マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローン審査において「転職」「短い勤続年数」「自営業」は不利なの?

マンションジャーナル最新記事

More
住宅ローン審査において「転職」「短い勤続年数」「自営業」は不利なの?

住宅ローンの審査で苦戦するとされるのは「自営業」や「転職直後」の方。安定した収入があるのにも関わらず、どうして不利だとされるのでしょうか?勤続年数と雇用形態が融資に与える影響をご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

何を見て融資を決定するのか

そもそも住宅ローンの審査では、「年齢」「年収」「返済負担率」「勤続年数」「担保評価」「債務状況」「健康状態」をトータルで判断しています。そのため、就職や転職したばかりの方、収入の増減幅の大きい自営業者は、返済能力が低いと判断されてしまいます。

しかし、現在では珍しくなくなった転職。ステップアップとして、年収がアップする方も少なくありません。同業種内でのキャリアアップなどの、プラスと判断できる転職であれば、借り入れを出来る可能性は広がります。勤続年数の短さで、諦めてしまう必要はないということです。

どこが不利と判断されてしまう?

勤続年数や自営業者のどこがネックになってしまうのか?を、しっかりと把握しておきましょう。

勤続年数

一般的には、勤続年数は同じ会社において3年以上が最低ラインとされています。そのため転職したばかりの方であれば、金融機関によってはお断りされるケースが多くなります。しかし、先程少し触れたように、キャリアアップの転職である場合には、金融機関によっては、問題なく借り入れが出来るケースも出てきます。またフラット35の融資条件には、勤続年数の規定がないため、選択肢の一つとして有効です。

自営業者

個人で事業をされている方の場合、過去2〜3年に渡って安定した収入を得ていることが求められます。しかしここで重要になるのが「所得」を「申告」していることがポイントです。税金対策のために…と所得を抑えて申告している方が多くなります。そのため、実際には十分な返済能力があっても、金融機関には伝わらず、審査が通らなくなってしまいます。

何に注意をすれば良い?

一般的に不利とされる要素でも、それが把握できていれば、対策を打つことができます勤続年数の問題であれば、住宅購入が転職の時期と重ならないようにする、キャリアアップであることを証明するなど、手段は残されています。

そして自営業者の場合には、住宅ローンの審査前に、修正申告を行えばいいのです。少なめに計上していた売上や所得を、実質の状態で申告します。しかし、後先考えずに行ってしまうと、所得税や住民税が跳ね上がり、子どもが保育園に通っていれば保育料にまで影響が出てきます。

そこで、有効なるのは、従来から取引があり、正しい収支状況を把握している金融機関の住宅ローンを利用することです。修正申告をしなくても、返済能力の高さが伝えられるため、税金が跳ね上がる心配もありません。

まとめ

一つ覚えておいて欲しいのは、目的は「借りる」ことではなく「完済する」ということ。転職を控えているから、審査が通りやすい今のうちに借りておこうという考えは危険です。たとえキャリアアップの転職であっても、会社との相性などの不確定要素は、時間が経たなければ把握できません。生活的に落ち着き「返していける」という判断が出来てはじめて、購入に踏み切ることがベストといえます。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top