マンションジャーナル

マンションジャーナル

話題沸騰!カーテンのように使える「バーティカルブラインド」とは?

マンションジャーナル最新記事

More
話題沸騰!カーテンのように使える「バーティカルブラインド」とは?

バーティカルブラインドとは縦に細長い短冊状のルーバーを並べて繫ぎ、窓の内側などに上から吊るして日除け、目隠しををするブラインドです。ルーバーの角度を変えて明るさを調節することができ、使わない時はカーテンのようにまとめておくことができます。オフィスや公共の建物に多く使われていましたが、最近は一般の住宅やマンションにも使用され、人気が高まっています。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

バーティカルブラインドの魅力

  • 普通のカーテンと同じく開閉が水平方向に行われるので、横型ブラインドのように全開にする必要がなく、スムーズな出入りができるため、テラスやベランダに面した掃きだし窓に便利
  • 縦を強調されるシャープなイメージはモダンインテリアにはぴったり。また、ルーバーの素材が豊富で、和紙を使ったものや無垢材素材のものは和風やアジアンテイストのインテリアにもよく合います。
  • バーティカルブラインドは様々な機能を持つ商品があり、コーナーになった窓やカーブした窓にも対応できます。電動で開閉できるものもあります。また、たまりの幅がカーテンに比べて小さいのですっきりとしていて、窓だけでなくリビングとダイニングの仕切りにも最適です。外からの視線が気になる場合はセンターレース式のバーティカルブラインドもあります。
  • ルーバーの色やデザインも豊富で、一枚一枚のルーバーの色を変えることもできます。そのため、好みのオリジナルデザインを実現することも可能です。またルーバーの幅も60~130mmまであり、ルーバーの細いものは繊細なイメージに、幅のあるものは大胆で力強いイメージになります。
  • 一枚だけの購入も可能なので、一部分の汚れや破損の対応がカーテンより便利。

バーティカルブラインドの注意点

  • 窓を開けて使用する場合はルーバーが風に揺れるので、ルーバーの下に付いているバランスウェイト(重り)がサッシなどにぶつかり音がする。
  • カーテンより操作が複雑なので、子供やペットのいる家庭は注意が必要。
  • 汚れが気になった時はカーテンのように、はずして丸洗いということはできません。ルーバーを取り外して一枚一枚手洗いすることは可能なようですが、手間を考えると専門業者に任せた方が安心かも。

まとめ

以上のような注意点もありますが、取り付けられている家庭では概ね満足されているようです。これからリフォームや転居を考えておられる方は、是非バーティカルブラインドの採用も考えてみてはいかがでしょうか。

photo by ニチベイ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top