マンションジャーナル

マンションジャーナル

もっと高く売れる!中古マンション内覧の6つのポイント

もっと高く売れる!中古マンション内覧の6つのポイント

マンションの住み替えを決意して自宅を売却に出すと、興味を持ってくれた購入検討者が内覧に訪れます。先に引っ越して空き室にしてあれば、空っぽの部屋を見てもらえるので良いのですが、居住中の部屋を見てもらうとなると、あまり生活に疲れたような部屋では印象が悪くなってしまいます。

新築マンションのモデルルームのようにはいきませんが、ちょっとした工夫が良い買い手を見つけ、満足いく売却金額につながることもあります。少しでも高く売るために、売る側が工夫出来る”中古マンション内覧の6つのポイント”をご紹介します。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

掃除は念入りに

4ab6df04122e10e3352cf37ba87d5052_s普段から綺麗に暮らしている場合は良いですが、なかなか忙しくて・・・というお宅もありますよね。内覧日の前は念入りにお掃除をしましょう。「どうせ、内覧に来るから綺麗にしてるんでしょ」と思われてもいいのです。特に気を付けておきたい掃除のポイントは以下の場所です。

玄関の内外

入ってすぐの第一印象が大切です。それに気をつけておきたいのが外側。外廊下の窓の桟などは掃除を怠りがちですので、きれいに拭き掃除などしておきましょう。

水回り

水回りの汚れは不潔な感じがしますから、特に気をつけて綺麗に掃除しておきましょう。

ベランダ

意外に忘れがちですがベランダも見られますので、砂埃などは掃除して、植物以外の物は置かないようにしましょう。

クローゼットなど収納スペース

率先して見せなくてもいいけれど、見たいと言われれば開けなければなりません。外に出ていたものを無理やり突っ込んだりしていませんか?整理整頓を心がけましょう。

プロに頼むのも一つの手

普段忙しくてなかなか掃除の時間が取れない方や、徹底的に掃除をしたい方は家事代行などの掃除のプロを使うのもオススメの方法です。特に水回りなど掃除の手間がかかる部分は、プロに任せた方が良いかもしれません。

1時間2,190円の家事代行サービスCaSy

内覧の時期・時間

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s内覧の時期といっても、売却の都合があるので季節までは選べませんね。冬の寒い時なら、少しでも部屋が明るく暖かくなるよう、日差しが入る時間を選びましょう。もし雨や曇りの時は、照明をしっかりつけて部屋を明るくしましょう。夜景が綺麗な部屋は、もう一度夜に見に来てもらってもいいかもしれませんね。

また、秋は並木道の紅葉が綺麗で借景になるのだけれど、時期的に見てもらえないというような場合、秋に写真を撮っておき、会話の途中で紹介して写真で見てもらうという方法もあります。

なるべく物を出さない

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_s

物が少ない方が部屋は広く見えます。普段は便利だからと使っている小物家具も、無い方がすっきりするようなら一時的にどこかに片付けましょう。とはいえ、他の部屋に置くのでは意味がありません。どうしても置き場所に困ったら、自動車のトランク・マンションの友達の家に一時的に預ける、トランクルームを借りる等、色々工夫はできそうです。

誰が対応するか

ac81c69e4a2dc5622f77a6ec13991b56_s小さなお子さんがいる場合は、対応は妻がして、夫は子どもを連れて外出するというアドバイスもありますが、もし良い子でいられそうなお子さんだったら無理に外出せず、夫と子どももお部屋にいてもらって良いでしょう。

中古マンションを購入するということは、ある意味、前の居住者の歴史を刻んだ家を引き継ぐということ。前のファミリーが楽しそうに幸せに暮らしていた部屋なら、自分たちも同じように幸せになれる、そんな気持ちになれるものです。仲良し家族が笑顔で対応するのも良いものですよ。

お子さんがじっとしていられない場合は、最初の挨拶だけして夫と子どもは散歩に出る、というのはどうでしょう。それなら何か言われても、「夫に相談してから」と即答が避けられますよね。

プラスアルファの工夫で好感度アップ

9bdcc420900b07da3e7d0c8e537f06c8_sお部屋には生活臭といいますか、自分たちは気づかないその家の匂いがあり、外部から来ればすぐ気づくものです。ペットを飼っているお宅などは特に注意が必要です。内覧日の朝は部屋の空気をしっかり入れ替えてアロマキャンドル等で部屋に香りづけするといいかもしれません。あまりきついものではなく、優しい香りのものがいいでしょう。

ペットがうるさくてゆっくり見られないというのでは困るので、ペットは一時的にどこかへ預けることも考えましょう。テーブルには一輪挿しで良いので花を、そして観葉植物などもあると良いですね。

これはしない方がいいという注意点

売主はゆったり構えて応対したいものです。売るのを焦っているような顔をしては駄目です。売り込みに必死で、こちらからペラペラ営業トークもあまりいただけません。値段の交渉もその場ではせず、付き添ってくる営業担当者に任せましょう。

まとめ

fee96f5dee7cb267162893d8a3dc207a_s公園がある大規模マンションを売りに出したAさん一家。若い共働きのご夫婦が内覧に来たのですが、あいにく日曜日の昼間で4階の部屋の真下にある公園からは子ども達のにぎやかな声がうるさい程に・・。日曜日にはゆっくり休みたいだろうに、これはうるさくてとても買う気にならないだろうと、内覧の時間設定の失敗を呪ったAさんでした。

ところがその若いご夫婦から営業担当者を通してその晩に「ぜひ買いたい」と連絡が来て、売却がトントン拍子に決まりました。後で聞いたところ、決め手はAさんの奥さんが先方の奥さんとベランダで会話していて、「この部屋の良いところは、ベランダから公園の我が子に”そろそろ帰りなさい”と呼べば聞こえることなんですよ」と話したことだそう。そろそろ出産を考えていたご夫婦。ベランダから公園の我が子に声をかける、将来の幸せなイメージが見えたのでしょう。

購入検討者がどこにグッとくるのかはわかりません。わからないからこそ、今回ご紹介したポイントを参考にしっかり準備をして、素敵な出会いに備えてくださいね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top