マンションジャーナル

マンションジャーナル

【保存版】迫り来る新年!年末の大掃除完全攻略マニュアル!

マンションジャーナル最新記事

More
【保存版】迫り来る新年!年末の大掃除完全攻略マニュアル!

12月は師走=普段は落ち着いているお坊さんも走り回る位忙しい月です。

主婦の皆さんも仕事をしている方が増えましたし、職場や子ども関係のお付き合いの忘年会もあれば、クリスマスパーティーの準備もある。年末はお正月の準備もあるし、帰省の支度も・・。きちんと家を大掃除しようと思っていても、なかなか手が回らずに毎年適当に終わらせてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

今年こそは計画的に大掃除を終わらせたい!そんな方のために大掃除について考えてみました。 

大掃除の時期

年末のお掃除↑年末は何かと忙しい!

日本では大掃除は「煤払い」と言って昔から歳末の恒例行事となっていました。昔は旧暦の12月13日に行われていたのですが、これは奉公人が年末は生まれ故郷にゆっくり帰省できるよう早めに行っていたのだそうです。今も、神社仏閣ではこの「煤払い」が年末の行事として残っていますね。

一方、現代の一般家庭の大掃除と言うと、仕事納めをした後、年末のお休みに入ってすぐの12月28日頃に家族総出で行っていました。この一年でたまった汚れを落として、新しい年の歳神様をお迎えする準備をするのです。また、学校や企業では終業式や仕事納めの頃に総出で大掃除を行っています。

しかし、年末はとにかく忙しいですよね。子どもも冬休みに入っても塾の冬期講習や部活などでゆっくり家にいることは少ないです。そんな暮れも押し迫った頃に家族総出で大掃除をと号令をかけても、なかなかじっくり掃除をするのは難しく、結局中途半端に終わってしまうかも。

仕事を持つ主婦が増えた今、隅々まで全てをピッカピカに掃除するのは無理という場合だってあります。でしたら、計画的に掃除を進め、気になる部分や目立つところだけでもピッカピカにして、気持ちよく新年を迎えるようにしたいものです。

それには、年末にまとめてなんて思わずに、しっかり計画を立て12月に入ったら少しずつ掃除を始めるようにするといいのです。

大掃除の計画立案

基本は上から下へ

部屋掃除は上から下へ↑上から下が掃除の基本

まず復習しておきたいのは、お掃除の順番です。掃除は上から下を心がけましょう。折角床をきれいに磨いても、その後照明の掃除をして埃を落としては意味がありません。上から下という基本を忘れないようにしましょう。

大掃除の計画としては、自分の中で何を優先的にするかでいくつかのプランが立てられます。プランを立てる際のヒントをいくつかご紹介します。

寒い場所は早めに終わらせてしまう

年末の寒さが堪える頃に、外の掃除というのはかなり辛いものです。それで年末年始に風邪をひいていては悲しいですね。マンションならベランダ、戸建てならお庭などの掃除は、12月に入ったら天気の良い暖かい日に早めに済ませてしまい、続いて家の中へと進めていくといいでしょう。

普段手がつけられない場所を重点的に

リビングやトイレ、お風呂や洗面所は、普段からも掃除はしているはず。そういう場所ではなくて、普段はなかなか手がつけられない場所を優先的に掃除するというプランもあります。たとえば、網戸、高い場所にある窓、換気扇、手が届かない照明器具など。1年分の汚れをきれいにしたらすっきりしますよ。

普段の掃除をパワーアップして徹底的に

普段から掃除はしているが、この機会に徹底的にきれいにしたいと思う場所に重点を置くというプランもあります。キッチンやトイレ、お風呂や洗面所など、水回りを徹底的に掃除すれば気分もすっきりします。また、家族皆が使うリビングダイニングは色々な物を皆が持ち込んで、いつの間にか雑然としているのですが、それが当たり前になってしまうと気にならなくなります。この機会に物を整理して、各自持ち込んだものは自分の部屋に戻すなり処分するなりしてみましょう。大掃除の後は少し家具の配置を変えてみたらどうでしょう。新鮮な気持ちで新年を迎えられますよ。

人を招く予定なら目立つ部分を優先的に

きれいな部屋

クリスマスパーティーや忘年会を自宅で開く予定があるなら、お客様が来た時に目立つ部分を優先的にやってしまうという方法もあります。普段の掃除よりも丁寧に、玄関→トイレ・洗面所→リビング→キッチンという順番でできるところまで頑張ってみましょう。

玄関は中側は綺麗なのですが、外廊下の窓の桟が埃だらけというのでは恰好が悪いものです。外側のお掃除も忘れないようにしましょう。

きれいに掃除したキッチンでクリスマスのお料理を作るのは、テンションも上がり楽しいですよ。キッチンは年末まで何度も汚す機会はあるし、まだ掃除は早いのでは?と思うかもしれません。しかし、一旦すっきりきれいにしたら気持ちも新たになって、使ったらその都度きれいにするので意外と汚れにくいものなのです。

便利グッズを活用しよう

100円ショップやホームセンターに行くと、便利な掃除グッズが売られています。それらを利用してなるべく楽に掃除ができるようにしましょう。いくつか便利グッズをご紹介します。

重曹

料理、洗濯、掃除とあらゆる家事で大活躍なのが重曹です。油と馴染んで浮かせて落とせるので、大掃除の必需品です。

クエン酸

クエン酸は水垢を落としてくれるので、水回りの掃除で重宝します。お風呂や洗面所、トイレやキッチンで使ってみてください。

メラミンスポンジ

しつこい汚れを洗剤なしでもきれいに落としてくれるメラミンスポンジは大掃除に大活躍ですよね。こちらは四角くカットされて使いやすいタイプです。

ペットボトルブラシ

水を入れたペットボトルを取り付けて、サッシなどの溝の掃除に使います。ボタンで水を出したり止めたり調整できるので非常に使い勝手が良いです。

網戸・フィルター洗いブラシ

ついつい普段は忘れがちな網戸の掃除。大掃除の時にはきれいにしたいですね。このブラシはワイドなので、網戸や暖房器具のフィルターなどが一気に洗えて便利です。

なるほどバケツ

このバケツは汚れた水を流しやすい注ぎ口になっており、雑巾がけやホースを差し込めるホースホルダーも付いている便利バケツです。水は8L入ります。

時間がない方は家事代行を

仕事が忙しい方、年末休みが短い方、お付き合いや帰省もあり掃除をゆっくりする時間がないという方は、この際自分で手が付けられない部分の大掃除については、家事代行を頼むという方法もあります。年末大掃除のキャンペーンを行っている家事代行会社もありますので、HPで何社か比べてみて希望に合った会社を見つけましょう。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

すっきりお掃除して気持ちよく新年を迎えましょう!

おせち料理

大掃除だから家中をきれいにしないといけないと思うと、やらなければならないことが山積みでプレッシャーになりますが、掃除する場所に優先順位を付けたり、重点箇所を決めて、こつこつクリアしていけば意外と楽しく気持ちの良いものです。

大掃除は主婦の仕事なんて勘違いは捨てて、世のだんな様方もお子さん達もできる限り手伝いましょう。きれいに片付いた我が家で迎える新しい年は気持ちよく、幸せが沢山舞い込む良い年になりそうな気がしますよ。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top