マンションジャーナル

マンションジャーナル

スマートハウスって何なの?

スマートハウスって何なの?

スマートハウスという言葉を最近よく耳にするようになりました。大手住宅メーカーやその他の異業種からも次々と参入し、スマートハウスの販売に力を入れているようですが、このスマートハウス、分りやすく言うと、どういうものなのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

スマートハウスとは

エネルギーを賢く効率的に使いながらCO2の排出を抑制し、地球環境に優しい家ということですが、具体的には「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」をIT技術を利用することで、集中コントロールするというものです。

  • 「省エネ」は壁、屋根、床に断熱材を使用し、窓には複層ガラス入りサッシなどを取り入れることや、できるだけ隙間をなくすことで冷暖房効率を良くします。
  • 「創エネ」は太陽光発電を取り入れて、自家発電をします。
  • 「蓄エネ」は家庭用蓄電池の使用により深夜の安い電気を蓄えて日中に使用することで、日中の発電は全て売電に回すなど、効率良く電気を使用します。

これらを全て、HEMS(ヘムス)によって集中コントロールし、家庭のエネルギー使用状況を「見える化」することで、省エネ意識を促し賢くエネルギーを使用することにつながります。
HEMSとは、ホーム(H)エネルギー(E)マネッジメント(M)システム(S)の略で、HEMSで実現できることは、「表示」と「制御」です。

どれだけのエネルギーがいつ、何処で、何に使用されているのかを「見える化」するのが「表示」で、自動的にエネルギー使用量を最適化することが「制御」です。

スマートハウスのメリット

  • CO2排出の抑制に貢献できる。
  • 家電はエアコン、洗濯機、炊飯器、食洗器など全てタイマー予約できるので、起床時には準備完了となる。
  • 外出先からスマートフォンでエアコンや風呂の湯張りを予約でき、帰ったらすぐにお風呂に入ることができる。
  • 電力が高い時間帯に家電を使うのを避け、安い時間帯に利用をシフト(夜間電力を使う)することができ、経済的である。
  • 子供や老人、またはペットのいる家庭では、ホームセキュリティーを自分で管理できる。外出先から家の中に取り付けてあるウェブカメラの見守りシステムで携帯に家の中の映像を送信して確認することができる。
  • 災害時にも安心である。

スマートハウスのデメリット

  • 最初の設備投資が非常に高額である。
  • 家庭用蓄電池は寿命があり、5~10年程度で弱り始めるので定期的な交換が必要である。
  • 家庭用の設備機器を全てスマートハウス対応のものから選らばなければならない。
  • 故障の場合の修理は一般の家電、設備より割高になるし、修理してくれる場所も限られる。

以上のようなメリット、デメリットが考えられます。大きなメリットはあるものの、コスト面での問題や、故障時のことを考えると一般家庭への普及はまだまだ遠いと感じます。

まとめ

現在各地で、エネルギー自給自足を目指し、官民一体となって「スマートタウン」の実証実験が進められています。まだスマートハウスは進化過程の初期状態だと言えるかもしれません。しかし、今後の技術革新による更なる進化が楽しみな分野だということは間違いないと思います。

現在は地球温暖化が想像以上に進んでいることが分かり、待ったなしの状態です。COP21がパリ郊外で開催されましたが、日本も発展途上国に温暖化対策の援助として、年間1兆円から1兆3000億円に増額することと、技術革新の強化を約束しました。
こういう背景からもスマートハウスの今後の進化は目覚しいものになる予感がしますが、如何でしょうか?楽しみに注目したいですね。

【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!

太陽光発電 最安値は価格.com
最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

photo by 太田工業

著者について

マンションジャーナル編集部KAHARA
住宅ライター。インテリアコーディネーター。日々の生活が素敵になるお家のインテリアやリフォームのコツなどをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top