マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)は勝どきの人気タワマン!

THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)は勝どきの人気タワマン!

◯ザ東京タワーズ(中古)のメリット

  1. レインボーブリッジを一望できる圧倒的な眺望
  2. 25mプールがついた豪華な共用設備
  3. 子育てに適した”勝どき”エリアの中心地に位置するため居住環境は抜群

△ザ東京タワーズ(中古)のデメリット

  1. 賃貸居住者は共用設備や住居階数の区分けで不便な思いを強いられるかも

銀座1.8km圏のウォーターフロント、中央区勝どきの中古タワーマンションの中でもひと際存在感を放つTHE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)。「トーキョーに恋する自由な大人たち」の夢を全てかなえた、国内最大戸数を誇る大規模・高級中古タワーマンションです。

都会側に位置する「MID TOWER(ミッドタワー)」と海側に位置する「SEA TOWER(シータワー)」、そして室内プールやジムを含めた居住者専用のスポーツ施設「シーサイドアネックス」をにより構成されている同マンション。

今回はそんな特別な中古タワーマンション「THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)」の中古相場、魅力や再開発の予定、資産価値、実際のお部屋や共用部分の様子をどこよりも分かりやすく、徹底的に解説します。

THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)の売り出し中のお部屋を見てみる!

>>THE TOKYO TOWERS(ザ・トーキョータワーズ)をかしこく、お得に購入できるサービスとは

>>ザ・トウキョウタワーズの売却を検討中の方はこちら!

ザ東京タワーズのマンション概要データ

  • マンション名:THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)
  • 住所:東京都中央区勝どき6-3-1
  • 交通:都営大江戸線 勝どき駅 徒歩5分
  • 中央区立豊海小学校 徒歩4分(320m)
  • 中央区立晴海中学校 徒歩17分(1360m)
  • 築年月:平成20年1月
  • 総戸数:2,794戸(分譲1,981戸、賃貸813戸)
  • 階数:最上階58階
  • 分譲:オリックス不動産株式会社、 東急不動産株式会社、 住友商事株式会社
  • 施工:大成建設、前田建設工業

ザ東京タワーズの中古売買事例・相場

それでは早速、THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)の中古マンション相場を見てみましょう。

  • 10階、2LDK、66.43㎡、5,890万円、293.11万円/坪、88.66万円/㎡
  • 20階、2LDK、99.02㎡、9,280万円、309.81万円/坪、93.72万円/㎡
  • 30階、3LDK、78.47㎡、7,180万円、302.48万円/坪、91.50万円/㎡
  • 46階、3LDK、126.05㎡、1億3,200万円、346.18万円/坪、104.72万円/㎡
  • 57階、2SLDK、107.94、1億1,800万円、361.39万円/坪、109.32万円/㎡ ※いずれも2017年

低層階では坪あたり293万円〜、40階を超えてくると坪あたり300万円後半になってきます。2LDKのお部屋であれば、6000万円前後から検討することが出来ます。

>>ザ・トウキョウタワーズの売却を検討中の方はこちら!

ザ東京タワーズの賃貸事例・相場

  • 7階、1LDK、74.29㎡、24.8万円
  • 19階、2LDK、87.66㎡、35.1万円
  • 28階、1SLDK、70.38㎡、30.7万円
  • 42階、2LDK、80.23㎡、35万円
  • 45階、2LDK、63.33㎡、23万円 ※いずれも2017年

賃貸も人気な「ザ東京タワーズ」。基本的に20万円台後半からの募集になります。賃貸で住んだ後、分譲のお部屋を購入する人も多い同マンション。いかに住み心地が良いか伝わって来ますね。

>>ザ東京タワーズの売買事例と賃貸事例をもっとみる!

ザ東京タワーズの逸話

マンションの発売と同時に始まったのが「I LOVE NEW TOKYO」 キャンペーン 。イメージキャラクターにはアメリカの俳優リチャード・ギア(シカゴ、オータム・イン・ニューヨーク、Shall We Dance?などを主演)を起用。

マンションの広告費としては空前絶後の30億円が投じられました。

>>THE TOKYO TOWERSの販売中のお部屋をチェックする

トーキョータワーズ広告展開↑積極的な広告展開が行われた

その甲斐あってか、約9割がわずか4ヶ月で成約。2005年8月には1ヶ月で1,101戸を成約し、同じ月の首都圏におけるマンション供給数の約20パーセントをTHE TOKYO TOWERS 1物件が占めるという事態になりました。

ザ東京タワーズの立地・周辺環境


銀座・築地に自転車で赴くことが出来るのが「ザ東京タワーズ」最大の魅力。最寄りの都営大江戸線「勝どき」駅からは徒歩約5分。電車での移動も便利です。勝どきは街全体の治安がいいことで有名です。さらに保育園・学童・小児科内科などが充実しつつ、海や公園など自然も感じることができるので子育て環境にも最適と言えます。

ザ東京タワーズのアクセスマップ

建物の3km圏内に東京の魅力が詰まっている、まさに最高のロケーション&アクセスです

有明や東雲のタワーマンションだと、周辺に飲食できるいいお店がないことが住民の不満としてよく上がってしまいますが、ここは月島・築地・銀座が周辺にあるため、グルメな飲食を気軽に楽しむことができるのも大きなポイントです。

ザ東京タワーズのデザイン

ザ東京タワーズの日中外観↑ ミッドタワー(左)、シータワー(右)
ザ東京タワーズの夜景外観↑夜景の中で浮かび上がる姿も印象的です

外壁の大きな曲線は「ヨットの帆」や「風の流れ」をイメージしたデザイン。東京湾に面した場所であれば、どんなに遠くからも目を引くそのデザインは、爽やかな新しい都市景観を創出しています。きっと一度はこのマンションの外観を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

夜は一戸一戸の明かりが宝石のようにきらめき、高級感あふれる佇まいとなっています。

>>THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)の販売中のお部屋をチェックする

ザ東京タワーズ・勝どきの再開発

都心の中古マンション市場でも人気の勝どきエリアですが、現在着々と再開発が進んでいます。主な再開発を地図にまとめてみました。

ザ東京タワーズの再開発マップ

東京タワーズを検討する際は「どこにどんなマンションが建つ予定か」ということを、しっかりと確認するようにしてください。オレンジの枠線で囲った建物は、特に東京タワーズの眺望に影響がありそうな建物です。

北東側の勝どき東地区には、58〜29階建てのタワーマンションが2027年までに3棟完成する予定です。

西側の豊海町(とよみちょう)はまだ倉庫が多いエリアですが、2025年までに56階建てのタワーマンションが2棟完成予定。

そして最大の開発は東京タワーズ南側の「晴海エリア」。現在空き地となっている晴海エリアには、オリンピックの際に選手の為の宿泊施設が開発予定。そしてオリンピック後、2024年までに50階建てのタワーマンション2棟を中心とするマンション街が完成予定です。50階建てのタワーマンション2棟の位置も上の地図に描きましたので、ご確認ください。

↑晴海エリアには超高層タワー2棟を含めたマンションが多数開発される予定

また勝どきエリアの再開発の中でもう一つ注目を集めるのがBRT(バス・ラピッド・トランジット)と呼ばれる「バス高速輸送システム」です。元々勝どき駅徒歩5分の利便性を誇るTHE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)ですが、BRTが完成すると、新橋など都心へのアクセスがさらに便利になります。

勝どきエリアの再開発マップ↑ザ東京タワーズに隣接して BRTの停留所が出来る予定です

このBRT(バス・ラピッド・トランジット)は現在開発中の環状2号線の上を通る予定です。ようやく2020年に開通が決まった環状2号線(ザ東京タワーズの東側を通る空中道路)。築地移転問題を含め、いち早い完成が期待されます。

ザ東京タワーズの資産価値

勝どきで大きな人気を誇るザ東京タワーズですが、資産価値の視点から見るとどうでしょうか。

資産価値が高いマンションには「ランドマーク性」「総戸数の多さ」「階数の高さ」「駅距離の近さ」「管理の良さ」などの特徴があります。

  • ランドマーク性:遠くから見てもハッキリとザ東京タワーズと分かる視認性。大規模ツインタワー。特徴的な外観。
  • 総戸数の多さ:全2794戸
  • 階数の高さ:地上58階のタワーマンション
  • 駅距離の近さ:都営大江戸線 勝どき駅 徒歩5分
  • 管理の良さ:住商建物による管理

ザ東京タワーズは、物件指定の購入検討者が多数いるほど人気のマンション。利便性やスケールは元より、東京に愛された資産価値の高いマンションと言えます。その中でも南西向きのお部屋はレインボーブリッジを一望できる眺望が確保されており、かなりの資産性が期待できます。

今後、勝どきエリアでは多数のタワーマンションが分譲されます。マンションの資産価値は需要と供給で決まりますが、勝どきエリアは東京駅に近く、職住近接のニーズを捉えたエリア。ニーズは供給に合わせて増えていくエリアですので、新築マンションの分譲によって価格が下がるということは考えにくいでしょう。

>>ザ・トウキョウタワーズの売却を検討中の方はこちら!

ザ東京タワーズの共用施設

30,000m²の広大な敷地面積を誇るザ・トーキョータワーズ。都心とは思えない、緑と自然溢れる空間と充実した共用施設をご紹介します。

まずは海沿いに建つシーサイドアネックス。25m室内プール、フィットネスジム、ゴルフレンジ、ジャグジー、サウナと充実したスポーツ設備が揃っています。

ザ東京タワーズの有名施設、シーサイドアネックスザ東京タワーズのジムとプール↑夜景に映える、ガラス張りの美しい外観。お仕事帰りなどに、海を眺めながら気持ちよく汗を流せそうですね

 シーサイドアネックスのすぐ隣に佇むSEA TOWER(シータワー)は、セントラルパークを挟んでMID TOWER(ミッドタワー)と向かい合います。

ザ東京タワーズのセントラルパーク↑セントラルパークのアクアステージ。水と緑が上質な空間を作り出しています。

ザ東京タワーズのライトアップされた空中庭園↑セントラルパークの夜の様子。ライトアップが幻想的です。

セントラルパークは地上3階部分に造られた空中庭園。空中の広い空間が、都心にいるとは思えない居心地の良い空間を実現しているのですね。

水で囲まれたアプローチを抜け、オートロック付きのエントランスを入ると、SEA TOWER(シータワー)3階部分のシーロビーへとたどり着きます。

>>勝どきエリアのタワーマンションをお得に購入できるサービスとは

ザ東京タワーズのエントランスロビー↑コンシェルジュが迎え入れてくれるシーロビー。奥にはプライベートラウンジも。

ザ東京タワーズの落ち着いた雰囲気のグランドエントランス↑海の落ち着きを体現したデザイン

ちなみに1階部分にもエントランスがあります。どちらもゴージャスすぎて、どっちがメインなのか分かりません。

ザ東京タワーズのエレベーターホールに至る道↑1階のエントランス。優しく優雅な雰囲気です。

ザ東京タワーズはエントランスだけでなく、エレベーター前にもオートロックを導入しています。ICカードキーをかざすだけで解錠出来るシステムです。また、日中は管理人がおり、夜間は警備員が見回っているので、防犯管理も安心です。

ザ東京タワーズのエレベーターホール↑大理石のエレベーターホール。エレベーターにも2重セキュリティが施されています。

エレベーターを上がって、49・50階部分に行くと、タワーマンションならではの施設、スカイラウンジがあります。その名もシースカイラウンジ!

ザ東京タワーズのシースカイラウンジ↑黄金色に輝くシースカイラウンジ

夜にライトアップされたシースカイラウンジ↑ラウンジは2階構造になっています
スカイラウンジの2階↑ホテルのロビーのようにくつろげる空間です

海外のドラマに出てきそうな、リッチすぎる空間!都会の夜景とオーシャンビューを楽しみながら、こんなところでパーティーを開いてみたいものです。

その他にもSEA TOWER(シータワー)にはカフェラウンジ・シースカイラウンジ・キッズルーム・シアターコーナーなど、充実した共用施設がたくさんあります。

DSC09714↑リラクゼーションルーム

ザ東京タワーズのエレベーター奥のロビー↑エレベーターホールの奥にもロビーがあります

共用施設の位置関係

非常に共用施設が充実しているザ東京タワーズですが、マンション敷地が広すぎてどこに何があるのか把握するだけでも大変です。共用施設の一覧図(3階)を見てみましょう。共用施設は3階に集まっています

ザ東京タワーズの敷地図

逆L字のような敷地をしていることが分かります。それぞれの部分を拡大してみます。

ミッドタワーの共用施設

ミッドタワーザ東京タワーズの敷地図

まず大通り沿いにあるミッドタワーです。ミッドタワーは1階からも入ることが出来ますが、東側のエアリーコリドーから3階のセントラルパークに行くと正面入口があります。

正面入口から入るとすぐ右にはコンシェルジュデスク、左側にはミッドロビーがあることが分かります。ミッドロビーの奥にはコミュニティーギャラリーがあり、マンション内のイベントが開かれています。

ミッドタワーの真ん中にあるのかプライベートラウンジ。プライベートラウンジの奥はエレベーターホールになっています。

シータワーの共用施設

ザ東京タワーズミッドタワーの敷地図

続いてシータワーを見てみましょう。

こちらも3階に共用施設が集まっています。マンション入口に入ると左側にはコンシェルジュデスク。右手にはシーロビーがあり、その奥にはカフェラウンジがあります。

プライベートラウンジの奥にはエレベーターホールがあります。

エレベーターホールを越えると、扉があります。ぱっと見は分かりませんが、扉を開けると「カルチャーホール」があります。カルチャーホールーには勉強のための「スタディコーナー」、映像が楽しめる「シアターコーナー」、カードゲームや麻雀が楽しめる「プレイコーナー」があります。カルチャーホールの奥には大きな窓があり、明るい雰囲気になっています。

エレベーターホールから右手に進むと、大きなキッズルームがあります。逆に左手に進むとゲストルームがあります。ゲストルームは49階、50階にもあります。シータワーの西側には保育所があります。

シーサイドアネックス棟の共用施設

シーサイドアネックス棟は共用施設が集まった建物。「25mプール」「ジャグジー」「ゴルフレンジ」「パーティースタジオ」「サウナ」「フィットネスジム」があります。

シーサイドアネックスの敷地図

ザ東京タワーズの駐車場

ザ東京タワーズの駐車場は、機械式となっており、総数244台収容可能となっています。

機械式駐車場のサイズ制限としては、

  • 全長5,050~5,300mm
  • 横幅1,850~1,950mm
  • 高さ1,550~2,100mm
  • 重量2,000~2,300mm

月額18,000円〜32,000円で利用することができます。

ザ東京タワーズのお部屋

それではいよいよ、ザ東京タワーズのお部屋に入っていきましょう!今回ご紹介するのは、ザ東京タワーズSEA TOWER(シータワー)全58階建ての57階部分。タワーマンションの中でもトップグレードフロアにあるお部屋です。

お部屋の間取りは、100㎡超の専有面積を贅沢に使った2LDKです。

>>勝どきエリアの高級マンションを圧倒的にお得に購入できるサービスとは

高層階のお部屋DSC09693

26.4帖の広々としたリビングダイニング。普通なら2部屋に区切られそうですが、あえて部屋数を減らすことで、一層贅沢な空間に仕上がっています。

フローリングには「朝日ウッドテック製天然木」という高級天然木が使用されており、基本性能として抗菌・耐摩耗機能を備える他、時間が経つにつれて深みを増す魅力的な素材となっています。

DSC09680↑なんとも広い玄関。シューズインクローゼットもたっぷり

キッチンDSC09683↑マスターベッドルーム

こちらがメインのマスターベッドルーム。ザ東京タワーズは「逆染構造」という構造を採用しており、部屋の中に梁が少ない構造になっています。部屋の中に梁が少ないため、デッドスペース少なく、部屋を広く使うことが出来ます。

また部屋のサッシもハイサッシを使い、日光がたっぷりと部屋の中に入ってくる構造になっています。

洗面台と洗濯機DSC09678ウォークインクローゼット↑ウォークインクローゼット

フルオートバス、オール電化洗浄機、床暖房、食器洗浄乾燥機などなど、充実の設備が整っており、快適な生活をサポートしてくれます。

ではお待ちかねの眺望をご覧下さい!

夜景と眺望↑東京を一望するこの眺め。まさに絶景です。

都心の眺めDSC09672↑洗練された都会の空間を一望。

遠くにスカイツリーが見えます。本当に東京に恋してしまいそうな景色ですね。

ちなみにバルコニー部分が中段までコンクリート、中段から上がガラスによって出来ています。これは先ほどご説明した「逆梁ハイサッシ」という構造によって、梁をバルコニー部分まで押し出していることによります。

中段から上をガラスにしているのは、眺望を楽しむための工夫ですね。

>>ザ東京タワーズの売買事例と賃貸事例をもっとみる!

 

ザ東京タワーズの耐震構造

タワーマンションで気になるのが耐震構造ですが、ザ東京タワーズの耐震構造はどうなっているのでしょうか?

勝どきというと埋立地のイメージがありますが、実はザ東京タワーズの建物下には強固な支持層が広がっています。それゆえ杭を打つのではなく、4m以上の厚みのコンクリートスラブを構築し、直接基礎という後方を採用しています。この直接基礎は地盤が強いエリアだからこそ出来る工法なのです。

また建物の揺れを低減する仕組みとして制振構造を採用。1棟あたり576基の制振間柱を設置しています。また建物に使うコンクリートも、100年コンクリート以上の強度を持つ「高強度コンクリート」を採用。東京最高層の安全を守っています。住民の中で3.11を経験された方のお話だと、大騒動の後に帰宅しても部屋の中がほとんど散らかっていなかったそうです。耐震性の観点からも資産性が期待できるマンションです。

まとめ

2015-07-10 13.01.09↑朝潮小橋から見た東京タワーズ。左手に見えるのがシーサイドアネックス。手前がシータワー。奥がミッドタワー。

THE TOKYO TOWERS(ザ東京タワーズ)、いかがでしたでしょうか。総戸数2,794戸を誇る同マンションは、実は一団地として日本で最大のマンションでもあります。延床で見ても、東京都庁や六本木ヒルズを超える延床面積を持つという圧巻のスケール。まさに「東京」の名を冠するにふさわしいタワーマンションではないでしょうか。

>>THE TOKYO TOWERSの販売中のお部屋をチェックする

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top