マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ハウスマートの利用者様にインタビューさせて頂きました!

ハウスマートの利用者様にインタビューさせて頂きました!

日本初のダイレクト不動産売買プラットフォーム「ハウスマート」のユーザー様に、実際の使い勝手や満足度などの口コミをインタビューをさせて頂きました!
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

インタビューにご協力頂いた方

ハウスマートユーザー

  • お名前:酒泉正様
  • 性別:男性
  • サービスご利用内容:世田谷区のマンションを売却
  • サービスをご利用頂いたきっかけ:TV東京・モーニングサテライトで取り上げられた日経新聞記事からハウスマートの存在を知り、お問い合わせ ※写真はイメージです

インタビュー・業界の印象について

インタビュアー「本日はインタビューの方、ありがとうございます。早速ですが、不動産業界にどのような印象を持たれていますか?また、消費者としてどのような点に不満を感じますか?」

酒泉様「諸事情から、近年6件の賃貸と売買契約に関わり、計8社以上の不動産会社と接点がありましたが、不当に高い手数料を要求する割には物件知識やビジネススキルに欠け、旧態依然とした悪しき習慣が蔓延る、自浄作用の無い業界だと思っています。

それは大手でも地域密着の中小でも、多少の個人差がある程度で同様です。特に、顧客目線に欠けている点が不満で、横行している「囲い込み行為(※)」や「虚偽説明」には法的な罰則規定が必要と感じています。」※囲い込み行為についてはコチラの記事を御覧ください

ハウスマートのビジネスモデルについて

インタビュアー「弊社Housmart(ハウスマート)のビジネスモデルについてのご意見は如何でしょうか?」

酒泉様「売主が物件を提供して初めてビジネスがキックオフされるのですから、売主側の手数料割引は当然だと考えます。そして、その安い手数料が売買価格を適正な水準にして、結果成約に繋がるのです。

貴社がプラットフォームとして存在し、売主と買い手がダイレクトに接触する方法も、業界の悪習を駆除する意味からも大いに歓迎できます。」

不安だった点

インタビュアー「暖かいお言葉、ありがとうございます。弊社Housmart(ハウスマート)のサービスにご依頼頂く前に、ご不安に思われる点はありましたか?」

酒泉様「売主も買い手も相手がどのような人物か分からない点が不安点でしょうね。私は自分のビジネス経験から、相手のメール文面で人物像を描けますけれど、不安な方もいるのではないでしょうか。」

ダイレクトなコミニケーション

インタビュアー「実際に、弊社のサービスをご利用頂いた率直な感想をお願い致します。」

酒泉様「たいへん満足しておりますし、積極的に他人にも薦められます。やはり実際に住んでいる自分の見解を伝えられる=買い手の方は直接それを質問できる点が双方に好評でした。内覧をリクエストされてきた方々も、意識及び常識レベルの高い方々で驚きました。やはり自主性が高い人が貴社サービスを利用している・・・という印象です。」

マンション売買で気をつけるポイント

インタビュアー「今後マンション売買を検討されている方々に、何かアドバイスはございますでしょうか?」

酒泉様「先ず、売り手の方が基本知識を身に付け、「絶対に業者任せにしない!」ことです。売り手が不動産業者に丸投げしたら、買い手側にも迷惑が及ぶことを肝に銘じるべきです。(囲い込み行為の温床になるのです)簡単に言えば、成約手数料を取る業者とは専任契約を結ばないことです。手数料ゼロ、但し事務手数料10万円までが妥協ラインです)」

買い手の方は、一般消費財とはケタ違いの買物をする訳ですから、徹底的に自分でターゲット物件を調べて、優先順位の高い物件は、内覧前に外観や周辺の環境を足を運んで下見するべきです。例えばターゲット物件の住民層は、駐輪場や駐車場にどのような車輛があるかをチェックしたり、干されている洗濯物を見れば想像できます。そして不動産業者は、成約手数料2%以下の業者に絞っていいと思います。大手は全て3%+αですから、専売物件以外は切り捨ててすね・・・。そんな高額な手数料に見合うサービスが提供できる不動産業者はありませんので」

インタビュアー「貴重なご意見、ありがとうございました!」

ハウスマートは革新的なマンション売買の仕組みづくり、売買に役立つ情報の発信を通じ「圧倒的にわかりやすく、自由な不動産マーケットの創造」を推進して参ります。

1059

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top