだと思います。耐震性は、構造だけでなく、地盤、杭の打ち方など、様々な要素が絡み合っているものです。耐震性能が心配な場合は、一度ホームインスペクションを活用するのも一つの方法でしょう。

中古マンションを安心して購入するホームインスペクションとは

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top