マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【これだけは守ろう!】お部屋のコーディネートで気を付けるべきポイント3選

【これだけは守ろう!】お部屋のコーディネートで気を付けるべきポイント3選

快適な住空間を実現するためには、お部屋のコーディネートは欠かせません。マンションで快適に暮らすために、お部屋のコーディネートで気を付けるべきことを押さえておきましょう。
>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

 インテリアのテイストを前もって決めておく

部屋のコーディネートを成功させるコツのひとつは、インテリアのイメージを前もって固めておくことです。心地よさには統一感が大事です。いきあたりばったりに家具を選ぶとテイストがバラバラになってしまうかもしれません。

インテリアのテイストは決めてありますか?代表的なものをチェックしておきましょう。

 クラシックkurasikkuモダンmodanナチュラルナチュラルカジュアルkajyuaruエレガンスeregannsuアジアンajiannカントリーカントリー和風wahuuガーリーga-ri-etc….

マンションの圧迫感は一戸建てより大きいもの。テイストがバラバラだとさらに圧迫感が大きくなるおそれがあります。

カラースキームを立てよう!

テイストと同様、カラースキーム(色彩計画)を立てておきましょう。

ベースカラー

床・壁・天井などの色面積が大きく、部屋全体への影響も大きい。一度決定すると最も変更が難しい部分なので慎重に決めましょう。

メインカラー

カーテンや大きめの家具の色。ベースカラーほどではありませんが、これもまた部屋への影響が大きいので慎重に。

アクセントカラー

クッション、照明器具などの小物類。取り替えがきくので比較的インスピレーションに頼ってもよい色です。

マンションは構造上設置できる窓が少なく、ベースカラーやメインカラーの面積が大きくなります。好みにもよりますが、ベースカラー、メインカラーは圧迫感のない色を選ぶようにしましょう。白やアイボリー、明るいベージュなどがおすすめです。

高層階なら、より注意深く地震対策を

マンションは高層階になるにつれて、地震の揺れも大きく長くなります。マンション高層階に住むのなら、より注意深く地震対策をとりたいもの。以下のチェックポイントを参考にしてください。

  • 背の高い大型家具は避ける。
  • 安定が悪く重いものを高いところに置かない。
  • 照明はペンダント型ではなくシーリングライトを。
  • ピアノ等大きな家具のキャスターは固定する。

まとめ

北欧の人々がインテリアにこだわるのは、日照時間が少ないからだそうです。部屋のなかで過ごす時間が長いゆえに、心地よく暮らせるインテリアが重要なのです。だからあんなに素敵なお部屋が出来上がるのですね。マンションで暮らす場合も、北欧の人々ほどではないにせよ、部屋のコーディネートに気を配りたいものですね。

インテリアショップ・イーナ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top