マンションジャーナル

マンションジャーナル

【電力自由化】マンション、賃貸でも電力自由化は可能なのか?

マンションジャーナル最新記事

More
【電力自由化】マンション、賃貸でも電力自由化は可能なのか?

今年4月からスタートする電力自由化。テレビや雑誌などでも広告や特集が組まれていますが、「マンション住まいや賃貸だから関係ない」と思っていませんか?実は、この電力自由化、一戸建ての持家でなくても、マンションや賃貸だって選べてお得になるのです。今日は電力自由化の基礎知識をご紹介します。

電力自由化とは?

これまでは地域ごとに、たとえば関東なら東京電力、北海道なら北海道電力、関西なら関西電力というように電気を購入する電力会社が決まっていました。しかし、4月からの電力自由化では、一般家庭でも複数ある電力会社から自由に購入先を選べるようになるのです。これまで通りの電力会社を選ぶことも可能ですし、自由化で新規参入している新しい電力会社=小売電気事業者(新電力)から選ぶことも可能です。尚、既にオフィスビルや工場などではこの電力自由化は行われています。

「電力を買う」実際の方法は?

自宅がマンションだったり、賃貸だったりすると、新しい電力会社のために管理組合や大家さんに届け出て工事の許可をもらわなければならないのでは?と思いますね。実はこの電力の自由化では工事は一切必要ないのです。具体的な電気の供給の仕方をご紹介します。

これまでは、地域の電力会社が電気を「発電」して、変電所まで「送電」し、各家庭までの「配電」をする3つの事業を一括して行っていました。
電力自由化後にはこれらの仕事は、「発電事業」「送配電事業」「電力小売り事業」の3つに分かれます。新規参入した新電力は、このうちの「発電事業」と「電力小売り事業」を行い、「送配電事業」については今まで通り地域の電力会社(関東なら東京電力)が行うことになります。

その際スマートメーターという電力量計を取り付けることになりますが、各家庭までの送配電には一切変更がなく、配電線の工事などは一切必要ないのです。このスマートメーターは電力自由化に伴い設置が義務付けられることになり、これを各家庭に取り付ければ毎月検針員が行っていた検針業務が自動化され、電気使用状況の見える化も実現します。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

既に一括受電サービスを利用しているマンション

マンションでは一括受電サービスを地域の電力会社と結んでいる場合があります。これは、電気をマンション全体で一括購入する「まとめ買い」で、電力会社と管理組合とが大口契約を結び高圧電力を一括購入、管理組合がマンション内に所有している変圧器で家庭用の電圧に変えて各戸に配電し電気料金を削減するサービスです。このサービスを導入しているマンションでは、個別に新電力を選ぶことはできません。またもし選べたとして既に一括受電サービスで割り引かれていますから、あまりメリットが出ない場合もあるのです。

一方で、電力自由化を機にマンションで一括受電サービスを利用しようと検討する管理組合もあるかもしれません。一括受電サービスを導入するためには、管理組合の総会決議が必要です。また、居住者が個別契約していたものを管理組合の一括契約とするためには、居住者から同意書を取り付ける必要もあります。一括受電サービスをやめるにも、これから始めるにも、管理組合と組合員である居住者でよく話し合い慎重に検討することが大切です。

電力会社の選び方

電力自由化では、単に安い電気を購入するというのではなく、その家庭のライフスタイルに合わせた電力会社を選ぶことが肝心です。CMなどでご存じかもしれませんが、携帯電話やコンビニエンスストア、ガス会社など、他業種からの新規参入も始まります。これにより、携帯電話と電力をセットで、あるいはガスと電力をセットで買うことで料金が安くなったり、コンビニで電力を買うことでいつも貯めていたお店のポイントが付与されたりと、それぞれに特色がありお得感があるプランが出てくるでしょう。また、値段が安くなる使用時間帯なども電力会社によって異なってきます。自分のライフスタイルにはどの電力会社から買うのが一番お得か、よく考えてみることが大切です。

まとめ

いよいよ4月に始まる電力自由化についてご紹介しました。マンションだから、賃貸だから関係ない、他人事の話、ではありませんね。自分と家族のライフスタイルを見直して、どんなプランが最適なのかを考えて、家庭に合ったお得なプランを見つけましょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top