マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【マンションリフォーム】実例から学ぶ、リフォームの可否について!

【マンションリフォーム】実例から学ぶ、リフォームの可否について!

長年住み慣れたマンションだけれど、そろそろリフォームしたい。あるいは、中古のマンションを買って気に入った間取りや内装に変更してから住みたい。そんな時、気を付けておきたいのが、マンションリフォームには可能なものと不可能なものがあるということです。

マンションなどの建物は、区分所有法において、専有部分か共用部分のいずれかに区分されています。専有部分についてはリフォームが可能ですが、共用部分についてはリフォームは不可であったり、管理組合の許可があってはじめて可能になる場合があります。

それでは、具体的にどんなリフォームが可能か、不可能か、家の中の場所別に見ていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

玄関リフォーム

玄関のドアが古めかしくて嫌。ドアを交換できる?
玄関ドアの外側は共用部分となっていますので、ドア自体を勝手に交換することはできません。また、交換できないからと、自分好みの色に塗り替えたり、装飾を施すことも、集合住宅で一か所だけ変わっていては美観を損ねますから不可能です。しかし、玄関ドアの中側については、専有部分となりますので、色を塗ったり、装飾は自由です。

玄関の鍵を増設または交換したい。
鍵の増設は、玄関ドアに手を加えることになりますから、管理組合に可能かを確認する必要があります。鍵の交換についても、マンションの管理規約によっては可能な場合もありますが、管理組合に申請して許可を取らなければいけないところもありますので、事前の確認が必要です。玄関ドアの鍵を交換する場合に気をつけたいのが、マンションのエントランスのオートロックの鍵が同じ場合。メーカーが変わるとエントランスで使えなくなりますから、まずは管理組合に問い合わせて鍵のメーカーを確認する必要があります。
8b7afbc9fcb3d7bc703b72b945677c1e_s

間取り

子供も独立したし、小さい部屋をつなげて広い部屋にしたい。
部屋の間取りの変更は、そのマンションの構造によって可能か不可能かが変わってきます。マンションの構造には、大きく分けてラーメン構造と壁式構造があります。ラーメン構造のラーメンとは、ドイツ語で「額縁」という意味です。床を柱、梁でしっかりと支えるシンプルですが耐震性も確保できる構造形式で、マンションの多くで取り入れられています。一方、壁式構造は低層マンションに見られる構造で、ラーメン構造が柱と梁で支えているのに対して、壁という面で支える構造です。お住まいのマンションがラーメン構造であれば内部の壁の撤去や移動は可能ですが、壁式構造では、建物を支える役割を担っている壁についてはマンションの強度に問題がでるためリフォームは不可能ですので、確認が必要です。

お風呂とトイレが離れすぎているから、間取りを変更して隣り合わせにしたい。
キッチンの場所も移動したい。・・・水回りのリフォームって可能?
水回りのリフォームでは、給水管や給湯管については移動が可能なのですが、問題は排水管です。キッチンやトイレ、バスからの排水は支管を通じ、上下階を貫いている排水管の本管に流しています。排水がきちんと流れるためには、支管から本管へある程度の傾斜が必要で今の位置で適当な傾斜を計算されて作られています。共用部分である上下を貫く排水管の本管の位置は移動できないため、リフォームの際に排水が可能な傾斜を新しい場所で維持できるかで、リフォームが可能か決まってきます。これはリフォームの専門家に見てもらう必要があります。
6e9de959232bc06577d7d3b40c7e9ae5_s

天井や床

身長が180cm越えの息子が二人。部屋が狭くて窮屈に感じてしまう。天井って高くできない?
マンションの専有部分はコンクリートの内側まで。ですので、コンクリートと天井の間に隙間があれば、天井をを高くすることは可能です。天井を取り去り、コンクリートむき出しでロフトっぽくしたいという希望もありますが、その場合上の階の音がかなり聞こえるようになります。またマンションによっては上階の配管が通っている場合もあり、万が一水漏れが起こった場合に直接漏れてきますから注意が必要です。

収納が足りない。キッチンに床下収納を取り付けたい。
コンクリートと床材の間に空間があれば、床下収納を設置することは可能です。床の下に設置する床暖房も空間さえあれば可能です。
a91eedf0635fde97f8ed9b78b88ab903_s

部屋の日当たりを良くしたいから、窓をハイサッシにしたい。
窓は共用部分になりますので、サッシの交換は同じものが基本です。窓枠を大きく広げるというのは、梁などへの影響もありますから許可されていません。内側に取り付ける形の二重窓の設置や、窓のガラスだけを交換するのは可能です。
bc096bfd8ee6a27f404a39460241769b_s

内装

壁や天井の内装を変えたい。フローリングにしたい。
壁や天井、フローリングなどの内装については、専有部分になりますので自由に変えられます。ただし、フローリングについては、管理規約でフローリング材の遮音等級等の指定がありますので確認するようにしましょう。
883fcf389fde8c740064e043b686b9f2_s

ベランダ

ベランダにタイルを敷きたいけれど、高層階だから「接着しないと風で飛ぶよ」と言われた。
マンションのベランダやルーフバルコニーは共用部分に当たります。接着は防水性を害しますし許可されていません。また、ベランダは火災などの際の避難経路として使われますし、場所によっては下の階への避難ハッチが設置されたベランダもあり、万が一の際に障害にならない程度の利用が望ましいです。
69dd44307b021f93d2eefcc419a84da4_s

その他

お隣が売りに出ている。隣も買って、壁をぶち抜いて2軒を1軒にして広く暮らしたい。
2軒の壁と壁の間のコンクリートは共用部分となります。ですから、技術的、耐震的に問題がなかったとしても、管理組合の許可が必要で、所有者3/4の合意を得る必要があります。この場合、耐久性や耐震性の低下などで、マンション全体に関わるかもと漠然と不安を持たれる方が多いと思いますから、許可が下りる可能性は低いと考えた方がいいでしょう。

まとめ

マンションリフォームを考えたら、まずは管理規約をじっくり読んでみることから始めましょう。マンションによっては、意外な禁止事項が記載されている場合もあります。また、同じマンションで、不動産会社が買い取って完全リフォームした物件のオープンルームがあったら、見に行くのも良い勉強になります。「こんなリフォームも可能なんだ」と思ってもみなかったことがわかることも。

「同じマンションの住人ですが、ちょっと見せてください」と行くと、快く見せてくれます。暇な時間帯だったら、担当営業さんがリフォーム箇所を詳しく説明してくれることも。可能なことと不可能なことをしっかり理解して、素敵なリフォームを計画してください。

ちなみにリフォームの相見積もりには、お値段比較で有名な「価格.com」が便利です。匿名で提案・費用見積もりを受けらることが出来、掲載されている会社はすべてリフォーム瑕疵保険に加入済なので万一の工事ミスにも対応出来るのが安心出来るポイントです。

>>無料一括見積もりで提案をかんたん比較 価格.com リフォーム

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top