マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ペアローンと収入合算って違うの?安易に選んではいけない住宅ローンの罠とは

ペアローンと収入合算って違うの?安易に選んではいけない住宅ローンの罠とは

近年では、女性の社会進出も進み、夫婦共働きの世帯が増えています。産後や育児休暇の制度も充実し始めており、出産を機に必ずしも「退職」という選択をする必要がなくなりました。そこで住宅ローンを組む際にも、旦那さん+奥さんの収入を合算して融資を受けることで、さまざまなメリットが受けられます。しかしおすすめできる手段ではあるものの、注意も必要になってきます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

夫婦協力型の2つの融資方法とは?

希望する物件が見つかっても「夫の収入では、とても満足の行く融資が受けられない…」と頭を抱える購入者も少なくありません。

そこで、最近注目を浴びているのが、妻の収入も利用をして住宅ローンを申し込むというケースです。「収入合算」と「ペアローン」の2タイプに大別されるため、それぞれの特徴を見ていきます。

収入合算とは

連帯債務と連帯保証

上記の図をご覧ください。これは収入合算、ペアローン、フラット35をそれぞれ夫婦で借りた時の特徴をまとめたものです。

収入合算とは、世帯主(夫)の収入をメインとして、配偶者(妻)の収入を加算し、収入額を増やす方法です。本来よりも大きな額を借り入れできるため、ワンランク上の物件に手が届くものの、返済といった面からすると、リスクは大きくなってしまいます。また、配偶者が万が一、退職などをして収入が減ってしまった場合、返済に大きな影響を及ぼします。

ペアローンとは

ペアローンでは、世帯主(夫)と配偶者(妻)が、それぞれの収入を基準として、別々の借り入れを行います。つまり1つの世帯で、夫名義と妻名義の2つの住宅ローンを組む形になります。

収入合算と比較をした際、ペアローンの方がより借入額を膨らませることができます。しかし2つのローンが存在するため、契約にかかる手間と諸費用が通常よりも多くなってしまいます。

2つの借り入れは何が違うのか?

一見すると、ほとんど同じように見える「収入合算」と「ペアローン」。実は細かい部分が異なってきます。収入合算、ペアローンそれぞれのメリット・デメリットを見てみます。

収入合算のメリット

  • 先ほどの繰り返しになりますが、ペアローンほどでないにしろ、借入可能金額が大きくなります。
  • 収入合算はあくまで主債務者が住宅ローンを借りるもの。それゆえ、不動産の所有権は、主債務者単独となります。将来売却、相続の際に、所有権が複数人になっているのと、色々と揉める原因にもなります。収入合算はこういったリスクがないのがメリットです。

収入合算のデメリット

  • 団体信用生命保険がかかるのは主債務者だけになるので、万が一奥さんなどの収入合算者に何かがあった場合は、保険の適用外になります。このリスクを抑えるためには、民間の保険に入るなどの対策が必要になります。
  • 収入合算は、あくまで1つの借入契約を銀行と行う形になるので、住宅ローン減税が使えるのは主債務者だけになります。

関連記事:住宅ローン減税・控除の金額の違いと条件を徹底解説!

ペアローンのメリット

  • 収入合算よりも多くの借入を行うことが可能です。
  • 旦那さん、奥さんそれぞれに団体信用生命保険が適用されるので、リスクを分散することが出来ます。
  • 旦那さん、奥さんそれぞれにそれぞれに住宅ローン控除が適用されます。個人が売主の中古マンションの場合、最大で20万×10年間×2人=400万円の控除が受けられることになります。

ペアローンのデメリット

  • 旦那さん、奥さんそれぞれが銀行と契約を結ぶので、手間や費用が増えます
  • 夫婦どちらかに万が一の自体が発生しても、もう片方の返済は残ります。
  • 不動産の持分を正しく設定する必要があります。持分を誤ると、本来は不要である贈与税が発生する可能性があります。

まとめ

収入合算、ペアローン、どちらも借り入れ枠を大きくしたい世帯にはおすすめの方法です。しかし、それと同時に家計に与える負担と、返済リスクが膨らんでしまうことを覚えておかなければいけません。特に、配偶者である妻の収入を、どこ程度返済に組み込むかは、家族構成などの状況から慎重に判断しなければいけません。

時として有効な選択肢になる2つの借り入れ方法。ですが、リスクを考慮せず、使用方法を誤ってしまえば、大惨事に繋がります。とても有効な手段である分、デメリットを十分理解した上で、利用するようにしましょう。

関連記事:連帯債務と連帯保証って違うの?夫婦で住宅ローンを組む際の落とし穴とは

著者について

マンションジャーナル編集部HASHIMOTO
元不動産業界紙の新聞社記者。銀行や不動産会社の勤務経験もあり、宅建や証券外務員、ファイナンシャルプランナー、色彩検定などの資格を取得。住宅の選び方から住宅ローン、インテリアまで幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top