マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション賃貸か購入で迷った時の比較基準とは

マンションジャーナル最新記事

More
マンション賃貸か購入で迷った時の比較基準とは

住まいを考える時、購入が良いのかそれとも賃貸が良いかは、昔から色々な意見が交わされてきた問題です。それぞれにメリットがあり、またデメリットがありますが、総合的に見て一体どうなのでしょうか。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

まずは購入、賃貸それぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのかを確認し、その上で選択を考えて見ましょう。

マンション購入のメリット

  • ライフスタイルに応じて、自由にリフォームできる
  • 資産価値がある
  • 賃貸物件よりも建物・設備のグレードが高い
  • 社会的な信用を得られる
  • 住宅取得において税金など各種の優遇措置を受けられる

マンション購入のデメリット

  • 所有権を有するので固定資産税を納める必要がある
  • 毎月の管理費、修繕積立金が必要
  • 住み替えが自由ではない
  • メンテナンスが必要な場合、修繕積立金が十分で無い場合は資金を出すこともある

賃貸マンションのメリット

  • 気に入らない場合など自由に住み替えができる
  • ローンの負担がない
  • マンションの管理を考える必要がない。(管理は家主がする)

賃貸マンションのデメリット

  • 内装を変えられない。変えたとしたら退去時、元に戻す必要がある
  • 毎月家賃を払っても、何も残らない
  • どんなに高級マンションに住んでいても社会的信用を得られない
  • 住んでいる限り家賃の支払いが続く
  • 老後の不安がある
  • ファミリー向け物件が少ない
  • 契約更新時に更新料が必要(一般的には家賃1ヶ月分)
  • 以上のようなメリット、デメリットが考えられます。

老後を考えると分譲マンションに軍配が上がる

分譲マンションに資産価値があるといっても、ローン返済後の築35年以上のマンションは買い手もない為、資産価値があるとは言えない、買い手があってこその資産価値だという意見もありますが、私はそうは思いません。

現在のマンションの寿命から考えても、築35年以上経っていても住むには何の問題もないはずです。勿論メンテナンスやリフォームの費用はかかりますが、たとえ買い手がなくても住み続けることができるということは価値があるということです。一方、賃貸なら何処に住んでも死ぬまで家賃が必要です。

現に東日本不動産流通機構が発表したデータによると、首都圏において売買が成立した中古マンションのうち、築年数が31年以上のものは、全体の22.7%(2014年)と全体の2割強を占めます。

参考:首都圏の中古住宅、制約・新規登録共に「築31年以上」の物件シェアが拡大

賃貸の場合は老後に新しく借りるということが非常に難しい問題になってきます。生涯住み続けることを考えれば、老後も安心して暮らせる分譲マンションの購入を考えた方が良いのではないでしょうか。

コストの見方にも注意が必要

また分譲マンションはローンの返済以外に、固定資産税や管理費、修繕積立金、火災保険金等が必要になってくるので、計算すると毎月の負担が大きくなると考える人もいますが、実は賃貸マンションの賃料の中にこれら全てのものが含まれているのです。家主がマンションを保有するコストをカバーできなければ貸しても意味がありません。賃貸業が成り立っているということは、これら所有者が負担する費用に儲けがプラスされているということです。

賃貸マンションの場合は初期費用も分譲マンションに比べて手軽に入居できるという点や、住み替えが自由というメリットは大きいので転勤族や単身者には向いていると思います。しかしファミリーの場合は子供の学校の問題、また自身の老後の問題も含めてよく考えて選択していただくのが良いでしょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top