マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ミニマリストがいっぱい!?江戸の町は究極のエコ社会だった!

ミニマリストがいっぱい!?江戸の町は究極のエコ社会だった!

江戸時代の庶民の住宅といえば、時代劇によく出てくる“長屋”ですよね。この時代の平均的な“長屋”は、1.5畳程度の土間に台所とその奥に4畳半一間か多くて二間というかなりの狭小住宅。しかも安普請で隣との壁は薄く、プライバシーなんてありゃしません。トイレは共同で、もちろん内風呂なんてない。
>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

さぞかし不便で窮屈な暮らしをしていたと思いきや、どうもそうでもなかったようなのです。実は江戸の庶民たちは、そんな狭小住宅で驚くほど合理的な暮らし方をしていたのです。ということで、今回は江戸時代の住宅事情や合理的でエコな庶民の暮らしをご紹介しましょう。

江戸っ子はミニマリス

c90bea63c48c92da85062712099f63f3_s

ネットでも最近よく目にする「ミニマリスト」という言葉。辞書を引くと、「最小限綱領派」の訳で、最小限度の要求を掲げる社会主義者の一派。何だか小難しい気がしますが、語源は別にして、今は「必要最小限の物だけで暮らす人」という意味で使われているようです。大量生産、大量消費に対する反省や批判が根底にあるのかもしれませんね。

何を以って必要最小限とするかは人それぞれでしょうが、一つのものを工夫して様々な用途に使うとか、人と共有、または貸し借りをすることも含まれているようです。そして所有する物には、何かしらのこだわりを持つ。この点において、まさに長屋暮らしをする江戸庶民は「ミニマリスト」と言えるのです。では何故、江戸庶民が「ミニマリスト」だったのか、その理由とその背景をご案内しましょう。

貸し借りの知恵

d6783856cafdc7bcc63ddb29cb9beebd_s

先程記したように、江戸時代の長屋は超狭小住宅でした。ですので、物を置くスペースは限られています。そこで、快適に暮らすために知恵を絞り、様々な工夫をしていたわけですね。その一つが、物の貸し借り。味噌や醤油はもちろん、鍋釜や衣服なども住人同士で貸し借りしながら暮らしていました。そして驚くことに、様々な生活用品を必要に応じてレンタルしていたのです。

江戸時代には「損料屋(そんりょうや)」という職業があって、季節物の蚊帳や炬燵、鍋・釜・布団から“ふんどし”まで扱っていました。今風に言えば、生活用品の総合レンタル業ですね。何故、「損料屋」なのかというと、物を貸せば価値が目減りして損が発生するので、価値の目減り分、つまり「損」した分を料金としていたからだそうです。

この「損料屋」を利用することで、必要最小限の物しか持たなくても、必要に応じてあらゆるものが手軽に調達できるというわけです。そして粋な江戸っ子は、持ち物に自分なりのこだわりを持っていたようです。それも、余計なものは持たないからできたことなのでしょう。江戸時代の庶民は、とても合理的な「ミニマリスト」だったということですね。

火事が多い江戸の住宅事情

532124a133b9eaf2ab0a7a9657338c8f_s

江戸の庶民が「ミニマリスト」である大きな要素として、江戸の町は火事が多かったということが揚げられます。当時の住宅は、長屋にかぎらず木と紙で造られていました。そして燃料は薪、明かりはというとお金持ちはロウソク、庶民は魚を絞った魚油を使っていました。ですから、火事になるリスクは高く一旦出火すれば瞬く間に燃え広がります。

当時の消火方法は延焼を防ぐ破壊消防ですから、まだ燃えていなくても火が移る前に隣接した建物を壊してしまいます。そういうこともあって、特に長屋は敢えて壊しやすい簡易な構造になっていたのです。逆にいうと、簡易な建物だから新たに建てるのも簡単で早いというわけです。火事に見舞われてもすぐに再起する、実に強かで合理的な発想ですね。

裕福な商家などは、火事で自宅が消失してもすぐに同じ家を建てられるように、採寸して加工した材木を木場に預けていました。それだけ火事が頻繁に発生していたということですね。江戸は火事が多い町、だから庶民は必要最小限の物しか持たなかったのです。

何時火災が起きて焼け出されるか分かりませんから、火事に備えて大型の竹籠である用慎籠(ようじんかご)を用意しておき、いざとなったらそれに貴重品を入れて避難するわけです。つまり、江戸時代の庶民にとって「ミニマリスト」であることは、リスクヘッジの意味もあったのです。

防火のために内風呂は禁止されていた

2c6044beed8a4410eb11901899b3f1bb_s

火事を防ぐには火元は少ない方が良いということなのか、大名や高位の旗本屋敷以外は内部を作ることが禁止されていました。そして、如何に裕福な大店の屋敷であろうと例外ではありませんでした。なので、庶民だけではなく、中級以下の武家や大店の家族も銭湯を利用していたのです。

そして驚くなかれ、当時の銭湯は混浴だったのです。男性は羨ましいと思うかもしれませんが、女性にしてみれば「えっ、嘘でしょう!」と思われるでしょうね。中には盗みや女性に対して不埒な行為をして風紀を乱す輩がいて、幕府から何度か混浴の禁止令が出されています。日にちや時間帯で男女を分ける試みもなされましたが、結局元に戻ってしまったようです。

当時の湯屋は湯気を逃さないために窓はなく、ロウソクなどの僅かな明かりしかないので薄暗かった。なので、互いの顔がよく見えないので混浴に然程の抵抗がなかったのかもしれません。その反面、悪さをする不届き者もいたわけです。武家や大店の娘さんが銭湯に行く時は、良からぬ行為をする輩から守るための護衛役が付き添っていたそうです。

とはいえ、銭湯は身分の上下に関わりなく、裸の付き合いができる社交場でもあったのです。湯屋の二階には休憩所が設けられ、よもやま話や将棋を指したりしていました。時には、落語の寄せになることもあったようです。太平の世が続いた江戸時代というのは、そんな大らかな社会風土があったようですね。

江戸の水事情

内風呂が禁止されていたもう一つの理由

江戸で内風呂が禁止されていたもう一つの理由は、江戸特有の水事情が背景にあったのです。風呂には大量の水が必要になりますが、当時の江戸ではある事情があって水は貴重品でした。ですので、大量の水の使用する内風呂が禁止されていたのです。では、その「ある事情」とは何か。

もちろん、当時は現代のような蛇口をひねれば水が出るような水道などありません。ですから、水は井戸から汲んで使っていたわけですね。通常は井戸といえば地下水を利用するものですが、実は江戸の井戸水は地下水ではなかったのです。

そもそも、江戸の町は海岸に近い湿地を埋め立てた造成地が多く、地下水は塩分を含んでいるので使い物になりませんでした。では江戸の井戸はどうなっていたのかというと、実は江戸には既に上水道があったのです。江戸の井戸水は、井の頭池や善福寺池・妙正寺池等の湧水を水源とする「神田上水」と、多摩川を水源とする「玉川上水」から供給されていたのです。これは全長約43キロメートル、標高差約92メートルの緩い傾斜で世界でも稀に見る高度な技術で造られた上水道です。しかしポンプで吸い上げるのではなく、自然の勾配を利用していますから水量は限られていました。ですから、当時の江戸では大量に水を使う内風呂が禁止されていたというわけです。

江戸の下水はヨーロッパよりも清潔だった

59a42397c9d81ad9ea03db5ae7482972_s

江戸時代には下水道はありましたが、ヨーロッパに比べて下水管が作られたのは遅く、イギリスより40年以上も後のこと。その最も大きな要因は、糞尿が肥料として処理されていたことです。そのため、糞尿が生活排水や雨水下水に混ざることがないので下水が汚れることが少なかったのです。江戸の下水は主に生活排水と雨水を流すためのもので、敢えて暗渠にする必要がなかったわけですね。

長屋の敷地内には、路地の中央部に板で覆われただけのドブ(溝)がありました。ここに生活排水を流すわけですが、現代のように何でもかんでも流していたわけではありません。米のとぎ汁は殺菌力があるので洗剤代わりになり、アクの強い野菜を煮る時にも重宝されていたのです。残ったら肥料代わりに植木にかける、といった具合に一切無駄にしませんでした。

江戸の町を縦横無尽にドブ(溝)が張り巡らされ、生活排水や雨水は最終的に川や堀に流れ込みます。ドブ(溝)と川や堀の合流地点には柵が打ち込まれ、ゴミの流入を防ぐ役割を果たしていました。現代の基準で見ればとても原始的でアバウトな仕組みですが、当時としては世界的に見ても非常に進んだ下水道だったのです。

江戸は徹底したリサイクル社会

 江戸のトイレは肥料資源の貯蔵庫

江戸時代には水洗トイレなどありませんから、もちろん汲み取り式。ちなみに中世のヨーロッパの住宅にはトイレがなく、お丸で用を足してそれを路地や川に投げ捨てていたそうです。それが原因で、ペストなどの疫病が流行したと言われているくらい不衛生でした。それに比べると、江戸の町はトイレがあるだけ近代的で清潔な街だったということですね。

今でも汲み取り式はありますが、汲み取り料を払う必要がありますよね。しかし江戸時代は今とは逆で、農家に肥料として売れるので汲みとり業者からお金がもらえたのです。

江戸時代中期における江戸の人口は、110万人を超えていたと言われています。同じ時代のロンドンの人口が約86万人、パリが約67万人ですから、江戸は世界有数の大都市だったわけですね。それ故、大量の食料が必要なので江戸近郊の農業は盛んで、江戸で排出された糞尿は農作物の肥料として利用されていました。ですので、江戸のトイレは貴重な肥料資源の貯蔵庫だったというわけです。

糞尿を回収して農家に売る「下肥問屋 」という業者がいましたが、農家が直接買いに来ることもあったようです。農家と業者の間で買い取り競争になって価格が上昇し、見かねた幕府が価格を下げるように通告を出したこともあるほどでした。

古くなっても、壊れても、捨てずに再利用

江戸時代の庶民は着物を新調することはなく、古着屋で買うのが一般的。着物を新調できるのは武家か大店の家族くらいで、着古したら古着屋に売りそれを庶民が買うわけですね。古着であっても、綻べば繕って長く着るのは当たり前。いよいよ古くなったら、おしめや雑巾にするか端布にして「端切れ屋」に売るのです。

鍋や釜は「「いかけ屋」、割れた陶磁器は「焼き接ぎ屋」、傷んだ樽や桶は「箍屋」に修理してもらって使うので簡単に捨てることはしません。その他に包丁などを研ぐ「研ぎ屋」などがあり、わざわざ出向かなくても職人が巡回して来るのを待って依頼することができました。

紙クズや釜戸の灰を回収して歩く商いもあり、紙クズは再生紙の原料として、灰は洗剤や畑の肥料として使われていました。江戸時代の庶民は誰もが物を大事に使い、決して無駄にせず最後まで使い切っていました。当時の江戸は、徹底したリサイクル精神が根付いた社会だったのです。

火事で燃えた後もリサイクル

火事の後に、地主や家主から依頼を受けて焼け跡の後片付けをする「火事始末屋」という職業がありました。火事場の残骸を整理して料金をもらう仕事なのですが、それだけではなく、釘などの金物、そして木材の燃えた部分を削って再生品として安く売ることもしていたのです。半ば炭のようになってしまった木材も、細かく裁断して燃料として銭湯などに売るという徹底ぶり。たとえ火事で建物が消失しても、何一つ無駄にしないという究極のリサイクルですね。

 長屋のコミュニティ

5a56d801b14206fcb29d08b062bf1bf7_s

当時の長屋の大家は、現代の大家と違って地主や家主に雇われた管理人のような立場。管理人といってもその仕事は多義に渡り、住人の世話役として行政(町奉行所)との橋渡しも担う役割を持ち社会的な地位を認められた存在でした。そして昔の大家と店子は、「大家といえば親も同然、店子といえばこの同然」、といった感じの関係だったのです。それって、落語や時代劇にもよく登場する長屋の大家さんのイメージそのものですよね。

家賃の集金はもちろん、入居者の審査や住人への紹介、そして人別帳の作成など大家さんの仕事は沢山ありました。もし長屋から犯罪者が出れば、大家にその責任が及ぶことがあるので、店子たちの動向に目を光らせることも大事な役目でした。時には夫婦喧嘩の仲裁に入り、また様々な相談の窓口になり、まさに世話役であり親代わりですね。

長屋の糞尿の管理は大家さんの仕事ですから、代金は大家さんの副収入。しかし糞尿を売って得たお金は自分の懐に入れるのではなく、長屋の住人たちのために使われていました。糞尿を売って得たお金の一部は、年末に餅をついて長屋の店子に配る費用に当てられていました。「尻餅」という言葉は、ここからきているという説もあります。

まとめ

江戸時代は、現代と違って物質的な豊かさはありませんでした。しかし豊かではないからこそ、物を大事にして無駄にしないように知恵を絞って生活していたのです。その結果として究極のリサイクル社会になったわけで、江戸の庶民はリサイクル社会を目指していたのではありません。そして、ミニマリストになろうとしていたわけでもない。物がなくても快適に暮らすために、様々な知恵を駆使し工夫を凝らしていただけのこと。

今さら江戸時代の生活に戻ることは現実的ではありませんが、江戸の知恵や工夫に学ぶことはできるのではないでしょうか。日々の生活の中で、江戸庶民の強かで合理的な知恵を真似してみては如何でしょう。

著者について

マンションジャーナル編集部TAKAHASHI
不動産ライター。元不動産会社勤務。長年の業界経験を生かし、かしこいマンションの選び方から不動産投資、住宅ローンなど幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top