マンションジャーナル

マンションジャーナル

「センスいいね!」と言われるインテリア選びのマストポイント

「センスいいね!」と言われるインテリア選びのマストポイント

インテリアを上手にコーディネートするうえで欠かせないのが「カラーコーディネート(=色彩計画)」。色が人に与えるイメージは大きく、インテリア全体の印象につながります。色彩計画によってコーディネートされた部屋は、バランスの良い快適な空間となります。一方、色彩計画を伴わない部屋は、まとまりを欠いた落ち着きのない空間となってしまいます。カラーコーディネートに関するルールを知って、洗練された住空間を手に入れましょう。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

「色」の基礎知識

インテリア色の選び方3

「色」と一口に言っても、文字通りいろいろありますよね。大きくは、「無彩色」と「有彩色」に分類されます。白、グレー、黒が無彩色、それ以外が有彩色です。

有彩色は赤、青、黄、紫、緑など色味の違い(=色相)に分けられ、さらに明るさの度合い(=明度)や鮮やかさの度合い(=彩度)で細かく区分けされています。たとえば、同じ青でも藍、ペールブルー、群青など微妙な色の違いを明度や彩度によって分類します。

色をどのように組み合わせると、おしゃれでバランスの取れたコーディネートになるでしょうか?次のステップで見てみましょう。

色の組み合わせパターン

インテリアの選び方2

初心者でも失敗の少ない、色の組み合わせパターンを3つ紹介します。

一つ目が、類似色相の組み合わせです。黄色と黄緑色、赤とオレンジなど似た色相の色を組み合わせると、無難にまとまります。メリハリをつけるために、分量を調整してテーマにしたい色を多めにすると良いでしょう。

次が、同じ色相で明度、彩度の異なる組み合わせ。ビビッドな青と淡い青など、同じ色相でも明度や彩度の違う色は、オーソドックスで合わせやすい組み合わせです。

最後に、異なる色相で同じトーンの組み合わせ。色の持つ調子のことをトーンと言います。ビビッドトーンは元気なイメージ、ペールトーンは淡い印象、ダークトーンなら落ち着いた雰囲気など、トーンにはそれぞれのイメージがあります。異なる色でも同じトーンであれば統一感が生まれ、まとまりやすくなります。

カラーコーディネートのポイント

インテリアのアクセント

インテリアのカラーコーディネートを行う際、使用する色の数を4~5色に抑えると部屋全体をきれいにまとめることができます。どこに、どのくらいの分量を使うか、一般的には「ベースカラー」、「メインカラー」、「アクセントカラー」の3つで計画を立てていきます。

「ベースカラー」は床や天井、壁など部屋の中で一番広い部分に使われる色で、部屋全体の70%を占めます。基本的には白やアイボリーが多く、飽きのこないベーシックなものが選ばれます。

「メインカラー」は、カーテンなどのウィンドウトリートメントや、ソファなどの大きな家具の色。インテリアの雰囲気を決める主役の色で面積は全体の20~30%。部屋の目的に合う色のうち、一番好きなものを選びましょう。

「アクセントカラー」はクッションやランプシェードなど小物類の色を指し、インテリアにアクセントをつける役割があります。分量は全体の5%程度。分量が少なく費用を抑えられるので、季節や気分に合わせて気軽にいろいろな色に挑戦してみると良いでしょう。

北欧家具激安通販 インテリアショップ・イーナ

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top