マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

『東京都北区赤羽』でブレイクした“赤羽”、何故か人が集まる奇妙な街

『東京都北区赤羽』でブレイクした“赤羽”、何故か人が集まる奇妙な街

赤羽は飲み屋の多い街、そんなイメージを持っている人は少なくないでしょう。事実、飲み屋は今でも沢山あります。そんな赤羽がディープな魅力を持った街として注目されているようです。

そのきっかけは、漫画家の清野とおる氏が描いた『東京都北区赤羽』。なんとこの漫画、あの「ワンピース」より売れているとか。もちろん、赤羽での話ですよ。この漫画には、個性的でチョット変な赤羽の街の様子やそこに住む人々が登場します。しかしそれらは作り話のようで、実はノンフィクションだというのです。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

そこへドキュメンタリードラマの、「山田孝之の東京都北区赤羽」がテレビ東京で放送されて人気に拍車がかかったようです。だからといって赤羽が奇怪な街ということではなく、常識にとらわれない自由な感性を持った街と捉えるべきでしょう。では、この面白そうな赤羽という街にどんな魅力があるのか探ってみましょう。

四方に伸びるアクセスの良さ

ありきたりではありますが、やはり交通の便は気になるところ。では赤羽の交通の便はどうかというと、何とこれが驚くほど便利なのです。

まずJR線は京浜東北線をはじめ、埼京線・宇都宮線・湘南新宿ラインが利用可。京浜東北線で南へ向かえば東京を経由して横浜方面、北へ向かえば浦和・大宮へとつながっています。湘南新宿ラインでは新宿・渋谷へのアクセスがスムーズなだけじゃなく、鎌倉にだって一本で行けちゃいます。

地下鉄も東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅があって、永田町や六本木・目黒方面にアクセスでき、目黒では東急目黒線へ乗り入れているといった具合に何処へいくのもとても便利。

ひと昔前は京浜東北線と東北本線しか通っていなくて、東京の北の端にある垢抜けしない街というイメージがありました。ところが今は、アクセスが良くて楽しい街に変貌しちゃったというわけですね。

赤羽の買物事情

赤羽駅東口には、セイユーとダイエー。セイユーは24時間営業なので、忙しい共稼ぎ夫婦にはありがたいですね。赤羽にはダイエーは2店あって、北本通りの先にあるのは、ダイエー赤羽北本通り店で旧Dマート。そしてララガーデン商店街の中ほどに、ダイエー 赤羽店があります。こちらの店舗は大型店で、食料品の他に衣料品や日用品も豊富に取り揃えてあり各種専門店も入っています。

西口にはイトーヨーカドーとアピレがあり、北口の改札を出るとその先には、食料品を扱う「フードガーデン赤羽駅ビル店」。その他にも、「ララガーデン」や「赤羽一番街商店街」といった商店街もあります。スーパーなどの施設がこれだけあると、日々の買物には不自由しなくて済みますね。

侮れない赤羽のラーメン

東京のラーメン激戦区といえば池袋・高田馬場・新宿などが有名所ですが、赤羽のラーメンもなかなかのもので侮れませんよ。e8b5a43080aeec941225f0f8e2388898_s

「満月」の醤油ラーメン

好みの味は人それぞれでしょうが、あっさり系がお好みなら「満月」の醤油ラーメンがおススメ。自家製の手打ち麺とチャーシューがウリの店で、昔ながらの透き通った鶏ガラスープは年配者に人気があるようです。ちょっと変わったところで、ニンニクチップが入った白味噌ラーメンもあります。

煮干しのスープがクセになる「自家製麺 伊藤」

煮干しのスープに自家製のストレート麺が人気の、「自家製麺 伊藤」もあっさり系好みには外せないお店です。具はネギとチャーシュウだけ、このシンプルで個性的な煮干しのスープにハマって常連になる人も多いようです。

透明な「清湯」がウリの「麺処 夏海」

それから、「清湯」という名の透明感のある鶏ガラスープが特徴の「麺処 夏海」。生姜の香りが食欲をそそる、「豊穣清湯特製醤油ラーメン」はクセになって通う人も多いとか。

「自家製麺 ほうきぼし」の看板メニューは「汁なし担々麺」

辛いのがお好きというなら、痺れる辛さを味わえる「自家製麺 ほうきぼし」。女性店主が一人で切り盛りする、カウンター7席ほどの小さなお店。看板メニューの「汁なし担々麺」は、麺の下に汁が隠れているので何度も混ぜて頂きます。辛味を感じる前に唇が麻痺する不思議な辛さがクセになるようです。

その他にも、こってり系の豚骨ラーメンやつけ麺などなど、赤羽には美味しいラーメン店が沢山あります。でも、赤羽はラーメンだけじゃありません。女性に人気のイタリアンやフレンチといった、素敵なランチスポットだってあるのです。

赤羽のランチスポット

ラクレット×ラクレット

『ラクレット』というチーズをご存知でしょうか。アニメの「アルプスの少女ハイジ」で、おじいさんが暖炉で温めてトローッと溶かしていたあのチーズ。それをバケットに乗せて食べるのが、「ラクレットバスケット」。そんなメニューがあるのが、赤羽駅から徒歩4分のところにある「ラクレット×ラクレット」というイタリアンのお店。

イタリアンなのですが、ナチュラルチーズにラクレットをブレンドした「ラクレットフォンデュ」も楽しめます。その他のおすすめメニューは、新鮮な野菜と旬の魚介をたっぷり使って旨味を引き出した「アクアパッツア」。もちろん、デザートにはオリジナルのスイーツもおススメ。

カフェ・ランドスケープ

デミグスラソースがお好きな方におススメなのが、国産牛スジを使ったこだわりのデミグラスソースが自慢の「カフェ・ランドスケープ」。じっくり煮込んだ牛タンを自慢のデミグラスソースで仕上げた「デミグラ牛タン」や、ふわふわの卵でくるまれたオムライスにたっぷりのデミグラスソースがかかった「デミグラオムライス」が人気です。

metro cafe でぐち弐番

本格フレンチのランチが2,000円以下で食べられる、東京メトロ「赤羽岩淵駅」から徒歩ゼロ分の「metro cafe でぐち弐番」。地下鉄の2番出口から直ぐなので、「でぐち弐番」という店名が付けられてようです。とても、分かりやすいですね。

実はこのお店、「ミシュランガイド東京2015」に掲載され、ビブグルマンに認定された実力派なのです。平日のランチタイムは空席があるようですが、ディナータイムは予約が必要みたいですよ。

バーワルチー

日本にあるインド料理は、その殆どが日本人の舌に合わせてアレンジされています。けれど、インドの味にこだわっているのが「バーワルチー」という北インド料理のお店。商店街の中にある5~6席しかない小さなお店ですが、気さくなインド人シェフが評判。レストランというより、食堂といった感じで親しみやすい雰囲気です。

このお店のウリは「マトン」で、一番人気なのが「マトンマラサ」というカレー。丁寧にした処理されたマトンは臭みがなく、深みのあるカレーとマトンの旨味が絡み合いこれぞインド料理という通好みの味だそうです。本格カレー好きの方は是非一度、ご賞味あれ。

おすすめ居酒屋

54c19f89baed0f98adf56af6998aa3cb_sなんだかんだ言っても、やっぱり赤羽は飲み屋街。この街には、魅力的な居酒屋が沢山あります。そして、どのお店も安くて美味しいのが赤羽の特徴。でも飲み歩くだけじゃなく、多くの店は惣菜としてテイクアウトもできるのです。それって、赤羽の住人の特権ですかね。ということで、居酒屋さんの紹介は欠かせないでしょう。

鯉とうなぎのまるます家 総本店

0000000052-1024x768赤羽で大衆居酒屋の代表と言えるこのお店。もう60年以上も前から、朝の9時から営業している創業63年の老舗大衆居酒屋。朝から営業している飲食店は珍しくありませんが、このお店は朝から既に飲み屋さん。

もちろん、定食類も豊富にあるので食事だけでもOK。とはいえ、朝から営業している居酒屋なんてなかなかありませんから、多くの酒好きが吸い寄せられていくわけです。朝からお酒を呑むという非常識が、ここでは常識。だから、朝から酒を飲んでいても罪悪感はない。そんな空気というか自由な雰囲気が、赤羽の赤羽たる由縁なのかもしれませんね。

昭和の香りがするというか、店内は昭和そのもの。店名に「鯉とうなぎ」とあるように、鯉やうなぎといった川魚が看板のお店。鯉やうなぎ、スッポンといった高級食材でも価格はいたってリーズナブル。

まずは、鯉のあらいが400円。鯉のあらいというと、泥臭くて小骨があったりして敬遠する人が多いのですが、このお店はそんな心配は無用。下処理に技があるのか泥臭さはないし気になる小骨もなく、新鮮で身に張りがあって食べやすく美味しいのです。

何より驚きなのは、スッポン鍋の値段。スッポン料理といえば、専門店でコースを頼むとお一人様2万円くらいは当たり前で、鍋だけでも一人前数千円は普通。それが何と、一人前750円という衝撃の安さ。

うなぎも一番高い特上重が2,000円と、これまた少リーズナブル。その他にも様々な居酒屋定番メニューがあり、どれも安くてしかも美味しい。

酔っぱらいが長居するのを避けるためか、この店には「酒類は一人三本まで」というルールがあります。それと午後9時が閉店なので、夜に行くならお早めに。

ほろほろ鳥とうなぎの「川栄」

24857887このお店のウリは、何といっても「ほろほろ鳥」。鶏肉では味わえない独特の食感が楽しめます。イチオシメニューは、ほろほろ鳥の刺し身とタタキが一緒に味わえる合わせ盛り。タタキはモモ肉で、にんにくダレで食べるのがおススメ。軽く炙った皮が香ばしく、肉の旨味を引き立たせます。刺し身は胸肉で、本鮪の赤身のような食感。

シメは、やはり「うな丼」ですね。香の物と肝吸いが付いて1,900円とリーズナブルなお値段。これも、赤羽価格なのでしょうか。営業時間は、お昼の部が11:30~14:30で夜は18:00~22:00。ただし、並んで待つのを覚悟していってください。

「焼トン」の米山

以前はモツの生や半焼があったのですが、お上のお達しで今はなくなってしまったのが残念。それでも焼き加減はレアな感じがあって、今でも十分美味しいですよ。開店は、何故か夕方6時15分と中途半端な時間。並ばずに席に着くには、開店時間の30分以上前に行く必要があります。といっても、開店まで外で待つのは同じですけどね。とはいえ基本入れ替え制なので、開店時に入りきれなければ長時間外で待つ羽目になります。

注文は紙に書いてカウンターに置くのですが、小出しにせずいっぺんにオーダーするのが基本ルール。焼きトン以外のメニューで人気なのが、水餃子とマカロニサラダ。水餃子の餡はつくねと同じで、普通の餃子とはひと味違います。マカロニサラダにはこれでもかというくらい黒胡椒がかけられているのですが、これが意外と後を引く旨さ。

決して愛想が良いとは言えない店主ですが、何を食べても美味しく値段もリーズナブルなのでお客が途切れることがない人気店です。

OK横丁最古参の「八起(やおき)」

飲み屋がひしめく赤羽にあって、最も密集度が高い飲み屋街が戦後の闇市から続くOK横丁。その名の由来は、「何でもOK」というイメージから来ているそうです。終戦後の闇市ですから、その頃は何でもありだったのでしょう。当時の空気の名残が、今でも赤羽の飲み屋街に漂っているのかもしれませんね。

そんなOK横丁で最古参、そして最もメジャーな居酒屋が「八起」という店。この店の特徴は豊富なホルモン系のメニューで、モツ鍋の店として知られています。戦後の食糧難に家畜の内蔵を食べることが盛んになり、「八起」はそんな時代に生まれました。この店のモツ鍋には、戦後の食糧事情を背景にした歴史があるのです。

この店の鉄板メニューは「チャーメン」という聞き慣れない料理。麺料理かと思いきや、もやしとニラ、ひき肉を炒めて卵を絡めた素朴な料理。ちょっと濃い味付けなのですが、これが酒のつまみにちょうど良いのです。この他に「オッパイ炒め」とか「金玉炒め」という謎のメニューもあるので、興味のある方は試しに注文してみては。

なんだか赤羽の居酒屋はハチャメチャな感じがしなくもありませんが、でもそれが赤羽の魅力。人目や財布の中身を気にしないで、羽目をはずして楽しめる街。赤羽には年齢や職業などのボーダーラインはないみたいですね。そんな下町の温もりを残した懐の深さが、多くの人を引き付けるのでしょうね。

マンション紹介

交通の便が良く、ショッピング施設も充実している赤羽。そして、楽しげな居酒屋がひしめく飲み屋街。そんな赤羽のマンション事情ってどうなの?では、生活の利便性が高いだけではなく、人情味があてとっても面白い街にあるマンションをご紹介しましょう。

ウィルローズ赤羽 2,690万円 
  • 平米単価75.05万円
  • 東京都北区赤羽1-55-3
  • JR京浜東北・根岸線 「赤羽」駅 徒歩7分
  • 東京メトロ南北線 「赤羽岩淵」駅 徒歩1分
  • 鉄筋コンクリート造14階建10階部分
  • 総戸数 41戸
  • 1LDK 
  • 専有面積 35.84m2  
  • バルコニー面積 4.0m2
  • 築年月 2006年9月
  • 管理費 6,700円/月 管理形態 巡回
  • 修繕積立金 3,820円/月

単身者、もしくはDINKS向けですね。地下鉄だと駅から徒歩1分と超駅近で、歓楽街とは離れているので女性の一人暮らしでも安心。ただ、管理形態が巡回というのがちょっと気がかりですね。でも築10年未満で都心へのアクセスの良さを考えると、この価格は悪くないでしょう。

シティタワー赤羽ステーションコート 3,380万円  
  • 平米単価75.04万円
  • 東京都北区岩淵町838-1
  • 東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅 徒歩1分
  • JR京浜東北線「赤羽」駅 徒歩9分
  • 鉄筋コンクリート造22階建18階部分
  • 総戸数 83戸
  • 1LDK 
  • 専有面積 45.04m2  
  • バルコニー面積 5.76m2
  • 築年月 2009年10月
  • 管理費 10,910円/月 管理形態 通勤
  • 修繕積立金 8,970円/月

管理費・修繕積立金共に妥当な金額。特に修繕積立金は、先々の大規模修繕工事を考慮した適正な金額になっています。立地、そして間取りと専有面積からしてDINKSにピッタリの物件ですね。

24時間のオンラインセキュリティシステムやダブルオートロックなどは備わっていますが、余分な共有施設がないので管理費が抑えられています。必要最小限度の共有施設であれば、様々なメンテナンス費用も安く済みますからね。将来売却するにしても、比較的売りやすいでしょう。

ディアシティ赤羽 4,680万円  
  • 平米単価68.16万円
  • 東京都北区赤羽西1丁目15-16
  • JR京浜東北線「赤羽」駅 徒歩2分
  • 東京メトロ南北線「赤羽岩淵駅」徒歩11 分
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造14階建12階部分
  • 総戸数 34戸
  • 2LDK 
  • 専有面積 68.66m2  
  • バルコニー面積 4.85m2
  • 築年月 1990年11月
  • 管理費 21,380円/月 管理形態 通勤
  • 修繕積立金 8,550円/月

JRの駅近で西口ですから、帰りにセイユーやビビオで買物ができますね。南西に幼稚園や小学校があり、そこから少し先に「赤羽自然観察公園」や「スポーツの森」があるのでファミリー向けで子育てには良い環境です。

ただ、管理費が21,380円/月とちょっとお高いですが、総戸数が34戸と少なめなので仕方ないですね。それに比べて修繕積立金が8,550円/月というのは安い気がします。築25年なので第一回目の大規模修繕工事は済んでいるでしょうから、2回目の計画や積立金の状況を確認しておいた方が良いでしょう。

今回ご紹介した赤羽のマンションは「お買得」と言えるほどではないですが、人気エリアとしてはそう高い価格ではないですね。ファミリータイプのマンションはあるものの、売りに出ている物件は数が少ないようです。

まとめ

ディープな街として人気の赤羽ですが、本当に色んな意味で懐の深い楽しそうな街ですね。食事やお酒を楽しみに行くのも良いですが、実際に住んでみないと分からない魅力もあるのではないでしょうか。単身者やDINKS,そしてファミリーと、どんな層でも受け入れてくれる赤羽というディープな街に住んでみませんか。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top