マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

子育てしやすい部屋ってどんな部屋? 間取りの工夫を大公開!

子育てしやすい部屋ってどんな部屋? 間取りの工夫を大公開!

子どもが生まれたら、大人だけのそれまでのライフスタイルもガラリと変わります。どうせなら、楽しくラクチンに育児ができたらいいですよね。子育てしやすい部屋ってどんな部屋なのでしょうか。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

子育てしやすい部屋のために、押さえておきたいポイント

  • 子どもが基本的な生活習慣を学べる部屋。
  • 効率的な家事ができる部屋。
  • ストレスのない育児ができる部屋。
  • 成長に合わせて間取りを変化させることができる部屋。

子どもにとっての家庭は、あいさつ、お手伝いなどを通して基本的な生活習慣を学ぶ場です。子どもでも私物を楽に管理できるような収納を設定したり、お手伝いへの流れをスムーズに作ってあげることも大切。

対面式キッチンや、水まわりを一か所にまとめた効率的な家事動線を設定しておけば、子育てと家事の両立ストレスを減らせます。

また、子どもの成長に合わせて、間取りをフレキシブルに変えていける部屋は子育て家庭にとって合理的です。

子育てしやすい間取りとは?

小さな子どもがもっとも長い時間を過ごすのが、リビングです。子育てしやすいリビングの間取りとはどんなものなのでしょうか。

  • 多目的スペースが設置できるくらい広さがある。
  • リビングにつながる対面式キッチン
  • リビングにつながる和室

先ほど述べたように、キッチンは子どもの様子を見ながら家事ができる対面式が便利。親の目が届くリビングの一角をプレイスペースに。さらに、リビングにひとつづきになっている和室も便利です。子どもが小さいうちは遊び場や昼寝場所、夜はふとんを敷いて家族または来客用の寝室にと、フレキシブルに使えます。d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

子どもの成長段階に合わせた子ども部屋

子ども部屋をどうするかは、親にとっては頭の痛い問題だったりしますよね。思春期に入った子どもの突然の自室要求に慌てるのではなく、子どもの成長段階に合わせてどのように対応するのか、前もって計画しておきたいところです。

【乳児期(0~1歳)】

子ども部屋はまだ必要ありません。子どもが小さいうちは、「母親のいる場所=子どものいる場所」です。リビングの一角にベビーマットを設置して目の届くところで過ごさせれば安心ですよね。

おむつやミルクなど、赤ちゃんグッズの仮置き場をリビングに設置しておくと、すぐにお世話ができます。ただ、赤ちゃんグッズはやがて必要がなくなるものなので、あくまでも仮置き場として設定するとよいでしょう。

子育てに追われると家事の時間もままならなくなります。キッチン、洗濯機、バスルームなどの水まわりをまとめ、効率的な動線を作っておくと、家事ストレスが少なくて済みます。洗濯物干し場も動線上にあるとよいですね。

【幼児期(1~6歳)】

まだまだ親の目のとどくところで過ごす段階。子どもも親のそばにいたがります。

だんだんおもちゃが増えてくる幼児期。自分のものは自分で片付ける、という生活習慣をつけてあげたいですよね。子どもひとりで片付けるのは難しいので、リビングの一角に収納スペースを作って大人と一緒に片付けるようにします。

部屋の中に持ち込みたくないベビーカーや自転車、外遊び用の泥のついたスコップなどを置くスペースを確保するためにも、玄関は広めがよいでしょう。

【ジュニア期(7~12歳)】

そろそろ子ども部屋を用意する段階です。とはいえ、基本的にはリビングで過ごすことも多い時期。

小学生になったら、自分のものはひとりで管理するようにしむけます。子ども部屋には、ランドセルや洋服など、私物を保管する場所を作ります。子どもでも管理しやすい収納方法にしてあげてください。

リビングで、食事の支度をする母親とおしゃべりをしながら宿題をする子も多いので、リビングのテーブルは大きめにして多目的用途にするとよいでしょう。対面式のキッチンなら、食事の支度をする親の姿が子どもに見えるので、スムーズにお手伝いに誘導できます。

【思春期(13~18歳)】

子ども自身も個室を要求しだす年頃。思春期は大人と子どもの過渡期。一人になれるスペースが必要です。ただ、親の目が届かない密室では子どもが何をしているかわからなくなりますよね。

部屋の使い方については改めて「カギをかけない、部屋でゲームをしない、スマホを持ちこまない」などの約束事をするとよいでしょう。引き続き、私物や部屋を自己管理するように教えます。

まとめ

「子どもは手放しでかわいい!」でも、子育てはやっぱり大変ですよね。労力の点については、間取りで多くを解決できます。

ままならない家事、オモチャで散らかった部屋に、親がいつもイライラ…。子どもにとっても悲しいこと。できるだけラクチンに家事育児ができるお部屋にしつらえて、笑顔で過ごしたいものですよね。

4055

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top