マンションジャーナル

マンションジャーナル

ニューヨークで片付が大ブーム!?「こんまりメソッド」とは一体なんだ?

マンションジャーナル最新記事

More
ニューヨークで片付が大ブーム!?「こんまりメソッド」とは一体なんだ?

皆さん「こんまりメソッド」って聞いたことがありますか?

「こんまりメソッド」とは今活躍中の片付けコンサルタント、近藤麻理恵さんの書いた、片付けに関する本ですが、日本では2010年に発売されたもので、世界31ヵ国で翻訳、出版されています。

それが何故か今、ニューヨークでブームになっているというのです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

こんまり(近藤麻理恵さん)とは

この方の経歴を聞いていると大変ユニークなので、ご紹介したいと思います。

こんまりさんが片付けに目覚めたのは5歳の頃からだというから驚きです。その頃から主婦向けの雑誌を熟読しているような子供だったということです。

本格的な片付けをするようになったのは15歳、当時日本で出版されている片付け本は一冊残らず読み尽くしたとは、ご本人の弁です。

片付けコンサルタントになったのは19歳、大学の卒論も片付けについての論文で卒業したということです。

片付けコンサルタントになってから10年以上、この方の片付け術の特徴は、一回片付けが終わると、二度と散らかった状態にならないということだそうですよ。

皆さんもその秘密を是非とも教わりたいですよね。私も大変興味を持ちました。

こんまりメソッド(方法)

方法は大まかにいうと3ステップです。

(1):片付けは、一気に短期に完璧に。

(2):片付けは、物別で。

(3):ときめく物を残す。

この(3)つのステップですが、片付けというものは毎日しなければいけない、また片付けをしているうちにスキルが磨かれて、だんだん上手になるものだと思っていたら間違いだというのです。そんなことを考えていると片付けは一生終わらないのだそうですよ。

だからこのステップ(1)の、一気に短期に完璧にやるのが良いということです。本当に片付けられる人になる為には、大きな意識のショックが必要。ということでステップ(2)に続くのですが、例えば今日はリビングを片付ける、明日はキッチンをと考えると、またこれが一生終わらない、だから物別で片付けるようにするのが、こんまり流です。

今日は洋服から、明日は本というようにです。洋服の場合、家中の洋服を一度に全て出して積み上げるのがコツなのだそうです。このとき、衣類の山を見て少なからずショックを受けます。「こんなに沢山の服を持っていたんだ」と驚きます。自分の持っている服の量を確かめることができる、このステップは絶対はずせないそうですよ。

ここから、必要な物と不必要な物を分ける作業に移るわけですが、物を選ぶ判断が普通の人とは違って、不要な物を選ぶのではなく残す物を選ぶのだそうです。

(3)のステップは、その残す物の判断基準が手に取って触れてみることで、気持ちがときめくかどうかということです。これは必ず手にとって触ることが大切で、見るだけでは駄目だそうです。

片付けは物と向き合うこと

こんまりさんの高校時代の面白いエピソードにこういうものがあります。

とにかく青春時代のほとんどの時間を、ひたすら片付けに費やしたようなこんまりさんですが、学校から帰るとすぐさま大きなゴミ袋を持って、家中の捨てる物を探し回るという毎日だったようです。それは「片付けは捨てるもの」だと信じていたからなのですが、二年くらい続けるとストレスが溜まり、片付けノイローゼになったそうです。

ある日、いつものようにゴミ袋を持って家中の捨てるものを探していたとき、家の中が急にもやもやした感じになり、全部いらない物に見えてきたのだそうです。その瞬間「もう片付けはしたくない」と思ったら、失神してしまったということです。

二時間後、ひとりで気が付いて起き上がったときに、不思議な声が聞こえてきて、それは「物をよく見なさい」という言葉だったらしいのです。

それが彼女の考えが大きく変わった瞬間で、「今までの片付け方は間違っていた」と心の底から気づいたのです。

片付けるということは、捨てる物を探すのではない、自分がときめき、愛する物を探す事なのだと…。ここから彼女の片付けの法則が変わり、驚く程片付けができるようになったということです。

「片付けの目的は、物を減らしすっきりさせることではなく、物と向き合うこと」高校生のとき、彼女がたどりついた答えはこれだったのです。

ときめく物を選ぶ判断力が人生を変える

このときめく物を判断する能力が養われていくと、単に片付けに限らず、仕事や対人関係などあらゆる面において、今迄の基準と変わってくるそうです。

こんまりさんが、「ときめく物を選ぶ判断力は人生を変える」と自信を持って言っていたのが大変印象的でした。

片付けにも哲学があり、やはりその道を極めた人の言うことは、説得力があると感じました。

もし片付けるのが苦手だと言う人がいれば、「こんまりメソッド」を実践してみては如何でしょうか。


【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top