マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ネット銀行の住宅ローンは低金利ってホント?

ネット銀行の住宅ローンは低金利ってホント?

ここ数年の間に、大きな存在感を放つようになったネット銀行。中でもその金利の低さから注目を集めているのが住宅ローンです。ネット銀行で融資を受けることのメリット・デメリットをご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ネット銀行とは?

なんとなくのイメージは浮かぶものの、一般的な銀行とどのような違いがあるのかよくわかりませんよね。ネット銀行は、対面式の店舗を持っていない、もしくは店舗数が少なく、インターネット上での手続きのみで利用できるサービスを提供しています。

店舗がないということは、振込やATMの手数料が安く設定されています。そして好金利での預金や融資を受けることができるため、近年利用者が増加しているのです。

メリット・デメリットは?

インターネットやタブレット端末、スマホの普及に伴い、ネット銀行の利用者も増加する傾向にあります。しかし利用をする前に、メリット・デメリットを把握しておくことが大切です。

メリット
  • 低金利で借り入れができる
  • 保証料・繰り上げ返済手数料、団体信用生命保険料が無料の場合が多い
  • それぞれのネット銀行の派生サービスが受けられる
  • 24時間申し込みが可能
  • ネットだけで手続きが完結する
デメリット
  • 審査が書面のみのため条件が厳しい
  • 審査に時間がかかるケースがある
  • 書類作成が自己責任
  • 個別の融通が利きづらい

ネット銀行と相性が良い人は「調べ物が好き・苦にならない」「手続きは業者任せではなく、自分でやりたい」「客観的に収支状況を判断できる」「短期間での繰り上げ返済を計画している」などの特徴が挙げられます。「低金利」なのは「自分でやる」からだという認識が必要です。

ネット銀行を利用すると、いくら安くなるの?

みなさんが気になるのは、一般の銀行よりもいくら安く借り入れを抑えられるのか?という問題です。借入金3000万円を期間35年で借り入れた場合を比較シミュレーションしてみます。

ネット銀行
  • 金利…0.57%
  • 返済月額…7万8807円
  • 総返済額…3309万8804円
一般的な金融機関
  • 金利…1.075%
  • 返済月額…8万5738円
  • 総返済額…3600万9876円

約300万円程度の差が見られます。しかしネット銀行の住宅ローンは審査が厳しいとされており、誰にでも利用できるわけではありません。勤務先が安定している方という表現しかできませんが、それなりに返済能力のある方に絞られます。

そして融資実行まで時間がかかってしまう場合が多いため、時間的にも余裕がある方にお勧めです。また変動金利での利用になるため、変動金利を選択できる知識や、いざという時の繰り上げ返済ができる余裕資金が必要になります。

まとめ

表面上の金利や手数料などは、かなり魅力的なローンです。しかし厳しい審査を乗り越えなければならないこと、自己資金に余裕があること、属性が高いことなど、それなりのレベルが求められます。逆に言えば、条件に合致している方には、かなり有利を受けることができるお勧めのローン商品といえます。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

マンションジャーナル編集部HASHIMOTO
元不動産業界紙の新聞社記者。銀行や不動産会社の勤務経験もあり、宅建や証券外務員、ファイナンシャルプランナー、色彩検定などの資格を取得。住宅の選び方から住宅ローン、インテリアまで幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top