マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

目黒川のリバーフロントに誕生する「シティタワー目黒」を徹底検証!

目黒川のリバーフロントに誕生する「シティタワー目黒」を徹底検証!

住友不動産が手掛ける、歴史ある目黒不動尊に近く目黒川に面した25階建てのタワーマンション。

東急目黒線「不動前」駅から徒歩4分という立地で、北側の眼下には目黒川が流れ、春になれば両岸に咲く桜が目を和ませてくれるロケーション。お部屋によっては東京タワーや富士山の眺望も楽しめると言います。

「シティタワー目黒」はどんな物件になるのでしょうか。その特徴に迫ります。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.シティタワー目黒のアクセス&アドレス

シティタワー目黒4

「シティタワー目黒」について、まずは重要なアクセス・アドレスについて紹介しておきます。「シティタワー目黒」の最寄り駅は、東急目黒線「不動前」駅で、徒歩4分となっています。都内で駅から5分以内はメリットですね。

このほかJR山手線「目黒」駅まで徒歩10分、五反田駅も徒歩10分で、地下鉄を含めて3駅6路線が利用できます。

住所は、東京都品川区西五反田3丁目605-2(地番)です。アドレスを気にする人は、「あれ、目黒じゃないの?」と思うかもしれませんね。

目黒駅と五反田駅は直線距離としては目黒駅の方が近いのですが、実際には、目黒駅までは坂がきつく、五反田駅までは平坦です。

感覚としては五反田駅までの方が歩きやすく、時間的にも目黒駅まで歩くのとあまり変わらないようです。山手線の駅まで徒歩10分というのも好条件です。

2.シティタワー目黒の外観デザイン

シティタワー目黒2

外観デザインは、ホワイトを基調にし、レンガ調タイルを角に配しています。レンガ調タイルの赤茶色は、目黒川沿いエリアのシンボルでもある「桜」の色ともマッチします。

バルコニーはガラス手すりで、ガラスの質感も外観に活かされています。

桜の木はマンションの植栽としても取り入れられ、川沿いの桜並木と連続するように、目黒川に面した側にソメイヨシノの木が8本植えられます。

マンション本体の見た目だけでなく、周辺環境との調和が考えられていることが、このマンションの外観デザインの特徴と言えます。

3.「シティタワー目黒」の間取りと専有面積

シティタワー目黒17

次に間取りと各住戸の面積について見てみましょう。2016年1月現在公開されているのは、専有面積40.38平米 ~ 73.43平米の住戸です。

これは1.43平米 ~ 1.56平米の専有トランクルームの面積を含みます。間取りは、1LD・K、1LD・K 、3LD・Kの8タイプです。

1LD・Kの部屋は、面積は40.38平米〜41.26平米まで、間取りは3タイプ、2LD・Kの部屋は、面積は55.25平米〜58.51平米まで、間取りは4タイプあります。

3LD・Kの部屋は71.52平米で、間取りは1タイプのみです。よくある田の字型ではなく比較的使い勝手の良い間取りで、どの住戸もバルコニーが広めになっています。

間取りや広さから考えて、主なターゲットは単身者やDINKS向けの物件ということでしょうか。

シティタワー目黒10

間取りに関する注目ポイントは、開口部を広く取ったワイドスパン設計の部屋が非常に多いことです。また、柱を外に出したアウトフレーム工法で、部屋をすっきりと広く使える点も魅力です。

天井高2.6mで、一般のマンションに比べて天井が高く設計されているのもポイントでしょう。

シティタワー目黒11

室内に小梁の出ない中空スラブ工法を採用するなど、部屋が広く感じられるよう工夫されています。一部のタイプを除いて、バルコニーに面した洋室とリビングの間仕切りが可動式になっています。用途に応じてリビングと洋間を一体化できるので、これはけっこう重宝します。

最近のマンションは、こういった可動式の間仕切りを採用するケースが多いようですね。またキッチンに窓があり、バルコニーに出られるプランもあります。

シティタワー目黒14

間取りは魅力的なのですが、収納はちょっと少ない印象があります。3LD・Kにはトランクルームがあるので、活用すればと何とかなるでしょうか。2LDKの住戸は特に少ないような気がします。

その分、多くの部屋にウォークインクローゼットや、シューズインクローゼットを作るなどして、機能性を高めているという感じです。収納に関しては、DIYなどで購入後の工夫が必要かもしれませんね。

なお、エレベーターから住戸までのアプローチは高級感のある内廊下となっています。

>>>不動前駅周辺のマンション情報をもっと見る!

4.「シティタワー目黒」のロケーションと周辺環境

エリア1

「シティタワー目黒」は、目黒川の川沿いにあり、大通りからは一歩奥まった静かな場所です。

近くにスーパーが2件あるので、毎日の買い物も便利。「東急ストア」まで120m、「スーパーオオゼキ」まで徒歩6分程度です。70mのところに「どらっぐぱぱす」というドラッグストアがあり、薬以外に日用品や食料品も調達できます。

病院も、マンションから50mのところに、内科の「やまざきクリニック」があるほか、小児科の「ひろせクリニック」が徒歩5分、また、「どらっぐぱぱす」の建物に眼科などいくつかのクリニックが入居予定です。

周囲にはダイニングバーや、レストラン、おいしいパンやスイーツのお店もあります。

東に徒歩1分のところに西五反田保育園、不動前駅の西北に第四日野小学校があり、子供の足でも歩いて6分ほどの距離です。買物が便利な上に、子育てするにも良い環境ですね。

loc03_img01

10分少々歩けば、目黒の顔である目黒不動尊。歴史と自然を肌で感じられる住環境で、不動前駅通り商店街も活気があって住み心地の良い街です。

桜で有名な目黒川沿い、また、春には桜のトンネルを作る「かむろ坂」も隣接し、シーズンには桜が存分に楽しめそうです。

近くに品川区立亀の甲緑地、品川区立西五反田公園と2つの公園があり、緑も多い地域です。

目黒一体には昔から大名屋敷があり、由緒正しい土地柄でもあります。不動前エリアはその中では比較的庶民的で、昔から人の生活が営まれていた地域ということもあり、商店街などもあり、懐かしい雰囲気も持ちます。

5.「シティタワー目黒」周辺のショッピング&グルメスポット

エリア3

目黒駅前に「アトレ目黒1・2」があり、本や雑貨、洋服、食品などが一度で色々と揃います。付近の目黒通りは「インテリア通り」と呼ばれるほど家具・インテリアのショップが多いので、ここに住みながらお気に入りの家具をじっくり選ぶことも可能です。商店街は、不動前駅を中心に「不動前駅前通り商店街」が広がり、マンションから商店街エリアまでは徒歩2分ほどです。

五反田方面は、五反田駅前の「アトレヴィ五反田」と「レミー五反田」が利用できます。

また、白金エリアも自転車圏内です。恵比寿や代官山にも近く、JRでも自転車でも気軽に行ける距離です。

「ゲートシティ大崎」「ニューシティ大崎」など大崎の大規模複合商業施設も近く、JRを利用しても、自転車を使っても行けます。

有名な「武蔵小山商店街パルム」や「戸越銀座商店街」にも、目黒線を使っても、自転車でも行けます 。

6.「シティタワー目黒」の特徴・空地率55%

シティタワー目黒8

「シティタワー目黒」の特徴として、空地率が約55%と、一般のマンションと比較してかなり高いことが挙げられます。これは、このマンションが「総合計画制度」を利用していることによります。

敷地の一部に「公開空地」を設けることなどで、建築基準法で特例的に建物の高さや容積率の緩和を受けることができる仕組みです。「シティタワー目黒」は、この制度を利用して、この地域での高層タワーを実現しているのです。

空地の一部は歩道として利用されます。マンションの敷地の外郭に幅4m以上の歩道を設置することで、低層階の日照を確保したり、住戸部分の圧迫感を減らしたりしています。

ここまでは「総合計画制度」を利用したメリットなのですが、デメリットもあります。緑地や空地を作らなければならないため、1住戸あたりの専有面積が狭くなるということです。

そのため、通常の物件と比べると坪単価が高くなると考えられます。まして住友不動産ブランドのマンションなので、割高感は出てくるでしょう。

また、空地は、公開することが条件なので、誰でも入ることができます。空地を作ることで、居住空間の「囲まれ感」が薄れる反面、私有地の中に住民以外の人が自由に入れる部分があること、そのあたりをどう考えるという面もあります。

6-(1).「シティタワー目黒」の空地と植栽の計画

シティタワー目黒5

「シティタワー目黒」の空地のうち、面積の半分が上記の歩道で、もう半分は、フォレストパークと呼ばれる公園のようなエリアになる予定です。

ここには、一年中緑を絶やさない常緑樹・シラカシを中心に、シマトネリコ、アラカシなどの常緑高木を植樹する計画です。秋に紅葉を楽しめるイロハモミジ、ハウチワカエデも植えられます。

目黒川の桜並木とリンクする8本のソメイヨシノをはじめ、夏の緑、秋の紅葉と、一年通して四季を感じられそうな植栽計画です。マンションなのに庭があり、長く暮らすことで、年月を経ることによる木々の成長も楽しめそうですね。

7.「シティタワー目黒」の建物構造・地震対策

「シティタワー目黒」の建物構造や地震対策ですが、構造面は、建物を「点」ではなく「面」で支える直接基礎、地震エネルギーを吸収する制振システムを採用し、地震の時外に出やすいドアなど、地震対策がよく考えられているようです。

一般のマンション用コンクリートより強度の高いコンクリートを使用、コンクリートの水セメント比を下げるなどの工夫により、建物の耐久性も期待できます。

8.「シティタワー目黒」の共用スペースとサービス

大規模マンションならではの共用スペースの魅力に迫ります。

8-(1).エントランスホール

シティタワー目黒6

住友不動産お馴染みの、2層吹き抜けになったガラス張で開放感がある空間です。テーブルとソファをセットし、パノラマビューを楽しめるスペースがあります。エントランスホールで、マンションのインターネット専用回線を使って無線LANも利用できるのも特徴です。

8-(2).駐車場・駐輪場・バイク置場

自転車置場・バイク置場は地下1階なので、雨や風の影響を受けにくいです。駐車場はタワーパーキング方式です。

8-(3).24時間・各階ゴミ出し

24時間、各階でゴミ出しが可能です。

8-(4).フィットネスルーム

目黒川に面した建物2階にフィットネスルームがあります。

8-(5).コンシェルジュサービス

各種取次、手配を頼めるコンシェルジュサービスがあります。ただ、サービス時間帯が17:00~22:00というのがちょっと変わっています。

8-(6).セキュリティ

シティタワー目黒18

24時間オンラインセキュリティシステムを完備、防犯のみでなく、地震でエレベーターが停止した場合なども警備員が現地確認に来てくれます。

また、カメラ付インターホンで来訪者を3段階にチェックする仕組みです。セキュリティはかなり重視されていて、これは、公開空地が作られることによる配慮かもしれませんね。3重チェックはセキュリティ面は安心できますが、宅配など荷物を受け取る時には煩雑かもしれません。

8-(7).宅配ロッカー

こちらの宅配ロッカーでは、荷物の受け取りだけでなく、宅配荷物の発送やクリーニングの依頼ができ、料金をクレジットカードで決済することも可能です。不在時に荷物が届いた場合、部屋のインターホン親機に着荷が表示されます。

8-(8).インターネット専用回線

インターネット専用回線を敷設済です。マンションで一括契約し、プロバイダー接続料、光ファイバーインターネット専用回線利用料、ヘルプデスク、故障対応の利用料金が管理費に含まれます。

9.「シティタワー目黒」の住戸設備

シティタワー目黒9

「シティタワー目黒」は、各住戸の設備が充実しているのも特徴です。一般的な分譲マンションで採用されている人気の設備はほぼ採用されていて、キッチンのカウンタートップに天然石を採用するなど、グレードも高い印象を受けます。

9-(1).キッチン

シティタワー目黒15

フラットな対面カウンターキッチンで、段差がなく、最大約900㎜の奥行きがあります。キッチンのカウンタートップは黒い天然石です。シンクには食器の音が響きにくい制振素材を貼っています。排水溝には生ゴミを粉砕するディスポーザーを設置。コンロはガラストッププレートつきガスコンロで、汚れがつきにくく手入れも簡単。レンジフードもスクエア型のシャープなデザインです。

キッチン収納も機能的で、ビルトインタイプの食洗機、スライド収納があり、引き出し開閉時の音が静かな設計です。

9-(2).洗面所

シティタワー目黒16

洗面室の内装はダークブラウンとホワイトの落ち着いたデザインです。洗面カウンターとボウルは継ぎ目のない一体成形で、直線的なスクエアフォルム。デザイン性の高さと手入れのしやすさが両立しています。

また、ボウル内には小さな段差があり、石けんなどを置くスペースが作られているので、カウンター部分が汚れにくい構造です。蛇口は、シングルレバー水栓で、ヘッドを引き出すことができ、洗面ボウルを流すときなどに便利。

洗面化粧台は三面鏡付きで、鏡の裏が収納スペースになっています。洗面化粧台のキャビネットの下には、体重計の収納ができるヘルスメータースペースがあり、スペースを有効活用。

リネン庫があるので、タオルや肌着などが収納でき、洗面や入浴の時に必要なものをすぐに取り出すことができます。

9-(3).トイレ

すっきりしたタンクレストイレで、もちろん温水洗浄機能付き・暖房機能付きです。ノンタッチで便器の自動洗浄も行うセンサーも付いているのですが、この機能は何かと便利で高齢者や小さな子供の流し忘れの防止にもなります。

手洗いカウンターも設置され、手洗いスペース上に鏡もあります。トイレ脇の壁の片面もダークカラーのタイル張りで、レストランのトイレのようです。

トイレットペーパーホルダーが2つあり、上部がちょっとした物を置けるスペースになっています。

9-(4).バスルーム

バスルームは洗面室と同じホワイトとブラウンの落ち着いた雰囲気。浴槽が約1.4m×約1.8mと大きいので、身体の大きい人でもゆったり入れ、プッシュ式の排水栓で、指で押すだけで簡単にお風呂のお湯を抜くことができます。これが意外と楽ちんで、バスタブの水を抜く時に腰に負担がかかりません。

女性にもうれしいミストサウナつき。

浴室暖房乾燥機があるので、カビが発生しにくく、雨の日でも洗濯物を乾かすことができます。

9-(5).床暖房

リビングにはもちろん床暖房を設置。1台の給湯器で、床暖房から、キッチンの給湯、お風呂のお湯張りと追い焚き、暖房や乾燥を行うシステムです。給湯器はエコジョーズで省エネにも対応。

24リットルの水を1分間に約25℃上昇させる24号給湯器を採用しており、キッチン・バスルーム・パウダールームの3ヶ所に給湯。

1台の給湯器でお風呂や床暖房などがすべて繋がっているのは便利ですが、故障したときの修理や、寿命がきたときの交換が大変な面もあります。

9-(6).断熱ペアガラス

開口部の窓ガラスには、断熱ペアガラスを使用しています。ガラスの表面に熱を反射する金属膜をコーティングし、2枚のガラスの間に空気層があるため、1枚ガラスに比べて断熱性が高く、冷房と暖房、両方の効率を良くすることが可能です。

9-(7).収納

収納は、クローゼットタイプです。ウォークインクローゼットが多く、靴を履いたまま出入りできる、シューズインクローゼットの付いた住戸、納戸のある住戸もあります。

オプションでシステム収納が付けられます。天井高もあり、収納スペースが少ないことから、システム収納も検討の余地がありそうです。

10.周辺のマンション

シティタワー目黒と同じように、目黒川のリバーサイド周辺で売りに出ているマンションを検証してみましょう。

オークプレイス目黒リバーテラス

オークプレイス目黒リバーテラス

  • 品川区西五反田3-13-2
  • 東急目黒線「不動前」駅から徒歩5分
  • JR山手線「目黒」駅から徒歩11分
  • 東京メトロ南北線 「目黒」駅から徒歩9分
  • 築年月 2013年2月
  • 鉄筋コンクリート造地上10階建
  • 総戸数 43戸
  • 3階部分 目黒川側
  • 専有面積 60.68㎡
  • 間取り 2LDK+S+WIC
  • 価格 7,100万円 坪単価386万円
  • 旧分譲 大和ハウス

シティタワー目黒とは東急の線路を挟んで西側の目黒川沿いに面しており、不動前駅からはほんの気持ち遠くなりますね。物件案内の表示ではJR目黒駅まで11分となっていますが、目黒川沿いに歩けばこちらの方が近い気がします。

どちらかというと、シティタワー目黒より閑静な住宅街といった雰囲気で、目黒川の風情を味わえる環境です。タワーにこだわらなければ、お値段が安いこの物件を検討する価値は十分ありますね。

>>>オークプレイス目黒リバーテラスの詳細データはコチラ

クレヴィアタワー目黒不動前

クレヴィアタワー目黒不動前

  • 品川区西五反田3-9-8
  • 東急目黒線「不動前」駅から徒歩5分
  • 築年月 2015年3月
  • 鉄筋コンクリート造地上21階建
  • 総戸数 138戸
  • 14階部分
  • 専有面積 55.62㎡
  • 間取り 2LDK
  • 価格 6,980万円 坪単価414万円
  • 売主 伊藤忠都市開発

こちらのマンションは目黒川には面していませんが、シティタワー目黒とは背中合わせの東南の位置で山手通りに面しています。価格に差があるとすれば、目黒川に面しているか、山手通りに面しているかの違いと、ブランドの違いでしょうか。

ただシティタワー目黒の東南の住戸にとって、眺望や採光に影響を与える存在ではありますね。ですので、もしシティタワー目黒の購入を検討するなら、東南の眺望や採光をチェックしておく必要があるでしょう。

>>>クレヴィアタワー目黒不動前の詳細データはコチラ

パークホームズ目黒ザレジデンス

パークホームズ目黒ザレジデンス

  • 目黒区下目黒2丁目9-2
  • 東急目黒線「不動前」駅から徒歩7分
  • JR山手線 「目黒駅」から徒歩9分
  • 築年月 2012年2月
  • 鉄筋コンクリート造地上10階建
  • 総戸数 237戸
  • 10階部分 目黒川側
  • 専有面積 64.85㎡
  • 間取り 1SLDK
  • 価格 7,580万円 坪単価386.5万円
  • 売主 三井不動産レジデンシャル

こちらの物件は目黒アドレス。リセール時には、アドレスは品川より目黒の方が比較的有利と言われています。不動前駅からは徒歩7分と少々遠くなりますが、その分JR目黒駅には近くなります。とはいえ、どちらの駅からも5分以上かかるというところが微妙。

前出のオークプレイス目黒リバーテラスと坪単価は変わらず、築1年のクレヴィアタワー目黒不動前と比べると坪当たり27.5万円安くなっています。タワーではなく目黒アドレスにこだわるなら、この物件は検討に値しますね。

>>>パークホームズ目黒ザレジデンスの詳細データはコチラ

11.まとめ

シティタワー目黒3

最近では目黒駅直結のタワーマンション・ブリリアが完売したばかりで、注目度も高い目黒エリア。こちら「シティタワー目黒」も、外観のデザイン性も高く設備も充実しており、静かで生活環境も良好、価格さえ見合えば魅力的なマンションです。

価格は残念ながら非公開なので、問い合わせていただかなくてはなりませんが、その他検討の参考にしてみてください。

photo by 住友不動産

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top