マンションジャーナル

マンションジャーナル

【保存版】長期優良住宅のメリットとデメリットの一覧

マンションジャーナル最新記事

More
【保存版】長期優良住宅のメリットとデメリットの一覧

最近「長期優良住宅」という言葉をよく耳にするようになりましたが、長期優良住宅の簡単な説明と、そのメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

長期優良住宅とは

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年に施行されました。これは住宅を長期に渡り使用することで、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し環境の負荷を軽減すること、また建て替えに要する費用の削減によって国民の経済的な負担の軽減にも繋がり、より豊かで優しい暮らしへの転換を目的としたものです。

「長期優良住宅」に必要な条件とは、耐震性、耐久性能、維持管理・更新の容易性、住戸面積(必要な広さが確保されていること)省エネ性、居住環境(地域の街並と調和されている)維持保全管理・住宅履歴情報の整備などが挙げられます。

長期優良住宅のメリット

長期にわたって良好な状態で住み続けられるということは勿論ですが、その他にも「減税」の優遇と「金利」の優遇が受けられます。

所得税の住宅ローン控除
一般住宅は2000万円のところ長期優良住宅は3000万円、10年間の最大控除額は一般住宅は200万円、長期優良住宅は300万円です。

所得税の投資型減税
標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除できます。また、控除額がその年の所得税額を超える場合は翌年に控除できます。

登録免許税
所有権の移転登記、保存登記の登記免許税が軽減されます。

不動産取得税
一般住宅の場合は1200万円の控除ですが、長期優良住宅の場合は1300万円の控除にになります。

固定資産税
一般住宅でも3年間、1/2に軽減されていますが長期優良住宅の場合は5年間、1/2に軽減されます。マンションの場合は5年のところが、7年になります。

金利
住宅金融支援機構のフラット35の金利が基準金利より0.3%引き下げられます。

長期優良住宅のデメリット

申請に時間がかかる
長期優良住宅の認定を受ける為には様々な手続きが必要な為、一般住宅より時間がかかります。

申請にコストがかかる
住宅性能評価機関の技術的審査が必要になるので、これには56万円くらいかかります。また行政へ支払う認定手数料が数千円~数万円かかります。さらにハウスメーカーや工務店、設計事務所が手間賃を上乗せするということも多いです。

ハウスメーカーや工務店を選ぶ必要がある
長期優良住宅に詳しくない会社もあるので、スムーズな折衝ができないこともあります。長期優良住宅に積極的に取り組んでいる会社に任せた方が安心です。

建設コスト増になる
やはり良いものを建てようとしたら、コストも当然かかります。

完成後にもランニングコストがかかる
10年ごとに点検をしなければならないのでその為のコストがかかります。

まとめ

ざっと取り上げてみてもメリットとデメリット、どちらが大きいのかは判断が難しいかもしれません。家を建てる(買う)ということは人生においての大事業です。メリット、デメリットも含めてあらゆることを精査し、慎重に考慮されることをお勧めします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top