マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【リフォーム】マンションの床をフローリングに…出来ない時もある!?

【リフォーム】マンションの床をフローリングに…出来ない時もある!?

中古マンションを購入した場合や、今住んでいるマンションが古くなったときに、リフォームの検討をすることはありますよね。リフォーム工事の中でも「床をフローリングにしたい」というのはかなり人気があるリフォームなのですが、実際にマンションの床をリフォームしフローリングなどにする場合にはいくつか注意する点があります。ここではマンションの床のリフォームについて考えてみましょう。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

管理規約に気を付ける

マンションの床は、周辺の部屋、特に下の階に対する防音に直接かかわる箇所であるため、戸建てとは違い自由に変更する事はできないようになっています。そのためマンションでリフォームを行おうとする際には、まずはマンションの管理規約や仕様細則を確認して、どのような工事が可能なのかを確認する必要があります。

マンションによっては「フローリングへの変更自体を禁止」しているところもあります。

当然ですが、そのようなマンションの場合には床をフローリングに変更する事はできません。リフォームする事を前提に中古マンションを購入する場合、購入前にマンションの管理規約等について確認し、希望するリフォームが行えるかを確認しておく必要があります。

それを怠ると「リフォームするつもりで購入したのに希望のリフォームが行えない」という事態に陥る可能性があります。

少し話はそれますが、そもそもリフォームを行わう予定がないくても、中古マンションを購入する場合には事前に購入しようとしているマンションの管理規約に目を通す事は必須です。

そこには貴方が予想していないような規約が入っているかもしれません。

一例をあげれば「洗濯物をベランダに干してはいけない」という規約があるマンションがあります。そのようなマンションを購入した場合、せっかく南向きにベランダがあってどんなに気持ちよく晴れた日であっても、そのベランダに洗濯物を干す事はできないわけです。

そんなマンションあるの?と思う方もいるかと思いますが、事故防止や美観の関係で、特に高層マンションではあまりめずらしくない規約です。

リフォームから話がそれましたが、リフォームを行う前提で中古マンションを購入する場合には必ず管理規約について目を通しておく事、それから担当の不動産屋にリフォームの予定を説明し、そのリフォームに問題がないかを事前にマンションの管理会社に問い合わせてもらうようにしましょう。

マンションの管理会社は、管理規約に書かれてないような事も知っているので、きちんとした回答が得られるはずです。

管理規約にかかれてないような事とは、たとえば「マンション自体はリフォーム可能だが、その部屋の元の持ち主と階下の部屋の人が以前路フォームで揉めた事があったのでリフォーム工事には注意を払ってください」など、管理会社でないと知りえないような事がマンションには意外とあるものです。

ちゃんとしたマンション管理会社の担当者であれば、自分が担当している物件についてかなり細部まで把握しているものです。

床の防音仕様とは?

マンションの管理帰宅や仕様細則を見ると、いろいろな規定が書かれている場合があります。たとえば先に書いた「畳やカーペット敷をフローリングに変更してはいけない」場合。この場合は、フローリングへの変更自体をあきらめる必要があります。

そこまでではなくても、一般には床材として使用するフローリング材の防音レベルを規定してあるのが一般的です。

純粋なフローリング材は、木の板をつなぎあわせて作られたものです。フローリングの床というのは一般的には集成材と呼ばれる複数の木を組み合わせたもの、高級なものでは無垢の板材を使ったもの等がありますが、いずれにせよ基本的には木を組み合わせただけの床です。

当然ながら床は硬く簡単に言えば木で作った太鼓のような構造ですから、そこに物を落としたり引きずったりした場合、その音はとてもよく響いてしまいます。

それどころかフローリングの上を普通に歩くだけでもその音は想像以上に響くため、もしそのような特に騒音対策がなされていないフローリング材を床に使用した場合、下に住んでいる人は生活騒音に耐えられなくなってしまいます。

そのため、そのような騒音対策がなされていないフローリング材は戸建ての一階であれば問題なく利用できるのですが、マンションの床には使用できません。

そんなわけで、マンションで使用するフローリング材については、仕様細則等で防音レベルを定義されている場合がほとんどです。

マンションの仕様を見ると、たとえば「フローリング材は防音レベルをLL45(遮音等級)以下の物を使用するように」と定められています。

フローリングの防音レベルとは?

フローリング床の遮音等級については日本建築学会で定められていて、床への衝撃音がかなりうるさく感じられるL-70からほとんど衝撃音が聞こえないL-40まで床材に等級がつけられています。もう少し詳細に説明すると、遮音等級には2種類があり、重量衝撃音に対する遮音性を対象とした「LH」と、軽量衝撃音に対する遮音性を対象とした「LL」という2つの基準が設けられています。

重量衝撃音というのは、人間の足音等の比較的重くて柔らかいものを対象とした基準で、軽量衝撃音というのはスプーンの落下音のような比較的軽くて硬いものに対する遮音効果を定めたもの。物理的に言えば周波数の低い振動に対する遮音効果を定義したものが「LH」、周波数が高い振動に対する定義が「LL」です。関係としてはUVカットクリームに表記されている「SPF」と「PA」と似ています。

UVカットクリームの場合は「PA」が周波数の低い紫外線に対する効果、「SPF」が周波数の高い紫外線に対する効果を表していますが、「LL」と「LH」もちょうどそれと似た関係にあるわけです。そしてフローリング材にて規定されている「L値」というのは「LH」と「LL」の両者を総合して評価した値の事です。「L」「LH」「LL」いずれも値が小さいほど遮音性能が高い事を表しています。

遮音フローリング材ですが、構造的には表面材である木部の裏側にウレタン等の遮音材を貼り付けてあるもので、遮音性の高いものは一般的な木の床と異なりかなりふかふかした踏み心地になります。リフォームされた中古マンションの見学などをした事があればご存知かもしれませんが、この遮音フローリングの踏み心地は一般に想像するフローリングの感覚とは多少異なるものですので、あらかじめショールームやモデルルームで体験しておく事をおすすめします。

遮音に有効な二重床工法とは

マンションの床の作り方には、遮音フローリングを直接あるいは防音マットなどを介して躯体であるコンクリートスラブに直接張る方法が一般的ですが、その他に「二重床」と呼ばれる方法があります。この二重床とは、スラブの上に柄と呼ばれる金属性の柱を立ててその上にフローリング床を施工する方法です。

床が二重化されるため防音効果が高く、使用できる床材に選択の幅が広がる事、また床下に配管や配線を通す事も可能なため、たとえばホームシアター等を考えている方にはオススメできる工法です。

一方で、新しく作られた床下空間に音が反響してそれが階下に伝わってしまう等という場合もあるため、この工法になれた業者に依頼する必要があります。(ホームシアター用途であれば床下には吸音と断熱を兼ねてグラスウールなどをいれるのが一般的です)

この二重床工法ですが、直接床板を設置する工事と比較してコストがかかること、また、床が持ち上がる形になるため部屋の天井高自体が低くなるというデメリットがあります。施工の際には業者と十分打ち合わせを行いメリットデメリットを考えた上で工事を依頼してください。

周辺への気遣いを忘れない事

昔のマンションはともかく、最近のマンションは窓の防音性が上がり外からの音が気にならない物件が増えています。

このようなマンションは静かに暮らせるメリットがあるわけですが、一方で、相対的にマンション内の周辺住戸の生活音が気になるようになっています。管理規約に従って遮音性に配慮したリフォームを行う事はもちろん大事ですが、それとあわせて、周辺の住戸に対し生活音で迷惑をかけていないか、それとなく気にする事で無用なトラブルを避けることができます。

ただでさえリフォーム時には周辺住戸に対し騒音で迷惑をかけることになるわけですから、その後の生活での気遣いは忘れないようにしてください。マンションは戸建と異なり複数の住戸が共同で生活しているわけですから、快適にすごすためには普段からこのようなコミュニケーションを欠かさない事が重要になります。

ちなみにリフォームの相見積もりには、お値段比較で有名な「価格.com」が便利です。匿名で提案・費用見積もりを受けらることが出来、掲載されている会社はすべてリフォーム瑕疵保険に加入済なので万一の工事ミスにも対応出来るのが安心出来るポイントです。

>>無料一括見積もりで提案をかんたん比較 価格.com リフォーム

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top