マンションジャーナル

マンションジャーナル

ここまで進化した!知られざる「洗濯機」の歴史

マンションジャーナル最新記事

More
ここまで進化した!知られざる「洗濯機」の歴史

「住まい」と「洗濯」は切っても離せない関係。実は洗濯機の歴史は意外と浅く、今年になってやっと100年を迎えるくらいなんです。昔の洗濯機はユニークでとてもおもしろい形をしていました。。今回はそんな洗濯機の歴史をご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

洗濯機の歴史

電気式洗濯機は1908年アメリカで発明されました。それ以前にはハンドルを手動で回したり、蒸気機関、ガソリンエンジン等を用いて回転させる攪拌式洗濯機が使われていたそうです。

日本では1928年(昭和3年)に東芝電気の前身である東京電気(株)がHurley Machine Company の「Thor」(ソアー)の輸入販売を開始しました。


010003700001IPSD01↑パナソニック社製の撹拌型洗濯機 (Photo by NipponStyle)

国産第一号は1930年東芝電気の前身である芝浦製作所から攪拌式洗濯機(ソーラ)として販売されました。その後1953年三洋電機から現在の洗濯機の原点とも言える噴流式洗濯機が低価格で発売され、一気に普及したということです。

senntakuki↑レバー付きの噴出型洗濯機 (Photo by 日経トレンディネット)

私の記憶にある一番古い洗濯機もこのタイプだったと思います。メーカーまでは記憶にありませんが、洗濯機の横にゴムのローラーが二本付いていて前面に取り付けられたハンドルを固定し洗い上がった洗濯物を挟んでハンドルを回すと、水分を絞れるという仕組みです。分厚いものは絞るのもかなり力が要りました。洗濯機に水を入れたり止めたりする作業も手動で行わなければならず、洗濯機から離れるということはできませんでした。

1970年代(昭和40年代)は二層式洗濯機の全盛期となりました。「洗い」と「すすぎ」を行う槽と「脱水」を行う槽が分離しているタイプです。洗濯物を移し替える作業は必要ですが、洗濯・すすぎと脱水を同時並行で行える為、時間あたりに洗える量は全自動洗濯機を上回る為現在でも根強い人気があるようです。

現在の洗濯機

洗濯機↑最新の洗濯機。コンパクトになりましたね。(Photo by girls channel)

<全自動洗濯機>「洗い」「すすぎ」「脱水」までを全てひとつの槽で行い、注水から最後の脱水まで全て自動で行います。第一号は現パナソニックから1965年に発売されましたが、使用する水の量が多いなどの問題もあり普及するのは遅れたようです。1980年以降は改良が重ねられ現在までの主流となっています。

<乾燥機付洗濯機>一般には洗濯乾燥機と呼ばれています。全自動機能に乾燥機能がついたものです。「洗い」「すすぎ」「脱水」「乾燥」までひとつの槽で全自動まで行うものと、乾燥機が分けられたものがあり、このタイプは乾燥機のみが横倒しの槽になっています。ひとつの槽で乾燥まで行われる洗濯機はドラム式とも呼ばれています。ただこのドラム式洗濯機で乾燥まで全自動でしてしまうと、洗濯ものが丸まってくちゃくちゃになったまま乾燥されてしまうので、後でしわを伸ばすのが大変だという欠点もあります。乾燥機をかける場合は一度取り出して洗濯物を広げてから再度ドラムに入れたほうがきれいに乾燥できます。

まとめ

昔の洗濯機から考えれば目を見張る進化があります。今乾燥までしてくれる全自動洗濯機を使った場合、私達のすることと言ったら洗濯された服をたたむだけ。最近、自動販売機のような形をした自動で服を畳んでくれるロボット(?)も試験開発されているようです。掃除も「ルンバ」のように自動で掃除をしてくれる商品もありますし、近年はテクノロジーの発展が著しく今後が楽しみですね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top