マンションジャーナル

マンションジャーナル

【保存版!】キッチンのタイプ別特徴をまとめてみました!

【保存版!】キッチンのタイプ別特徴をまとめてみました!

主婦という立場から考えれば、キッチンという場所は一日の多くの時間を過ごす場所ですよね。できるだけ快適に使いやすいキッチンを追求したいものです。キッチンも色々なタイプがあるので迷ってしまうところですが、タイプ別にメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

オープン型キッチンの場合

オープンキッチンとは、ダイニングとリビングがひとつながりの空間に設置されているものです。
キッチンリフォーム-オープンキッチンスペースphoto by Re-create

メリット
  • 料理をしながら家族との会話ができる。
  • 開放的なので気持ち良く料理ができる。
  • 障害物(壁など)が無いので動きやすい。
  • 友人や家族と一緒に料理を楽しむことができる。
デメリット
  • 壁面が少ないので収納スペースが取り難い。
  • 料理の匂いがリビングまで広がる。
  • 汚れている部分、見せたくない部分も丸見えになってしまう。
  • リビングが油跳ね等で汚れやすい。

クローズ型キッチンの場合

ダイニングやリビングから独立したキッチンのことです。
キッチンリフォーム-独立型キッチンスペース  photo by Re-create

メリット
  • 来客時にキッチンが人目に触れない。
  • 匂いがダイニングやリビングまで届きにくい。
  • 調理時や後片付けの時の音がリビングにいる人に聞こえない。
  • ダイニングやリビングが汚れにくい。
デメリット
  • 料理中などは主婦が孤立する。
  • 狭い空間になりがちなので、開放的な気分になれない。
  • 小さい子供のいる場合などは子供の様子が見られない。

セミオープン型キッチンの場合

ダイニングをキッチンやカウンターで仕切った、対面型とも呼ばれるキッチンです。
キッチンリフォーム-カウンター型キッチンスペースphoto by Re-create

メリット
  • 家族の様子を見ながら料理できる。
  • キッチンを適度に隠せる
デメリット
  • 料理の匂いがリビングまで広がる。
  • スペースを必要とする。

まとめ

どちらにもメリット、デメリットはありますが、最近のマンションではLDKというかたちでオープンキッチンやセミオープンキッチンが主流になっています。キッチンを選ぶ際には家族構成や来客の頻度も考慮した上で、ご家庭にあったキッチンを選ばれることをお勧めします。

また最近では各キッチンメーカーも多様なニーズに答えるべく、さまざまなシステムキッチンを取り備えています。選択の幅も広がり、キッチン選びは主婦にとって大変楽しいものになりました。メーカーさんのショールームに行ってみて実際の雰囲気を体験してみるのも楽しいのではないかと思います。

著者について

マンションジャーナル編集部KAHARA
住宅ライター。インテリアコーディネーター。日々の生活が素敵になるお家のインテリアやリフォームのコツなどをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top