マンションジャーナル

マンションジャーナル

一人暮らしの女性のための防犯テクニック

マンションジャーナル最新記事

More
一人暮らしの女性のための防犯テクニック

一人暮らしの女性を狙った侵入犯罪や性犯罪が増えています。犯罪者の手口は年々高度化しており、防犯カメラやオートロックの付いたマンションでも油断はできません。では、これらの犯罪を防ぐために、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

そもそも一人暮らしを知られてはいけない

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

女性の一人暮らしはそもそも知られた段階で不利です。マンション広告に「単身者用」と書かれていたりすると、犯罪者により狙われやすくなってしまうので、シングルタイプとファミリータイプが混在した物件を選ぶなどの工夫をしましょう。また、男性ものの靴を玄関に置いたり、表札に男性の名前を入れたりするのも効果的です。

セキュリティシステムを過信しない

セキュリティシステムが整っているマンションだからといって、気を緩めるのは危険です。例えばオートロックは、住民に紛れて簡単に突破することが出来ますし、防犯カメラも洋服を着こんで体系を変えたり、マスクをつけたりするだけで誰とは特定できなくなります。セキュリティシステムは犯罪者にとって一種の抑止力にはなりますが、突破しようと思えばできるものなので過信はしないようにしましょう。

窓からの侵入

7f1fd949650f6ab2922d16ed5e7f060d_s

犯罪者はベランダなどを伝って窓から侵入してくることが出来ます。マンション高層階に住んでいる方も決して油断してはいけません。窓を開ける際はベランダに誰か潜んでいないか確認しましょう。また、外出の時や寝るときなどは、必ず窓を施錠しましょう。

ドアからの侵入

ゴミ出しや近くのコンビニへの買い物に行くとき、「ほんの数分だから」とドアを施錠せずに家を空けてしまうことってありませんか?犯罪者はその小さな隙を狙っています。鍵をかけずにゴミ出しに行って帰ってきたら、侵入者に内側から鍵をかけられていた!という事例も。どんなに短時間でも家を空けるときは必ず鍵をかけましょう。

ゴミあさりに注意!

ゴミは犯罪者にとって情報の宝庫です。袋ごと持っていかれるケースもあり、時間をかけて中身を調べられます。請求書・レシート・宅配の送付状など、個人情報が書かれているものは、黒く塗りつぶしたり、細かく破いたりしてから捨てるようにしましょう。

不審者には絶対にドアを開けるな!

c96ea5181d6f72d484c05d31159baf0b_s

犯罪者はセールスマンや水道技術管理者の振りをして訪問してくることがあります。訪問者の要件や身分がはっきりするまで、絶対にドアは開けないようにしましょう。「チェーンをかけていれば開けても大丈夫じゃない?」と思われるかもしれません。しかし、ドアチェーンは実はナタなどで簡単に壊すことが出来るのです。犯罪者にドアを開けてしまったが最後、一振りでチェーンを壊され、押し入られてしまいます。

 まとめ

犯罪者はあなたの小さな油断を虎視眈々と狙っています。彼らはその気になればたいていの住居には侵入することが出来ると考えて良いでしょう。私たちが出来る一番の対策は、犯罪者に「侵入するリスクが大きい」と感じさせる環境を作ることです。セキュリティシステムを設置するのには莫大な費用がかかるので難しいかもしれませんが、住民同士で声を掛け合ったり、日常生活で少し工夫をしたりすることは誰でも出来ますよね。犯罪者の付け入る隙を無くし、自分の身の安全を守りましょう!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top