マンションジャーナル

マンションジャーナル

【これだけは押さえたい】壁紙リフォームで失敗しない為のポイントまとめ!

【これだけは押さえたい】壁紙リフォームで失敗しない為のポイントまとめ!

念願叶ってできるようになった壁紙のリフォーム。でも、ただ新しくして綺麗になったというだけでは勿体なくありませんか?壁紙を張り替えるといっても、いざとなると、無難な色や柄を選んでしまいがち。どうせなら気分を一新して、違うイメージの住空間を作ってみませんか。

とはいえ、冒険し過ぎてセンスの悪い落ち着かない空間になっては元も子もありません。無難だけど面白味のない空間でもつまらないし、かといって奇抜過ぎても後悔することになってしまう。そこで大切なのが、色や柄、そして素材を選ぶポイントを知っておくことです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

壁紙の張替えを決断!

そしていざ問い合わせてみると、業者から分厚いサンプルを渡されてその中から好きな物を選べと。そう言われても色々あり過ぎて迷ってしまう!色は濃い方が良い?それとも無難に白にする?やっぱり、天井と壁のクロスって違うの?

……などなど、はじめから悩んでしまうわけですね。ということで、まずは壁紙選びの基本的なポイントを掴んでおきましょう。

クロス・壁紙張替えリフォーム成功のコツ

壁紙1

洋服選びと違い、経験も少ないクロス・壁紙の張替えには悩みがつきものだと思います。ここでは、リフォームを検討されている方に、よくある悩みや疑問にお答えしながら、失敗しない壁紙選びのポイントをお話しします。

お洒落な壁紙選びのポイント

まずはサンプルを見ながらどんな空間になるのかイメージするのですが、小さなサンプルと、実際にそれが壁にはられた時のイメージは違うものになりがち。ということで、壁紙を選ぶ際のポイントをチェック!

グッとおしゃれな空間をつくる、壁紙の選び方4つのポイント

壁紙2

実際、光の関係などでカタログとは違って見えることは多々あります。ましてや小さいサンプルがわきにくいのも事実です。
そしたらどうしたらいいの?と思ったあなた!今回特別に素敵な空間にするための壁紙の選び方をアドバイスさせてもらいます。

お洒落な雰囲気にしたいなら、アクセントを付けてみる

家具やソファやカーテン、ラグなどのアイテムやグッズ、レイアウトによってお部屋の雰囲気が変わります。でもそれ以上に、壁紙は面積が広い分、お部屋の印象に大きな影響を及ぼすのです。壁紙は、なにも同じ柄や色で統一しなければならないわけではありません。

とはいえ、あまり奇抜過ぎる色や柄を使うと失敗する恐れがあります。そこで知っておきたいのが、アクセントを付けるテクニック!

壁紙をおしゃれにリフォームするおススメのテクニックをご紹介!

壁紙3

壁紙はお部屋の雰囲気を作る大切な要素なんです!壁紙をリフォームして、簡単にお部屋の雰囲気を変えてみましょう。今回は、壁紙のおしゃれな「貼り方」についてお話しします

シーンとカラーを考慮した壁紙選び

どんな壁紙を使うかで、その空間の印象を大きく左右します。例えば、寝室とリビングでは利用するシーンが異なりますよね。また南向きの明るい部屋と、北向きで暗い部屋では同じ壁紙でも印象が変わってきます。

カラーが空間に印象にどんな影響を与えるのか、それを知っておくことは壁紙リフォームを成功させるために大切なことです。

壁に色を使う時に知っておくと便利!色の基本について知っておこう

住宅の壁は、住まいの中で、最も大きな面積を占める部分です。
色のついた壁紙を張りたいと思っている人は“部屋の中で色のついた壁紙がメインカラーになる”ということを心得ておきましょう”

壁紙選びは色や柄だけじゃない、素材の種類や特徴も知っておこう

壁紙は色や柄だけではなく、素材にも様々な種類があります。素材によっては、空間の印象の他に住機能や健康にも影響を及ぼします。もっとも一般的なのはビニールクロスですが、これにもいくつかグレードがあって品質が異なります。

ビニールクロス以外に、布クロスや紙壁紙、無機質壁紙など様々な壁紙があります。壁紙以外にも最近注目されている珪藻壁や、タイル壁など、種類は豊富。それらにどんな特徴があるのか、そのメリットとデメリットを知っておくのも良いかもしれません。

壁の種類と特徴

壁紙4

日本では、古くは湿式と呼ばれる塗り壁が一般的でした。しかし、戦後15年から20年経過した1960年代、施工に手間がかかり、工期も長くなる湿式の壁に変わり、石膏ボードなどを下地にして糊で壁紙を張っていく乾式工法が普及し、施工の容易さや安さが受け入れられ・・・

気になる壁紙リフォームの費用

色んな壁紙があって、お洒落な壁紙リフォームのポイントも何となく理解できた。そうなると気になるのが、やっぱり費用のことですよね。
ということで・・・

クロス張替え価格の仕組みと相場

壁紙5

○○○円の中には材料費・工賃等が含まれており、リフォーム会社によって異なります。
6帖一間のクロス張替えを例に挙げて、実際の仕組みと相場をご説明いたします。

まとめ

壁紙リフォームを成功させるポイントは掴めましたでしょうか。失敗して後悔しないためには、ほんの少しの冒険心が必要みたいですね。

ちなみにリフォームの相見積もりには、お値段比較で有名な「価格.com」が便利です。匿名で提案・費用見積もりを受けらることが出来、掲載されている会社はすべてリフォーム瑕疵保険に加入済なので万一の工事ミスにも対応出来るのが安心出来るポイントです。

>>無料一括見積もりで提案をかんたん比較 価格.com リフォーム

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top