マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【マンション】リフォームとリノベーションの違いとは?

【マンション】リフォームとリノベーションの違いとは?

家を改修しようと考えた時、最初に浮かぶのが「リフォームとリノベーションは何が違うのか?」という疑問です。最近では、一般の方にもリノベーションという言葉が普及し、リフォームと同じ意味だと解釈されている方も少なくありません。そこで今回は、両者の相違点について詳しくご紹介します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

リフォームとは?

一般的には、老朽化した住宅を新築時の状態に戻すことを意味します。賃貸マンションやアパートにおける入居者が退去した後の「原状回復工事」を連想いただくと分かりやすいと思います。入居前の状況に戻すための改修なのです。

外装の塗り直しやキッチン設備の変更、壁紙の張替などの機能を回復させる工事が該当します。老朽化したものを正常な状態に修復するというニュアンスになります。

リノベーションとは?

これに対し、リノベーションとは、既存の住宅に大規模な工事を施し、新築時よりも性能を向上させ、価値を高めることです。英語の「renovation」という単語の意味通り、刷新や革新を意味します。そのため新築時の状態プラスαで機能や価値を持たせており、デザイン性の高い現代的なスタイルの間取りが多くなります。

基本的には、耐久性・耐震性を高めるための壁の補修や、内外装の変更工事が該当します。仕切りをなくして、広々としたリビングダイニングキッチンの空間にするなど、中古物件に新しい付加価値を生み出す方法として活用されています。

明確な線引きは存在しない?

両者に明確な線引きが存在しているわけではありません。しかし一般的には、2つの観点から比較されることが多くなります。

工事の規模
  • リフォーム…キッチンやバスの入れ替え、壁紙の張替などの設備変更や修繕
  • リノベーション…給排水管や間取り、冷暖房喚起設備などの大規模工事
性能面の向上
  • リフォーム…マイナスの状態からゼロに戻す(新築時の状況)
  • リノベーション…マイナスからプラスの状態にする(新築時以上)

どちらがお勧めなのか

ここまでを読むと、リノベーションを行う方が良いのでは?と思っている方も多いと思います。もちろん現代人のライフスタイルに合わせて、中古物件を再生させる有効な手段であるため、お勧めではあるものの、メリット・デメリットはしっかりと把握しておきましょう。

メリット
  • 洋服などのオシャレを楽しむ感覚で自由に設計ができる
  • 購入後に手を施せば良いため、物件選択の幅が広がる
  • 新築物件よりも価格を抑えて魅力的な物件に住める
デメリット
  • 築年数が経過しているため耐久性に不安が残る
  • 購入後の検査や設計、工事の時間が長期に渡ってしまう

まとめ

「リフォーム」とは新築時の状態に戻すための改修、「リノベーション」とはデザインや設計により、新築時プラスα性能や価値を生み出すことです。建物を改修するという意味では同じものの、向かう方向が異なります。自分たちの目的に合わせた手段の選択が大切です。

著者について

マンションジャーナル編集部HASHIMOTO
元不動産業界紙の新聞社記者。銀行や不動産会社の勤務経験もあり、宅建や証券外務員、ファイナンシャルプランナー、色彩検定などの資格を取得。住宅の選び方から住宅ローン、インテリアまで幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top